2017年2月16日 更新

70年代のブリティッシュ・ハードの精神を現代に伝承できる数少ないバンド、ザ・カルト

デビュー当時はポジティブ・パンクと呼ばれていたザ・カルトですが、徐々にその音楽性を変化させハードロック・バンドへ。更に進化し洗練された音作りをするようになりますが、時代やスタイルが変わってもザ・カルトが持っている70年代のブリティッシュ・ハードの精神は変わることはありません。そのカッコよさは不変です!

474 view

The Cult

ザ・カルト

ザ・カルト

出身地:イングランド ブラッドフォード
ジャンル:ハードロック、ゴシック・ロック、ポストパンク、ヘヴィメタル、オルタナティヴ・ロック
活動期間:1983年~1995年、1999年~2002年、2005年~現在
ザ・カルトは、1983年にイギリスのウェスト・ヨークシャーのブラッドフォードにて結成されたハードロックバンドです。現在のメンバーは、イアン・アストベリー(ボーカル、パーカッション )、ビリー・ダフィー(ギター )、クリス・ワイズ(ベース)、ジョン・テンペスタ(ドラムス)の4人ですが、ツアーメンバーとしてギターでジェームス・スティーヴンソンが参加しています。
メンバーチェンジが頻繁に行われており、オリジナル・メンバーはボーカルのイアン・アストベリーとギタリストのビリー・ダフィーの2名です。

ファースト・アルバム「ドリームタイム」を1984年にリリースした後、現在までに10枚発表しており、来日公演を1985年、2001年、2010年の3回行っています。
イアン・アストベリー

イアン・アストベリー

Ian Astbury
パート:ボーカル、パーカッション
ビリー・ダフィー

ビリー・ダフィー

Billy Duffy
パート:ギター
前身は1981年に結成されたポストパンク/ゴシック・ロックバンドのサザン・デス・カルトです。一部に熱狂的なファンを持ったこのバンドは、シングルとコンピレーション・アルバムを1枚ずつリリースしています。
サザン・デス・カルト解散後、イアン・アストベリーがビリー・ダフィー等とはじめたバンド、デス・カルトが母体となります。
当時はポジティブ・パンクなどとも呼ばれていましたが、イアンとビリーの2人を中心に曲を作るようになると、バンド名をザ・カルトに変更し翌年にファースト・アルバムをリリースします。
サザン・デス・カルト

サザン・デス・カルト

出典 okmusic.jp

Dreamtime

1984年にリリースされたファースト・アルバム「ドリームタイム」。デス・カルト時代の楽曲もいくつか含まれており、ネオ・サイケっぽいギターをプリミティヴなビートに乗せた疾走感あふれるアルバムとなっています。
しかし、それだけではなくメランコリックなバラードなどが入っているところがミソで、一筋縄ではいかないところを見せ付けています。
ニュー・ウェイヴの流れの中にあるような、この繊細なサウンドは全英トップ20に入るスマッシュ・ヒットとなっています。
ドリームタイム

ドリームタイム

1984年度作品

【収録曲】
1. ホース・ネイション
2. スピリットウォーカー
3. 83番目の夢
4. バタフライズ
5. ゴー・ウェスト
6. ギミック
7. ア・フラワー・イン・ザ・デザート
8. ドリームタイム
9. ライダー・イン・ザ・スノウ
10. バッド・メディスン・ワルツ
本作は私の中でCultの最高傑作です。1、4、7がDeath Cult 時の曲の再録。Death Cult 時代の荒らさがあるテイクのが好きだが、こちらのが当然サウンドプロダクションが優れているから聴きやすいかも。アレンジはさほど変わりませんが。
アルバム全体の世界観がコンパクトに纏まっているのでとても集中して音楽と向き合うことができます。

The Cult - Horse Nation (Live)

Love

当時人気を誇っていた、ワム!やABCなどを手掛けていたスティーブ・ブラウンをプロデューサーに迎え1985年に制作された2枚目のアルバム「LOVE」。
ザ・カルトを象徴するシングル「シー・セルズ・サンクチュアリー」を含んだ本作は全英4位のヒットを記録し、以降カルト・マニアックスと呼ばれる熱狂的なファンが急増しました。

前作の発売以降、ドラマーが流動的で安定していませんでしたが、マーク・ブレゼジッキを迎え入れたことが功を奏したのでしょう。ビートがシンプルになって唯一無二の空気感を醸し出しています。
Love

Love

1985年度作品

【収録曲】
1. ニルバーナ
2. ビッグ・ネオン・グリッター
3. ラブ
4. ブラザー・ウルフ;シスター・ムーン
5. レイン
6. フェニックス
7. ホロウ・マン
8. レボリューション
9. シー・セルズ・サンクチュアリー
10. ブラック・エンジェル
11. (ヒア・カムズ・ザ)レイン(エクステンディッド 12インチ・バージョン)
12. リトル・フェイス
このアルバム、ものすごくイギリス的です。ブリティッシュ・ロックという言葉で幾つかバンド名を思い出されるかもしれませんが、多分それらとは全く違うイギリスくささです。バンド名通り、カルト的です。

The Cult - She Sells Sanctuary (Official Music Video) + Lyrics

Electric

本作を持ってザ・カルトの最高傑作とするファンも多い1987年リリースの3枚目のアルバム「エレクトリック」です。全英4位、全米38位となる大ヒットを記録しました。

本作は当初アルバムタイトルを「Peace」として前作同様プロデューサーにスティーヴ・ブラウンを迎え一旦レコーディングを完成させましたが、音があまりにも洗礼されすぎていると思ったザ・カルトは、これを破棄し、ビースティ・ボーイズやRun-D.M.C.、レッド・ホット・チリ・ペッパーズなどのプロデューサーとして有名なリック・ルービンを新たに迎え入れ再レコーディングして完成させています。

英国の音から米国の音へとプロデューサーを変えたところにザ・カルトの戦略を見て取ることができますね。それまでのザ・カルトと決別するかのような音作りがなされていますが、商業的に成功し世界に飛躍するきっかけになったアルバムです。

因みに、収録曲の「ワイルドで行こう」は、ステッペン・ウルフのカバーです。
エレクトリック

エレクトリック

1987年度作品

【収録曲】
1. ワイルド・フラワー
2. ピース・ドッグ
3. リル・デビル
4. アフロディージアク・ジャケット
5. エレクトリック・オーシャン
6. バッド・ファン
7. キング・カントレリー・マン
8. ラブ・リムーバル・マシン
9. ワイルドで行こう
10. アウトロー
11. メンフィス・ヒップ・シェイク
出典 amass.jp
THE CULT、そしてRICK RUBINの衝撃の核融合。ビリビリとしびれる名盤。
まず聴いて欲しいのは、このアルバム全体のテンポ感。多少の緩急を付けながら、グイグイと前のめりに突き進んでいく。スローが無いのだ。正にロック・アルバム。BORN TO BE WILDとはハマりである。
イアン・アストベリーの圧倒的なヴォーカルの存在感にビリー・ダフィーはギター・リフで、そしてどさくさなギター・ソロの緊張感(これがまたカッコいい!)で真向勝負。紙一重の綱渡り的な神業を聴かせる。

The Cult - Wild Flower

Sonic Temple

前作の成功で活動拠点をアメリカに移したザ・カルトが、エアロスミスやメタリカのプロデューサーとして知られるボブ・ロックを迎えて制作したのが4枚目にして最大の成功作「ソニック・テンプル」です。

前作の豪快さと前々作の繊細さといういいとこどりをしたような「ソニック・テンプル」。
イギリスのバンドの特徴でもある湿った感じがなくなり、からっからに乾いたアメリカ色が強くなったように感じますが、だからこその大成功となったのでしょう。全英3位、全米10位を記録しています。

収録曲の「ニューヨーク・シティ」にはイギー・ポップが参加しており、話題になりました。
ソニック・テンプル

ソニック・テンプル

1989年度作品

【収録曲】
1. サン・キング
2. ファイアー・ウーマン
3. アメリカン・ホース
4. エディ(チャオ・ベイビー)
5. スウィート・ソウル・シスター
6. ソウル・アサイラム
7. ニューヨーク・シティ
8. オートマティック・ブルース
9. ソルジャー・ブルー
10. ウェイク・アップ・タイム・フォー・フリーダム
11. メディシン・トレイン
ボブ・ロックをプロデューサーに迎え、更にハードロックに
歩み寄った音に変化。ですが、やはりカルトはカルトの香りのままに。HRの名品。

The Cult - Fire Woman

Ceremony

1991年リリースの「セレモニー」のプロデューサーは、チープ・トリックやハートで知られるリッチー・ズィトーが担当しています。アルバム毎にプロデューサーを変えているところにザ・カルトの音作りへのこだわりとしたたかさが見て取れます。

さて5枚目のアルバム「セレモニー」ですが、プロデューサーのリッチー・ズィトーの手腕でしょう、前作よりもさらにアメリカンナイズされ、洗練されたサウンドを聴くことができます。いえ、もしかすると、プロデュースの問題だけではなくオリジナル・ベーシストのジェイミー・スチュワートの脱退が影響しているのかもしれません。

ハードな音を出してもアメリカのハードロック・バンドとは違い、イギリス的な湿った感触があったザ・カルトですが。。。しかし、それと引き換えにスケールの大きなサウンドを獲得したのです。それこそが、アメリカでの更なる成功を目指すために当時のザ・カルトが望んだものだったのでしょう。
流行に左右されない歌の上手さが際立つイアン・アストベリーのボーカルと、思いっきり弾きまくり、目立ちまくっているビリー・ダフィーのギター。結果が分かっているだけに、余計にこの数年後には解散してしまうことが何となく予見できてしまうようなアルバムでもあります。
セレモニー

セレモニー

1991年度作品

【収録曲】
1. セレモニー
2. ワイルド・ハーテッド・サン
3. アース・マフォ
4. ホワイト
5. イフ(ロング・ヴァージョン)
6. フル・ティルト
7. ハート・オブ・ソウル
8. バンコク・レイン
9. インディアン
10. スウィート・サルヴェーション
11. ワンダーランド
崇高なイントロによって幕が上がると同時にギターとヴォーカルが異常な相乗効果を産み落としてながら宗教色を発散させる姿は壮絶。普段よりアコースティック頻度が高いのが特徴か?
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)
ザ・カルトは、1994年に6枚目のセルフタイトルアルバム「ザ・カルト」をリリースし、翌年に解散してしまいます。
再結成は4年後の1999年で、嬉しいことに2001年には7枚目のアルバム「ビヨンド・グッド・アンド・イーヴィル」をリリース。活動休止を挟み2007年に8枚目のアルバム「ボーン・イントゥ・ディス を、2012年には9枚目のアルバム「チョイス・オブ・ウェポン 」を、そして2016年には2007年から続く3部作の最後となる「HIDDEN CITY」をリリースしています。第一線に留まり、これだけ長い期間活動するということ自体大変なことだと思いますが、どのアルバムもファンの期待に応える充実した作品となっているのは奇跡的です。

また、1985年、2001年に続き近年では2010年に来日公演を行い元気な姿を見せてくれています。
32 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ラウドネスがアメリカで入国拒否される!全米ツアー中止とその背景とは?

ラウドネスがアメリカで入国拒否される!全米ツアー中止とその背景とは?

全米ツアーを企画していたラウドネスが入国を拒否され、ツアーの中止を余儀なくされる騒動が起きました。ラウドネスの功績を振り返りつつ、今回の騒動についてまとめてみたいと思います。
ポストパンクを代表する伝説のバンドにして、孤独と絶望のかたまりのようなジョイ・ディヴィジョンの魅力

ポストパンクを代表する伝説のバンドにして、孤独と絶望のかたまりのようなジョイ・ディヴィジョンの魅力

パンク以降のUKロックシーンの方向性を決定し、今なおリスペクトされ続ける伝説のバンド、ジョイ・ディヴィジョン。ボーカリストの首つり自殺という突然の悲劇により活動停止を余儀なきされますが、彼等の作り上げた音楽の影響は絶大です。僅か2枚のオリジナル・アルバムに込められた孤独と絶望で出来た音楽をご紹介します。
obladioblada | 954 view
メンバーチェンジを繰り返すことで成長していくという稀なバンド、ホワイトスネイク

メンバーチェンジを繰り返すことで成長していくという稀なバンド、ホワイトスネイク

メンバーチェンジを繰り返すバンドはそれほど珍しくありませんが、ホワイトスネイクのようにメンバーをどんどん解雇し、その度に優れたミュージシャンが集まってくるというのは稀なのではないでしょうか。ホワイトスネイクなだけに、まさにヘビが脱皮するようにメンバーを変え、その度に成長していくという特殊なバンドといえます。
obladioblada | 822 view
【マリリン・マンソン】90年代のマリリン・マンソンについて恐々…振り返ります。

【マリリン・マンソン】90年代のマリリン・マンソンについて恐々…振り返ります。

 1990年代のハードロック・バンドとしてのマリリン・マンソンとともに、そのリードボーカルでもあり、何かと問題児扱いされてしまうマリリン・マンソン(バンド名と同じ)ことブライアン・ヒュー・ワーナーについても特にスポットを当ててみます。恐々…。
Yam | 6,521 view
色あせないデフ・レパードの魅力

色あせないデフ・レパードの魅力

1980年代に、世界中を席巻して多くの音楽ファンを熱狂させたブリティッシュハードロックバンド、デフ・レパード(Def Leppard)。ここでは、そんなデフ・レパードの足跡を1980年代の全盛期から、現代に至るまで、振り返り、今でも色あせない彼らの音楽の魅力に迫っていきたいと思います。
tenpuo4 | 2,092 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト