『ガンプラり歩き旅』その28 ~ガンダムを「大地に立」たせた名脇役 EXモデルで登場!~
2017年9月21日 更新

『ガンプラり歩き旅』その28 ~ガンダムを「大地に立」たせた名脇役 EXモデルで登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第28回は、「ガンダムのベッド」っていうか、そんな「アレ」です!

4,166 view
今、ガンダム、大地に立つ!

今、ガンダム、大地に立つ!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回紹介するのは、『ガンダム』第1話『ガンダム大地に立つ』で、初登場したガンダムを搭載していた車両、通称「ガンダムトレーラー」のEXモデルをご紹介です!


ガンダムトレーラー 1/144 EXモデル 001 2001年7月 3000円

HGUCシリーズとは異なる、EXモデルシリーズ独特のパ...

HGUCシリーズとは異なる、EXモデルシリーズ独特のパッケージ。写真でやはり第1話の名場面を再現している

うん、なんていうか、うん、ただのトレーラーだよ。うん、むしろそれ以下なんだけどね。
確か、大河さんの記憶が確かならば、『機動戦士ガンダム』(1979年)第1話『ガンダム大地に立つ』で、まだ搬入テスト前のガンダムが寝かせられてたトレーラーは、本当に平たい板一枚のトレーラーで、こんな『機動警察パトレイバー』(1988年)のレイバーキャリアみたいな、機体ホールドのメカメカしいデッキなんてなかったと思うんだけど、なんだこれは、いつもの「解像度アップ」か?

というわけで、今回のガンダムトレーラーは、HGUC 021 ガンダムの発売とタイミングを合わせたかのように、2001年の夏にEXモデルシリーズで発売された、EXモデル 1/144 ガンダムトレーラーを用意した。
キットを単純に完成させた状態。第1話ではなかったはずの...

キットを単純に完成させた状態。第1話ではなかったはずのカタパルトデッキが乗せられている

このEXモデルというシリーズは、ガンプラのメインストリームではないが、幾つかの特徴がある。

・一般販売ガンプラや、プレミアムバンダイ限定版などのような極端な打ち出し方ではなく、一般販売であるが明らかに通常ガンプラよりも、生産数も販売数も少なく、再販回数も少ない。代わりに価格設定が高めにされている。

・通常ガンプラシリーズに組み込めるほどメジャーなメカでもなく、プレバンでプレミアムが付くほどニッチ需要のあるメカでもない、中途半端なメカが商品化対象(少なくともモビル・スーツであれば、マイナーキャラでもプレバン送り程度でビジネスが帰結する)。

・主に戦艦や戦闘機、非人型メカが選ばれて、HGUCよりはMG的にハイディテールが施されて商品化される。

等の共通性がある。
デッキ付き完成状態に、HGUCガンダムを寝かせてみせた状態

デッキ付き完成状態に、HGUCガンダムを寝かせてみせた状態

EXシリーズのラインナップは、このガンダムトレーラーを一番手として、その後はドップやガンペリーといったサブメカや、ホワイトベースやムサイ、マゼラン、サラミス、アーガマなどの1/1700戦艦シリーズを組み入れていったが、おそらくコンセプトの中に「コレクション性豊かなHGUCを、サブメカ方面でカバーすることで、ジオラマ作りや小隊作りなどをアシストするカテゴリ」として用意されたものと思われる。
デッキを除いたガンダムトレーラー。これがテレビ第1話登...

デッキを除いたガンダムトレーラー。これがテレビ第1話登場の状態

EXシリーズで発売されたサブメカの多くは、HGUCと絡ませやすいように1/144スケールだが、生産数を抑えたニッチ商品なので価格帯のハードルがやたらと高いのが特徴で、このガンダムトレーラーも、これ一台で3000円と、初期MGシリーズを軽く超えたところから価格帯がスタートし、やがてはHGUCのガンダムを収納できる1/144 ガンペリーや、『機動戦士Zガンダム』(1985年)に登場した宇宙戦艦用ドック、ラビアン・ローズの1/1700スケールキットなどは、6500円という馬鹿にならないお値段へと突入してしまった。
アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。全体の形状や色合い...

アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。全体の形状や色合い、タイヤの数など正確にキット化されていることが分かる

同じような「正規商品ラインナップではない少数生産」「需要があまり見込めないメカを、ガレージキット感覚で商品化」「その代わり高額」という共通点としては、バンダイは過去にも90年代に、リミテッドモデルシリーズ(以下・LM)という商品枠を設けていた時代があった。
LMはEXモデル以上にコスト軽減を前提にしていて、金型も簡易型を使い、素材も通常のプラスチックとは異なるなど、かなりガレージキット寄りのスタンスがLMにはあったが、今回のEXモデルは、もうちょっとガンプラユーザーに課するハードルを低くして(いや、価格ハードルは充分高いんだけど)、シリーズを展開しようとした姿勢が伺われる。
アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。運転席などの形状が...

アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。運転席などの形状が把握できる

余談だが、『ガンダム』同様、放映後に社会現象を起こすなど誰も予知していなかったからか、『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年)は当初メインスポンサーがSEGAだったので、正規版権のプラモデルが存在しなかったのだが、こちらも『ガンダム』同様、嗅覚が鋭いバンダイが隙間を縫って模型化版権を取得。しかし一応保険をかける意味でLMシリーズで、一連のエヴァのキットが発売されたのも懐かしい話である。
アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。黄色いシートをかけ...

アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。黄色いシートをかけられたガンダムが乗せられている

上の画を、HGUC ガンダム、アムロのフィギュア、今回...

上の画を、HGUC ガンダム、アムロのフィギュア、今回紹介したEXモデルのガンダムトレーラーで再現した画像

だが、この手の「意図的傍流商品」って、なかなか定着しないのも道理。
それでも90年代最後半から2000年代のミニフィギュアバブルの頃の食玩やガシャみたいに、コストと売値が小商売レベルで済む輪の中であれば、いろいろな挑戦が出来て、その中から予測不可能のスマッシュヒット商品も生まれるのだけれども、EXモデルシリーズに課せられた命題は、過去のLMシリーズ同様「ニッチなマニアがいつまでも、出せ出せとしつこく要求してくるタイプのメカを、一応需要を叶える形をとりつつ、ユーザーに『え。こんなものまで商品化するのか!?』と驚かせて、むしろうるさいガンプラユーザーを喰ってかかれ」という、HGUCシリーズ立ち上げの逸話でも書いた「いつものバンダイのアレ」だったのである。
だからだろう。シリーズ第1弾に選ばれたのは「いったい誰がいつ、こんなもののガンプラ化を要求したって言うんだ」とリアクションするしかない、80年代ガンプラ社会現象の渦中でも、多分商品化候補にすら上がっていなかったであろう「第1話で、たまたまガンダムを乗せてただけの、総出番数カットのトレーラー」という、狙い過ぎなチョイスでEXモデルシリーズは始った。
アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。ガンダムへ向かうア...

アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。ガンダムへ向かうアムロ。ここから全ての物語が始まる

上の画を再現した画像。ガンダムトレーラーが最適な舞台装...

上の画を再現した画像。ガンダムトレーラーが最適な舞台装置になってくれている

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第16回は、ガンダム世界の地球連邦軍の旗艦にして、レビル将軍もワッケイン司令も乗り込んでいた、宇宙戦艦・マゼランの、1/1200キットの紹介です!
市川大河 | 4,029 view
『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第41回は、ガンプラ屈指の変化球傑作キット、1/35のコア・ファイターです!
市川大河 | 8,002 view
『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第39回は、究極精密組立地獄。空前絶後の超絶モデルの1/144 RGガンダムが登場です!
市川大河 | 6,420 view
『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第38回は、6度目の商品化となる、1/144 ガンダムの紹介です!
市川大河 | 2,793 view
『ガンプラり歩き旅』その27 ~足なんて飾りです。偉い人には分からんのです~

『ガンプラり歩き旅』その27 ~足なんて飾りです。偉い人には分からんのです~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第27回は、ジオン最終開発モビル・スーツ、シャアの最終決戦兵器・ジオングです!
市川大河 | 11,450 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト