【坂本龍一】教授が中咽頭がんに?!反原発と治療法、彼の生き方について
2016年12月5日 更新

【坂本龍一】教授が中咽頭がんに?!反原発と治療法、彼の生き方について

2014年7月に病状を公表し、療養中の音楽家坂本龍一さん。彼は今、中咽頭がんを患い治療に専念しています。坂本は「順調に回復していて、仕事を始めるのはもう少し先ですが、体調を戻せました」と笑顔で語っているそうです。突然のがん宣告をどう受け止めたのか?反原発の立場から、放射線治療についてをどう考えたのか?病気や治療は人生観や音楽活動にどのような変化をもたらしたのか、見ていきたいと思います。

2,720 view

坂本龍一、中咽頭がんの病状

もともと健康には自信があったが、のどに異物感があり検査...

もともと健康には自信があったが、のどに異物感があり検査をしました

自覚症状が以前からあったようです。のどに異物感というか不快感があり、2014年3月ごろに日本で人間ドックに入って検査を受けました。その時点では特にのどに異常は見つからなかったそうです。

しかしその後、のどの異物感が増してきたのでニューヨークの専門医で検査してみたら、中咽頭がんだと宣告され、健康には人一倍気を使ってきたのでかなりのショックを受けたそうです。
出典 topicks.jp
公式サイトにUPされた文面

公式サイトにUPされた文面

健康には気を使っていた

健康には気を使っていた

健康にはもともと自信があったんです。そう坂本龍一は言います。それまで大病をしたこともないし、若いころは暴飲暴食して、徹夜しても全然平気で、自分の体は頑丈にできているんだと思い込んでいたとか。

40歳を過ぎて目が遠くなってきたので初めて老化を自覚しはじめ、食事管理など、人に説教をするくらいに健康には気を使ってきており、まさかそんな自分ががんになるなんて考えもしなかったそうです。がんになった原因を彼なりに調べてみましたが、それは無数にあって特定はできませんでした。免疫力は高い方がいいけれど、それだけではがんは防げない。そうも語っています。

2015年、インタビューに答える坂本龍一

中咽頭がんを患い療養中の音楽家坂本龍一(63)が、2014年7月に病状を公表後、初めて公の場に姿を現したのが、その翌年の2015年5月のことでした。自身が関わる『札幌国際芸術祭』のゲストディレクターとしての立場で、インタビューにも答えています。
少し痩せたように感じます

少し痩せたように感じます

「順調に回復」と本人は近況報告していますが、病気でげっそりした姿に、世間からは心配の声があがっています。

10分ほどの対話中に暑くなったのか、首にかけていたマフラーを外し、何度かお茶でのどを潤したそうです。「今まで大病をしたことがなかった。人一倍健康優良児で、まさかという思いですが、天が与えてくれた充電期間だと思って(休養期間を)大事にしています」と話しました。

反原発貫き放射線治療を拒否しているのは本当なのか?

 (1796857)

咽頭がんに効果があるとされる放射線治療については、反原発運動の先頭にたってきた立場から拒否する考えを主治医に伝えているそうです。自らの命にかえても「反原発」だけは譲れないという不屈の精神で、世界の“教授”が闘病生活に入っています。

一般的に咽頭がんの治療は、手術のほか、抗がん剤などが用いられます。坂本龍一がどのような治療法を選択したかは明かされていません。やはり、がんに効果的とされる放射線治療については、反原発運動の先頭にたってきた立場から主治医に拒否する考えを伝えています。
米アカデミー賞やグラミー賞を受賞し「世界のサカモト」「教授」と呼ばれる天才音楽家だが、40年以上前から反原発運動に参加し、反戦、環境保護など多くの社会問題に積極的に取り組んできた“反骨の人”でもある。2年前の脱原発集会では「たかが電気のために、なんで命を危険にさらさなければいけないのか」と呼び掛け、大きな波紋を呼んだ。

 人間の生命、生活と比べてどちらが大切なのかという意味で、あえて「たかが電気」と刺激的な言葉で問題提起した“教授”。「反対し続けなければ戦争も原発もなくならない」という信念のもと、放射線治療まで拒否する不屈の闘病は、国内外に強烈なメッセージを発信することになりそうだ。

本人は否定しています。

放射線治療を拒否するという報道について、はっきりと否定...

放射線治療を拒否するという報道について、はっきりと否定しています

本人は、「どうしてそうなるんでしょうね。笑ってしまいますが、まったく誤解です。」と語りました。ニューヨークの病院で治療を数カ月受け、患部がのどのため、うまく食事ができず、体重が最も多いときよりも10キロ以上減ったそうです。ヒゲや髪の毛も部分的に抜けてしまったとか。

しかし治療効果が良好で、集中治療は予定通りで終わり、いまは経過を観察中です。通院で治療しました。その方が入院するよりも病気からの回復が早いような気がしたそうです。

経過は良好で、今ではベジタリアンになっているとか

ニューヨークの病院で治療を数カ月受けた坂本龍一さん。いまも経過は良好のようです。しかし、やはり再発や転移は怖いですね。彼自身は、食事やライフスタイルを大幅に変えてきました。癌治療で傷ついた身体を癒すために完全にベジタリアンになり、食事には非常に気を使っているそうです。とはいえ、いくらマクロビ、ロハスといっても、身体に体力をつけなくてはいけません。ですから現在は魚介系は食べているようです。

復帰

中咽頭がんの治療のため療養中だった坂本龍一(63)が、山田洋次監督(83)の83作目となる最新作『母と暮せば』(12月12日公開)の音楽を担当し、仕事復帰することが2日、わかりました。
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

1976年にソロデビューを果たしてから、現在に至るまでコンスタントに作品をリリースしライブも精力的に展開する女性シンガーソングライター矢野顕子さんについてまとめました。
gogo-one | 2,921 view
矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

1992年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。 ~』からピックアップされた矢野顕子の楽曲「SUPER FOLK SONG」のMVが、最新技術で修復処理を施したレストア版として期間限定で公開されている。
坂本龍一が「BTTB」の20周年記念盤を発売!リゲインEB錠のCMで有名な「energy flow」も収録!

坂本龍一が「BTTB」の20周年記念盤を発売!リゲインEB錠のCMで有名な「energy flow」も収録!

坂本龍一が1998年に発表し、大ヒットを記録したピアノ・アルバム「BTTB」から今年で20周年。それを記念し、「BTTB」の完全盤となる「BTTB -20th Anniversary Edition-」の発売が決定しました。発売予定日は9月26日。
隣人速報 | 298 view
【95年】坂本龍一、幾星霜を経ても愛される美しいさ「美貌の青空」についてまとめてみた

【95年】坂本龍一、幾星霜を経ても愛される美しいさ「美貌の青空」についてまとめてみた

00年代以降に教授の音楽をお聴きの方は、アコースティックアルバムのバージョンか、映画音楽の「Bibo No Aozora」をご存知の方が多いと思います。今回は95年のオリジナルも含めてまとめます。
たまさん | 923 view
【坂本龍一】&「あるイギリスのアーティスト」の豪華コラボレーションの楽曲をまとめた

【坂本龍一】&「あるイギリスのアーティスト」の豪華コラボレーションの楽曲をまとめた

教授はイギリスのある有名アーティストと定期的にコラボレーションしております。今回はそれをまとめました。
たまさん | 754 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト