2016年12月20日 更新

居酒屋でも食卓でも愛され続ける料理、きんぴらごぼうの「きんぴら」とは何のこと?

2016年も残すところあとわずか。寒い冬は根菜類の料理が増える気がしたので、今回はそのコネタ。きんぴらごぼう。居酒屋でも食卓でも愛される料理の一つだと思います。これも実は芸能由来なんですヨ。

1,162 view
2016年も残すところあとわずか。
寒い冬は根菜類の料理が増える気がしたので、今回はそのコネタ。

「きんぴらごぼう」の由来

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

居酒屋でも食卓でも愛される料理の一つだと思います。
これも実は芸能由来なんですヨ。

江戸時代に流行した古浄瑠璃(語りの芸能)

時は江戸時代。和泉太夫という人が語りだした古浄瑠璃(語りの芸能)が流行します。
これを「金平浄瑠璃」と言います。何を語ったかと言うと、大江山の鬼退治の次世代の話です。

大江山の鬼退治とは・・・

平安時代、京の大江山に酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼がいて、都に出てきては暴れておりました。それを見た時の帝の命令により、源頼光と渡辺綱をリーダーとする頼光四天王(渡辺綱、坂田公時、碓井貞光、卜部季武)による討伐隊が結成され、討伐されました・・・という伝説があります。
能や歌舞伎の題材にもなっている有名な伝説です。

ちなみに四天王の1人、坂田公時は、某携帯会社のCMで目にする、まさかり担いだ姿で有名な「金太郎」です。

KDDI au CM 桃太郎 「桃太郎」「金太郎」「浦島太郎」

今年は金太郎を目にする機会が多かったことと思います。

鬼退治メンバーの次世代について語った「金平浄瑠璃」

金平浄瑠璃はそんな鬼退治メンバーの次世代について語ったものでして、頼光の甥・源頼義と四天王の息子である坂田金平・渡辺竹綱・碓氷定景・卜部季春の「子四天王」が活躍します。

特に坂田金時の息子・金平さんの豪快で正義漢溢れる性格やその強さ、丈夫さなどが人気だったので「金平浄瑠璃」と言われるようになりました。

強くて丈夫なものには「金平」を

そしてとにかく強くて丈夫なものに「金平」という名前をつけることが流行ったようです。

その中のひとつにゴボウの炒め物がありまして、千切りのゴボウの甘辛炒め煮も、いつしか「きんぴらごぼう」と呼ばれるようになった、ということなんです。
坂田金平の強さに例えられた「きんぴらごぼう」

坂田金平の強さに例えられた「きんぴらごぼう」

ゴボウの固めな歯ごたえ、食べると精がつく(と信じられていた)こと、そして唐辛子の辛さ・・・これらを坂田金平の強さに例えたわけです。
その後、同じ作り方の炒め煮料理全般を「きんぴら」と呼ぶようになりましたので、現在は「レンコンのきんぴら」なんて料理もあるわけです。

身近な料理の中にも、思いがけず、芸能由来のものがある・・・しかも伝統芸能。居酒屋で「きんぴら」を注文した時などに、フッと思い出していただけると、嬉しいです♪

今回はきんぴらごぼうの由来のお話でした♪
14 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

野球にサッカー、バレーボール…球技の神様は京都にいらっしゃるのをご存知ですか?

野球にサッカー、バレーボール…球技の神様は京都にいらっしゃるのをご存知ですか?

侍や武士、柔術、柔道、剣道・・・など色々のキーワードから武道の神様は結構認知されていると思われますが、こちらはご存知でしょうか?それは・・・球技の神様!はい、京都にいらっしゃいます。今回はこちらをば。日本に古くから存在する球技というと何か。それは…「蹴鞠」!
山崎敬子 | 113 view
「腹の虫がおさまらない」「腹の虫の居所がわるい」…虫で病気を表現した日本のお話について。

「腹の虫がおさまらない」「腹の虫の居所がわるい」…虫で病気を表現した日本のお話について。

夏真っ只中。暑いですね。クワガタやカブトムシを取りに、夜中や夜明けに林に行った子供時代が懐かしいです。そして、夏といえば…食べ物がどうしても傷みやすくなり、お腹がやられたりします。今回は「夏といえば昆虫だなあ」と思いながら、虫で病気を表現した日本のお話についてです。
山崎敬子 | 425 view
「ヘタレって何処?」その土地にはヘタレどころか熱い戦いの歴史があるのです。

「ヘタレって何処?」その土地にはヘタレどころか熱い戦いの歴史があるのです。

「ヘタレ」。一度は言ったり使ったりしたことがあるかと思いますが、実は地名にもこの読みがあります。しかも結構ヘタレていない歴史があるんです。
山崎敬子 | 549 view
思い出すのは「北斗の拳」のラオウ?ただものではない印象を抱かせる「覇王」その起源とは。

思い出すのは「北斗の拳」のラオウ?ただものではない印象を抱かせる「覇王」その起源とは。

覇王。ミドルエッジ世代ですと、漫画『北斗の拳』(原作:武論尊、作画:原哲夫/集英社)のラオウが頭に浮かぶかも?…と思います。最近では漫画『ONEPIECE』(尾田栄一郎/集英社)の「覇王色」かもしれません。では「覇王」という言葉はいつできたのか?と言われると、案外知らなかったりします。
山崎敬子 | 1,341 view
現代アイドルを民俗芸能目線で見たらこうなった!

現代アイドルを民俗芸能目線で見たらこうなった!

日本の芸能史に女性芸能者あり。今も、祭礼を活かしつつ歌舞でファンを魅了する女性たちがいます。「お祭り系」をコンセプトとし、「フェスティバル」「ポジティブ」「アクティブ」な8人ユニット『FES☆TIVE(フェスティブ)』さんです。結成は2013年。結成当時、祭礼をテーマにしたアイドルというのは異色の存在だったそうです。
山崎敬子 | 1,010 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト