2016年12月20日 更新

居酒屋でも食卓でも愛され続ける料理、きんぴらごぼうの「きんぴら」とは何のこと?

2016年も残すところあとわずか。寒い冬は根菜類の料理が増える気がしたので、今回はそのコネタ。きんぴらごぼう。居酒屋でも食卓でも愛される料理の一つだと思います。これも実は芸能由来なんですヨ。

1,133 view
2016年も残すところあとわずか。
寒い冬は根菜類の料理が増える気がしたので、今回はそのコネタ。

「きんぴらごぼう」の由来

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

居酒屋でも食卓でも愛される料理の一つだと思います。
これも実は芸能由来なんですヨ。

江戸時代に流行した古浄瑠璃(語りの芸能)

時は江戸時代。和泉太夫という人が語りだした古浄瑠璃(語りの芸能)が流行します。
これを「金平浄瑠璃」と言います。何を語ったかと言うと、大江山の鬼退治の次世代の話です。

大江山の鬼退治とは・・・

平安時代、京の大江山に酒呑童子(しゅてんどうじ)という鬼がいて、都に出てきては暴れておりました。それを見た時の帝の命令により、源頼光と渡辺綱をリーダーとする頼光四天王(渡辺綱、坂田公時、碓井貞光、卜部季武)による討伐隊が結成され、討伐されました・・・という伝説があります。
能や歌舞伎の題材にもなっている有名な伝説です。

ちなみに四天王の1人、坂田公時は、某携帯会社のCMで目にする、まさかり担いだ姿で有名な「金太郎」です。

KDDI au CM 桃太郎 「桃太郎」「金太郎」「浦島太郎」

今年は金太郎を目にする機会が多かったことと思います。

鬼退治メンバーの次世代について語った「金平浄瑠璃」

金平浄瑠璃はそんな鬼退治メンバーの次世代について語ったものでして、頼光の甥・源頼義と四天王の息子である坂田金平・渡辺竹綱・碓氷定景・卜部季春の「子四天王」が活躍します。

特に坂田金時の息子・金平さんの豪快で正義漢溢れる性格やその強さ、丈夫さなどが人気だったので「金平浄瑠璃」と言われるようになりました。

強くて丈夫なものには「金平」を

そしてとにかく強くて丈夫なものに「金平」という名前をつけることが流行ったようです。

その中のひとつにゴボウの炒め物がありまして、千切りのゴボウの甘辛炒め煮も、いつしか「きんぴらごぼう」と呼ばれるようになった、ということなんです。
坂田金平の強さに例えられた「きんぴらごぼう」

坂田金平の強さに例えられた「きんぴらごぼう」

ゴボウの固めな歯ごたえ、食べると精がつく(と信じられていた)こと、そして唐辛子の辛さ・・・これらを坂田金平の強さに例えたわけです。
その後、同じ作り方の炒め煮料理全般を「きんぴら」と呼ぶようになりましたので、現在は「レンコンのきんぴら」なんて料理もあるわけです。

身近な料理の中にも、思いがけず、芸能由来のものがある・・・しかも伝統芸能。居酒屋で「きんぴら」を注文した時などに、フッと思い出していただけると、嬉しいです♪

今回はきんぴらごぼうの由来のお話でした♪
14 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ソーメンガブー】「流しソーメン」は知ってても「ソーメンをブン投げるお祭」はご存知ないかも!?

【ソーメンガブー】「流しソーメン」は知ってても「ソーメンをブン投げるお祭」はご存知ないかも!?

皆様、おそらく「流しソーメン」はご存知だと思います。一度は体験している方も多いかと。時にはソーメン以外も流れてきたりして・・・夏の風物詩のひとつだと思います。が!しかし!今回ご紹介するお祭は、ソーメン(乾麺)をブンなげるお祭。本当にブン投げるんです!
山崎敬子 | 331 view
フンドシ姿での太鼓演奏はフランス生まれ?ピエール・カルダンと和太鼓の意外な関係。

フンドシ姿での太鼓演奏はフランス生まれ?ピエール・カルダンと和太鼓の意外な関係。

春が来ました。春といえば「ヤマザキ春のパンまつり」です。1981年(昭和56年)から今日まで、期間中に入手できる白いお皿を手に入れようとするファンたちの熱い戦いが日本中で繰り広げられます。ふと思いました。「祭」といえば何を連想するのだろうか?と。
山崎敬子 | 173 view
紅白歌合戦の「紅白」、そのルーツには源平合戦あり。

紅白歌合戦の「紅白」、そのルーツには源平合戦あり。

卒業式や入学式の時、ふと壁をみれば紅白の幕。あれなんでしょうね?そういえば紅白饅頭というお祝いお菓子もありますね。あれなんでしょうね?いや、それより、なんで年末「紅白歌合戦」…「紅白」なんでしょうかね?
山崎敬子 | 283 view
有名な絵本『泣いた赤鬼』、赤鬼を助けた青鬼はいま何処?

有名な絵本『泣いた赤鬼』、赤鬼を助けた青鬼はいま何処?

学校教科書にも採用されたことがある有名な絵本『泣いた赤鬼』。浜田廣介さんが書かれた日本の児童文学の代表作です。絵本をご存知の方も多いかと思いましたので、今回はこのお話。赤鬼を助けた青鬼についてです。
山崎敬子 | 1,412 view
「あんぱん」の木村屋が生んだ広告手法と芸能について。

「あんぱん」の木村屋が生んだ広告手法と芸能について。

桜がだんだん咲き始めましたね。空気も暖かくなってきた気がします。ああ、ようやく春…。桜といえば、木村屋(銀座木村屋總本店)の「桜あんぱん」を思い出した自分。木村屋のパンが、ある芸能の成長と関わりがある事をご存じでしょうか?
山崎敬子 | 304 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事