『ガンプラり歩き旅』その28 ~ガンダムを「大地に立」たせた名脇役 EXモデルで登場!~
2017年9月21日 更新

『ガンプラり歩き旅』その28 ~ガンダムを「大地に立」たせた名脇役 EXモデルで登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第28回は、「ガンダムのベッド」っていうか、そんな「アレ」です!

5,161 view
確かにこのガンダムトレーラー。
これ一台あれば、誰もが思いつく『ガンダム大地に立つ』の名シーンを簡単に再現できる。というか、そのシーンを再現する以外に使い道がほぼ皆無な代物を、3000円というマスターグレードレベルの価格で売り出してきた辺り、確かにこの時期バンダイグループ(系列会社のバンプレスト含む)は、ミニフィギュアや食玩やプライズ商品で「マ・クベの壺」とか「テム・レイ回路」とか、正気の沙汰とは思えない商品化を連発していたので、それと比較すればまぁまともな選択肢なのかもしれないとは思わせられる。
アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。まさにガンダムが大...

アニメ『機動戦士ガンダム』劇中より。まさにガンダムが大地に立つ瞬間。トレーラーの脇にある梯子などが確認できる

しかし、冷静に考えればやっぱりこの商品化チョイスと価格設定の強気さは正気じゃなかったわけで、EXシリーズはその後『ガンダム』の戦艦やルッグン、シーランス、サムソントレーラーから、『機動戦士ガンダムSEED』(2002年)の戦艦群まで、出オチのようなメカから、落ち葉拾いまで、無軌道に商品化を続けた結果、そんなシリーズの定期ファンが定着するはずもなく、2007年に35番目のシリーズ商品「MP-02A 駆逐モビルポッド オッゴ」を発売して終了する。
劇中ではガンダムだけではなく、こうしてガンキャノンなど...

劇中ではガンダムだけではなく、こうしてガンキャノンなども搭載して移動していた

EXシリーズ終了間際の2006年からバンダイは、EXシリーズの概念にさらに「既存のミリタリープラモデル要素を組み込むため、今までは小サイズでしか発売できなかった兵士用武装を、1/35スケールで超精密再現して商品化する」というコンセプトを足しっぱなしにした「HG U.C. HARD GRAPH」というシリーズを展開開始。
そのHG U.C. HARD GRAPHシリーズも、果敢に1/35スケールでジオン兵やコア・ファイターまでキット化させたかと思えば、当たり前のように数点の商品化で行き詰った挙句、いきなり既存のHGUC版ザクや陸戦型ガンダムキットの色替えに、オマケパーツやオマケキットを付属させてみたりと、見事な迷走をみせてくれて、2009年にはたった3年の短い生涯を終えてみせてくれた。
話をガンダムトレーラーEXモデルキットに戻せば。
確かに一方で「これ一つあるだけで、ガンダムファンの誰もが胸に刻み込まれた、ガンダム初起動のシーンが再現できる」というバリューはあるにはあるのだが、考えてもみてほしい。
そもそものガンダムトレーラー自体が、別にその後レギュラーで活躍するガンペリー的な立ち位置メカでもなければ、Gアーマーのような、当時商品化前提で設置されたガンダムサポートメカでもないのだ。
非情だが現実をいえば、『ガンダム』制作当時においてガンダムトレーラーは「第1話だけに登場する、ガンダムを乗せたトレーラー」それ以上でも以下でもなく、言ってしまえば書割り背景みたいな存在なので、一応設定画は存在するが、非常にシンプルかつ分かりやすいレベルで「ガンダムを乗せるトレーラー」が、70年代後半のSFアニメ基準で設定画を起こされているだけで、車輪らしきものや運転席らしきものも配置されているが、実際に『機動戦士ガンダム』第1話で登場したトレーラーには、このキットでメイン情報量を担うカタパルトデッキのようなハイディテールな代物どころか、寝かせたガンダムを固定しておくバーもアームもない、トレーラーの上面は「ただの平たい土台」でしかないのだ。
いくら「これさえあれば、ガンダムの初登場シーンを再現できます!」でも、さすがにアニメ版そのままの造形品だけでは、腕に覚えのあるモデラー辺りからは「ふざけるな。これだったらプラ板積層削り出しで、自作できるわ。なんでこんなもんに3000円も出さなきゃいけないんだ」と言われるだろうし、かといってそこでいつもの「解像度を上げる」ディテール追加を行ってしまうと、そもそもがシンプル過ぎるデザインだけに「これはそもそもなに? どこがガンダムと関係あるの?」という代物になってしまう。
それでなくとも、シリーズ初弾なので、このキット一つで「EXシリーズとは」をユーザーに印象付けなければならない。
そこでバンダイが攻めに出た手段とは?
完成品を後方の角度から見た図。アニメで描かれていた三連...

完成品を後方の角度から見た図。アニメで描かれていた三連車輪や梯子など、情報量は的確で過不足はない

「メインの構造を、平たい土台のアニメ版トレーラーと、EXモデルオリジナルのジャッキアップデッキとの二層構造にする」だった。
このキットは、だから、デッキ部分がトレーラーに固定されるようには仕様が出来ておらず、デッキは完成したトレーラーの上に乗せるもよし、乗せないもよし。その上で、トレーラー自体は極力『ガンダム大地に立つ』で描かれた設定画や作画版に忠実に立体化しつつ、今風ハイディテールな要素を全部デッキに詰め込んで、それをオプション扱いすることで、デッキを用いれば今風の、用いらなければ1979年作品に準拠した、個々の需要に準じた「ガンダムを乗せるトレーラー」が出来上がるという案配に落ち着いた。
なんというかもう、頓智みたいだねという感想しか出てこないのだが、大河さんとしては『ガンダム』再現の上で、このアイテムの存在はありがたい小道具として重要なので手に入れて、そのまんま『ガンダム大地に立つ』再現で使用したというお話。
一応キットは成型色はパーツ単位で大まかにはわけられているので、今回はそのまま組んで、塗装も車体側面の三つの丸を黒く塗ったりした程度。
なんていうか、バンダイさんもいろいろ苦労した上で、なかなかクレバーな商品仕様に着地したけれども、結局は「ものすごく、買う人を選ぶ商品」になってるよなぁとしか言えない。
出オチだよね、やっぱこれ……。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第16回は、ガンダム世界の地球連邦軍の旗艦にして、レビル将軍もワッケイン司令も乗り込んでいた、宇宙戦艦・マゼランの、1/1200キットの紹介です!
市川大河 | 4,875 view
『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第41回は、ガンプラ屈指の変化球傑作キット、1/35のコア・ファイターです!
市川大河 | 9,183 view
『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第39回は、究極精密組立地獄。空前絶後の超絶モデルの1/144 RGガンダムが登場です!
市川大河 | 7,622 view
『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第38回は、6度目の商品化となる、1/144 ガンダムの紹介です!
市川大河 | 3,560 view
『ガンプラり歩き旅』その27 ~足なんて飾りです。偉い人には分からんのです~

『ガンプラり歩き旅』その27 ~足なんて飾りです。偉い人には分からんのです~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第27回は、ジオン最終開発モビル・スーツ、シャアの最終決戦兵器・ジオングです!
市川大河 | 12,242 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト