神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?
2018年8月23日 更新

神様に性交渉のノウハウを教えた鳥が私たちの身近に今もいます。それは…?

夏といえば思い出すテレビCMがあります。“キンチョーの夏、日本の夏”そう、“金鳥”こと大日本除虫菊株式会社さんのCMです。ミドルエッジ世代にはお馴染みだと思います。今回は、その金鳥さんの商標「鶏」を思い出し、日本神話の鳥のコネタです。

1,900 view
夏といえば思い出すテレビCMがあります。

“キンチョーの夏、日本の夏”

そう、“金鳥”こと大日本除虫菊株式会社さんのCMです。ミドルエッジ世代にはお馴染みだと思います。今回は、その金鳥さんの商標「鶏」を思い出し、日本神話の鳥のコネタです。

日本神話に登場する鳥といえば

日本神話に登場する鳥といえば、多くの方が「八咫烏(ヤタガラス)」を思い出す気が致します。神武天皇が熊野から大和へ向かわれる際の道案内をした鳥として、そして日本サッカー協会のシンボルマークとして知られているかと。

が、その八咫烏ばりに多大なる貢献をした鳥がおります。しかも私たちの身近に居ます。
それは「鶺鴒(セキレイ。スズメ目セキレイ科セキレイ属))」。
 (2042616)

日本ではセグロセキレイ、キセキレイ、ハクセキレイが棲み分けていますが、1930年代までハクセキレイの姿を見ることができたのは北海道であったことや、キセキレイが暮らす地域が九州など南に集中していることから、日本神話で取り上げられる鶺鴒はセグロセキレイかしら?という気がいたします。あくまで個人的な想像の範疇ですが。

日本の「国生み」神話と密接な関係が?

いずれにせよ、道路をチコチコチコチコと走り回りながら尾っぽを常に上下させており、「あー。見たことある」と思うに違いない鳥です。

その尾っぽをピチピチたたいている姿から「石たたき」とか「庭たたき」とも呼ばれる一方で、オシエドリ(教鳥)、コイオシエドリ(恋教鳥)などの俗称があります。この「恋教」が日本神話に由来します。

ちなみに、日本的婚礼の式場に「鶺鴒台(セキレイダイ)」という飾りをおくことがあります。鶺鴒の雌雄1組を飾るモノなのですが、「なんでこの飾りを婚礼の場に飾るか」がポイント。セキレイが日本神話の「国生み」の(はっきり書くと)セックス師匠として関わるからです。そう、恋というより行為を教えてくれた鳥なのです。

非常に大雑把に書かせていただくと、日本の「国生み」神話というのは、イザナギノミコト(男神)とイザナミノミコト(女神)がお互い「余っている部分(男神)」と「足りない部分(女神)」を交わらせて日本の島々を御生みになられた…という内容です。お互いの凹凸を交わらせるという表現で大体想像いただけると思いますが、まあ、すこぶる生命的な誕生です。

この誕生逸話は『古事記(日本最古の歴史書。太安万侶 編 和銅5年(712年))』『日本書記(奈良時代の歴史書。六国史の一つ。舎人親王ほか 編。養老4(720)年)』ともに同じ内容なのですが、「交わった」部分の具体的な記述が『古事記』と『日本書記』で異なります。

日本書記だと
”一書曰。陰神先唱曰。美哉。善少男。時以陰神先言故、為不祥。更復改巡。則陽神先唱曰。美哉。善少女。遂将合交、而不知其術。時有鶺鴒飛来揺其首尾。二神見而学之。即得交道。“
漢文だと読み難いので、必要な部分だけ現代語訳をしますと、「イザナギノミコトとイザナミノミコトが出会って、とりあえず男から声をかけることになり、そしてさてそれでは、交合しようということになり、イザナギが『私の体の陽のところで、あなたの体の陰のところをふさぎたいと思う』と言い、いざそれをしてみようとしたところ、陰を陽でふさぐのは頭では理解しているものの、実際のところどうしていいか知らなかった。すると、そこに鶺鴒(セキレイ)がやって来て、尻尾を上下に振って見せた。『お!そうすればいいのか!』と行為のやり方を理解し、そして無事に交合をしましたよ、というお話です。

古事記だと
”其嶋天降坐而。見立天之御柱。見立八尋殿。於是問其妹伊邪那美命曰。汝身者如何成。答曰吾身者成成不成合處一處在。爾伊邪那岐命詔。我身者。成成而成餘處一處在。故以此吾身成餘處。刺塞汝身不成合處而。爲生成國土奈何【訓生云宇牟下效此】伊邪那美命答曰然善。“
これも大雑把に訳しますと、「イザナキノミコトが『私の身体はだんだん成り整って、成り余った所が一所あります。それで、この私の身体の成り余っている所を、おまえの身体の成り合わない所にさしふさいで、国土を生み出そうと思う』と言ってイザナミノミコトが『それはよいですね』と返事して、交わって国が生まれましたよ」という内容。行為のやり方に悩んだ様子は描かれておりません。ですので、古事記にはセキレイは登場しません。

が。どちらの神話が正しいかという話ではなく、どちらの神話も後世に伝わり、結果としてセキレイの逸話が婚礼グッズに反映されていることが大事なのかな、と思います。
 (2042626)

個人的には「神様にも分からないことはある」「神様も自然から学ぶことがある」という点が心に刺さります。コンビニで買い物をする時、駐車場でよく見かけるセキレイ。君らが居なければ、日本列島は生まれなかったかもしれない…小さいけど大きい存在です★
13 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

日本の国土はスサノオの体毛に覆われているってどういうこと??

秋になりました。「読書の秋」「食欲の秋」。夏の暑さで心身ともにウンザリしていたところに涼しい風が流れて動きやすくなり、色々な意欲が湧く季節。そんな秋に、日本神話的コネタをば。
山崎敬子 | 256 view
「イロモノ」の由来をご存知ですか?

「イロモノ」の由来をご存知ですか?

9月に入り、秋を意識しだすこの頃。夏の風物詩のひとつ「ビアガーデン」が姿を消してしまう…そんなこの頃。先月、横浜市の「餃子の酔葉」さんで開催されていたビアガーデンに伺いました。このビアガーデンは何と、ビートきよしさんが企画されたものです。
山崎敬子 | 513 view
流しそうめんのルーツをご存知ですか?

流しそうめんのルーツをご存知ですか?

夏の食べ物と言えば?ぱっと思いつくのはスイカ、かき氷…そして、そうめん。民俗コネタ的流しそうめんルーツのお話と「ひやむぎ」って何?というお話。
山崎敬子 | 945 view
北海道の地名の由来をご存知ですか?キーワードは「海」と「道」でした。

北海道の地名の由来をご存知ですか?キーワードは「海」と「道」でした。

ミドルエッジ世代ですとお子さんたちがいらっしゃる方も多いかと思います。そうしますと、きっと今頃、お子さんたちは夏休み。ああ夏休み。夏休みに家族でどこかに行かれた方も多いかもしれません。私が国内旅行先としてあこがれたのは北海道でした。ふと、思いませんか?「北海道」。なんでホッカイドウと言うのだろうか?と。
山崎敬子 | 968 view
お盆と言えばナスとキュウリ、そんなナスとキュウリが主役のあまり知られていない行事をご紹介!

お盆と言えばナスとキュウリ、そんなナスとキュウリが主役のあまり知られていない行事をご紹介!

夏のお盆といえばナスとキュウリですが、お盆以外の行事で見ることはあまり無い気が致します。しかし・・・日本は狭くて広い。あるんですよ、ナスやキュウリがメインの行事が。
山崎敬子 | 233 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト