平成になってからドラフト1位で入団し、名球会入りした選手まとめ!
2019年1月26日 更新

平成になってからドラフト1位で入団し、名球会入りした選手まとめ!

平成を振り返ってみて、ふと名球会入りした選手は誰だったかな?と思いました。そこで今回は平成になってからドラフト1位で入団し、名球会入りした選手をまとめてみたいと思います(^^)/

3,479 view

はじめに

さぁさぁ 平成も残すところあと僅かとなりましたね!

この記事では、そんな平成にドラフト1位で入団した後、大活躍をされて名球会入りを果たされたプロ野球選手をまとめてみたいと思います(^^)/

平成元年といえば1989年ですから、ドラフト1位でしかもその時期から名球会入りを果たしているとなると、相当な成績を残している選手に違いありません。

さっそく見ていきたいと思います!

名球会入りの条件

【打者】
 日米通算2,000本安打以上

【投手】
 200勝以上、もしくは250セーブ以上

う~ん なかなか厳しい条件ですねぇ(+_+)

平成元年(1989年) 野茂英雄

野茂 英雄(のも ひでお、1968年8月31日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。「トルネード投法」と呼ばれる独特なフォームから繰り出されるフォークなどで三振を量産し、NPBとMLBで活躍した。2016年2月からサンディエゴ・パドレスのアドバイザーに就任。
Amazon.co.jp: 三振奪取王 野茂英雄のすべて [VHS]: 野茂英雄: ビデオ (2078399)

少年野球の頃からトルネードに近い投法で投げていたという野茂さんは、社会人になってからメキメキと力をつけ、1989年のドラフト会議ではロッテ、大洋、日本ハム、阪神、ダイエー、ヤクルト、オリックスの8球団が競合しました。これはドラフト史上最多になります。
そして、近鉄が交渉権を獲得し、入団することになります。

入団後も驚異的な活躍をした野茂さんでしたが、監督の交代などで球団との確執が生まれ、メジャーに渡ることになります。

その後、トルネード投法と得意のフォークボールで、ドジャースにて大活躍したのは皆様のご存じの通りですね(^^)/

今ではメジャーリーグへの挑戦は当たり前になっていますが、その突破口を切り開いたのは野茂さんだと思います。

野茂さんは凄い人やわ・・・
ほんとに尊敬しています。

通算成績は日米通算で201勝155敗でした。

【神業】野茂英雄 【トルネード投法】Tornado pitching

平成元年(1989年) 佐々木主浩

佐々木 主浩(ささき かづひろ、1968年2月22日 - )は、元プロ野球選手(投手)。

日本プロ野球名球会理事、野球解説者・野球評論家、タレント、馬主、レーシングチーム「D'station Racing」総監督。
佐々木主浩―メジャーをゆるがす大魔神 (シリーズ・素顔の勇者たち) | 平井 勉 |本 | 通販 | Amazon (2078428)

「ハマの大魔神」と異名をとった佐々木さんは、プロ野球の入団当初は大洋でしたね。

それ以前のことでいうと、東北高校では2年の夏からエースとして3季連続甲子園大会に出場、東北福祉大学時代は全日本大学野球選手権大会で2度準優勝(2年・3年)しています。

フォークボールを得意とし、横浜の抑えの切り札として大活躍した佐々木さんは、メジャーリーグのマリナーズに移籍。メジャーでも“DIAMAJIN”の愛称で親しまれました。
大活躍でしたよね(^^)/

最後は古巣である横浜で野球人生を終えました。
引退の時に「生涯野球人であることを誓います」と語っていたことを今でも覚えています。

ちなみに、佐々木さんは名球会で初のセーブ数による入会者となりました。

通算成績は、日米合算で381セーブでした。

こんなの打てるか!歴代最強の守護神 大魔神佐々木の全盛期

平成四年(1992年) 松井秀喜

松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、石川県能美市出身の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。引退後はニューヨーク・ヤンキースGM特別アドバイザーを務める。血液型はO型。
週刊ベースボール増刊 松井秀喜引退記念号 2013年 1/26号 [雑誌] | |本 | 通販 | Amazon (2078454)

松井さんがいた星稜高校と明徳義塾との一戦で、松井さんに対する五連続敬遠は伝説となってますよね。

その後は巨人の主砲として活躍し、メジャーリーグのヤンキースに渡った松井さん。

2013年には国民栄誉賞を受賞しています。

ゴジラの愛称で親しまれた松井さんは、まさに怪物であり、日本が誇るスラッガーだったと思います。

ヤンキースで満塁ホームランをぶちかました時は、感極まりましたよね(^^)/

松井さんはバッティングが凄かったのは誰もが認識していますが、実は連続試合出場記録も素晴らしい方なんですよね!
なんと、日米で通算1,768試合連続出場ですからねぇ・・・
鉄人ですよね(^^)/

そんな松井さんの通算成績は、日米合算で2,643安打でした。

松井秀喜 ヤンキースタジアムで初の満塁ホームラン

平成七年(1995年) 荒木雅博

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

こんなところにも昭和レトロブームの波が!?セクシービデオの撮影現場にあの「ナショナル」製のガスコンロが写り込む!!

こんなところにも昭和レトロブームの波が!?セクシービデオの撮影現場にあの「ナショナル」製のガスコンロが写り込む!!

健全な男子であれば誰もがお世話になっている「セクシービデオ」。このたび、とあるビデオの撮影で映り込んだ「ガスコンロ」が、なんとも懐かしいとSNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 3,363 view
ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

ミドルエッジ男子がお世話になった“エロ本”の歴史を特集した「日本エロ本全史」が発売!!

太田出版より、ミドルエッジ男子であれば誰もがお世話になった“エロ本”の歴史を特集した書籍「日本エロ本全史」が現在好評発売中です。
隣人速報 | 18,595 view
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 846 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,699 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 971 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト