伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part3
2021年9月24日 更新

伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part3

伝説的ロックバンドであるBOØWY。 彼らがロックの関係性をネクストステージに導き、ビートロックと呼ばれる海外にはない日本オリジナルの スタイルを確立し、その影響力は音楽業界へと轟きました。 それは例にもれずヴィジュアル系にも絶大的な影響をもたらしていきました。 そして、ビートロックの血筋を引き継いで音楽シーンをにぎわせていったのです。 今回は、ビートロックとヴィジュアル系の王道と系譜について語っていきたいと思います!

4,514 view

ヴィジュアル系の王道とはBOØWYの方法論を下地にしたもの!!

ヴィジュアル系の王道曲という言葉が使われる事がありますよね。
それでは、その王道はどこから来て誰が作ったものなでしょうか?
90年代ヴィジュアル系の始まりの年である1990年。
この年にリリースされた、BUCK-TICK「悪の華」・D'ERLANGER「BASILISK」・
ZI:KILL「CLOSE DANCE」が王道と呼ばれるスタイルを作り上げたと言われています。

これは後続バンドを見れば明白ですよね。
そして、この3作に共通する要素がビートロックからの影響。
これらを踏まえるとヴィジュアル系の王道とは、BOØWYの方法論を下地にしたものだと
言えるのではないでしょうか。

その後、ヴィジュアル系の王道を完成形に導き、雛形を作ったと言われているLUNA SEAも、
BUCK-TICK、D'ERLANGER、ZI:KILLから影響を受けています。
そしてビートロックの血筋を引き継いでいるのは疑いようのない事実なのです。

1994年にリリースされた代表曲「ROSIER」は、独創的なバンドアンサンブルで
"デカダンビートロック"を昇華し、新しい王道を提示した楽曲だったと言えます。
未聴の方はぜひとも、BOØWYサウンドとヴィジュアル系王道曲と呼ばれる楽曲を実際に
聴き比べてみて欲しいです。
きっと、点と点が線で繋がるはずですよ!

また蛇足ではありますが、「ROSIER」のMVでRYUICHIが見せたヴィジュアルが
氷室チックだったのは意識したものではないのかと考えずにはいられません。

LUNA SEA - 「ROSIER」MV

1994年7月21日に発売された、3枚目のシングル曲であり代表曲です。
プロモーション・ビデオは1994年第36回日本レコード大賞最優秀プロモーションビデオ賞に選ばれ
ています!
ヴィジュアル系”というジャンルを代表する1曲と言っても過言ではない楽曲。
Jらしい、アップテンポでメロディアスなロックナンバー。
途中の英語のセリフもカッコいいですよね!

1995年に1stアルバム「終末の情景」をリリースした”D≒SIRE”!!

1995年、D≒SIREの1stアルバム「終末の情景」がインディーズレーベルから
リリースされました。
ZI:KILL、D'ERLANGER、LUNA SEAらが築き上げた様式美を突き詰めたようなサウンドと、
バンドの根幹から匂い立つビートロックへの敬意。
語りを取り入れたナルシシズムたっぷりの内省的なヴォーカル、徹底的に作り込まれた
コンセプチュアルな世界観は、初期の黒夢などの名古屋系バンドに通ずるものがあります。
既存のフォーマットを踏襲しながらも、全く新しい"デカダンビートロック"へ到達した
90年代ヴィジュアル系を代表する名盤のひとつと言えます。
10人のヴィジュアル系信奉者に「90年代ヴィジュアル系の名盤30選をあげて欲しい」と
尋ねたならば、おそらく全員がD≒SIRE「終末の情景」をあげるといっても過言ではありません!

SHADES

1995年にリリースした1stフルアルバムの挿入曲です。
メロディアスな疾走系ロックナンバー!
中々、サビへいかずに大きく盛り上がるわけではないのですが、ギター・ソロが
とても綺麗で泣きメロ全開なのが凄く良いです!
幸也関連の楽曲でも随一に長めで、クリアなアルペジオをふんだんに使っているのも
V系らしくて良いですよね。
遠くに見える貴方の姿が光となって、夢に見た自身の醜い姿を影として映していて、
もう誰も愛せないくらいに歪んでしまっていることを知る歌詞も幸也らしい1曲です。

ビート系ファンにとってのオールスターバンド”CRAZE”!!

1995年にビート系ファンにとって、オールスターバンドと言っても過言ではないバンドが
メジャーデビューを果たしました。
ex.D'ERLANGER、ex.BODYの瀧川一郎と菊地哲、ex.ZI:KILLの飯田成一、ex.JUSTY-NASTYの
藤崎賢一からなるCRAZEです。
期待通りの骨太でゴリゴリのビートロックを轟かせ、デビューシングル「NAKED BLUE」は
オリコンチャート10位を記録しました。
アイドル化するロックバンド、商業主義の音楽業界に対し中指を突き立て、ライブでは機材を
破壊するなど激しいパフォーマンスを行い、ファンもそれに応えるようにホールクラスの会場で
ありながら最前へ押し寄せ、古き良き時代を彷彿とさせる暴動のようなステージを展開した
キング・オブ・ライブバンド!

"走り屋ミュージシャン"と呼ばれるメンバーが、愛車で乗り付ける会場入りもキッズ達を
熱狂させました。
時代と逆行するような泥臭く熱いビートロックを基盤に、パンク、ハードコア、メロコアや
グランジなどの要素を取り入れ、徐々にストリート寄りの色合いを強めていきました。
1997年には、ヴォーカルの藤崎賢一が脱退。
その後、緒方豊和、鈴木慎一郎とヴォーカルがチェンジ。
2000年に盟友ex.ZI:KILLの板谷祐が加入。
2006年SHIBUYA-AXでの公演をもって解散しました。

[PV]CRAZE - NAKED BLUE

1995年9月6日に発売された、記念すべきデビューナンバーです。
「何処までも突っ走るぞ」とでも言わんばかりに、爽快な音を聴かせてくれます!
何よりも一郎さんのセンスが光る一曲で、勢いそのままに押し寄せる感じが気持ちいい!
9 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 通りすがりのおっさん 2021/9/26 23:34

    一応フォローしとくと『J』ってのはLUNA SEAのベーシストでROSIERの作曲者ね

    V系ファンには常識でもそうでないとわかんない文章だろうなってのは感じる

    ウグイス坊や 2021/9/26 19:05

    あと、BOOWYの論考を読める、と読者を釣っておいて、実はあまりヒット曲の無い小さなバンド達の盛衰史を読ませたいのですね。恐らく、2000人以上のこの記事の読者の9割はBOOWYの新たな論考が読めるものと思って記事をひらいたと思いますよ。サムネイル画像はルナシーにすべきでは?それで何人に読まれたか?その人数が本当の読者数でしたでしょうね。
    次は、正々堂々と、文章を公開してください。

    ウグイス坊や 2021/9/26 19:04

    ツッコミどころ満載の文章でした。10人に名盤30枚挙げさせるって!多すぎるだろ!可能性として、300枚のアルバムが挙がる。
    この記事のライター、この年代の音楽に詳しいことから40歳以上かと思うが、文章から漂う感じが高校生か?
    Jらしい、と書いていたが、日本らしいということ?そんな表現初めて見た。
    今は、いろんな人が書いた文章を公開出来る良い時代でどんどん書いて公開したら良い。ただ、文章をジャッジ、校正出来る人を探して、直せる人になおしてもらってから公開したほうが良いかと思う。特に、この記事の場合は音楽の系譜という、とても文芸的要素の高い事柄を論じている。書いている人が高校生のような雰囲気を醸し出していると、途中から記事の信憑性にも疑義を感じ始めてしまうのはもったいなかった。

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part1

伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part1

解散から30年以上経た今も熱い支持を受け、語り継がれてきたロック界の伝説BOØWY。 80年代の音楽シーンをリードし、歴史を塗り替えた4人組ロックバンドが与えた影響力は絶大。 その影響は90年代に一大ムーブメントとなったヴィジュアル系と呼ばれるアーティスト達にも及びました。 しかし、「BOØWY」と「ヴィジュアル系」の関係性について語られる事は少なかったです。 そこで今回は、90年代ヴィジュアル系シーンにおけるBOØWYの系譜を辿りつつ、その影響下にある「ヴィジュアル系ビートロック」と「ソフトヴィジュアル系」に迫っていきます!
蛍火 | 43,450 view
伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part4

伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part4

BOØWYが、解散から30年を経た今も多くの音楽ファンやアーティストから熱い支持を受け、語り継がれる 伝説的ロックバンドだといわれるのには理由があります。 日本の不良とロックの関係性をネクストステージに導き、ビートロックと呼ばれる海外にはない日本オリジナルの スタイルを確立し音楽シーンに絶大な影響を与えたからです。 そして、ヴィジュアル系もまたその影響を受け独自の進化をしてきたのです。 今回はそんな進化の過程で誕生したソフトヴィジュアル系とBOØWYとヴィジュアル系バンドの共通点について 語っていきます!
蛍火 | 6,026 view
伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part2

伝説的ロックバンドBOØWYがヴィジュアル系へ与えた影響・系譜を辿る!! Part2

語り継がれてきたロック界の伝説BOØWY、その影響力はヴィジュアル系にも絶大。 しかし、ヴィジュアル系のカテゴライズ論争や差別問題なども影響していたせいなのか、 「BOØWY」と「ヴィジュアル系」の関係性について語られる事は少なかったように思います。 そこで今回は、前回に引き続き90年代ヴィジュアル系シーンにおけるBOØWYの系譜を辿り、 その影響下にある「ヴィジュアル系ビートロック」と「ソフトヴィジュアル系」の中でも、 今回は”名古屋系”と"ソフトヴィジュアル系" と呼ばれるバンドに迫っていきます!
蛍火 | 5,901 view
後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part4

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!! Part4

後世に伝えていきたい90年代ヴィジュアル系伝説の名盤!!もPart4まで来ました。 Part5までお送りするという事で始まりPart4まで来たわけですが、皆さんの お気に入りの名盤は登場したでしょうか? 今振り返っても90年代は名盤の宝庫ですよね! それでは、今回もこれは外せないという名盤が勢ぞろいとなっていますので、 さっそくご紹介していきます!
蛍火 | 10,009 view
ヴィジュアル系ムーブメント到来!黄金期の前半1990年~1994年を振り返る!

ヴィジュアル系ムーブメント到来!黄金期の前半1990年~1994年を振り返る!

ヴィジュアル系の王道と呼ばれるスタイルを作り上げた、ヴィジュアル系三大聖典が生み出されたムーブメント前半。 90年代ヴィジュアル系ムーブメントを知る上で外すことのできないこの前半にどんな作品が生み出されてきたのか、そして次々とメジャーの階段を上がってきたバンドの軌跡を振り返っていきます。
蛍火 | 4,362 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト