心温まるRPG『ポポロクロイス物語』はプレステ黎明期を支えた名作
2018年3月14日 更新

心温まるRPG『ポポロクロイス物語』はプレステ黎明期を支えた名作

『ポポロクロイス物語』は、朝日小学生新聞に連載された漫画のタイトルで、作者は田森庸介さん。 これを原作とするアニメやゲームが多数製作されていますが、今回は1996年に発売されたゲーム版第一作『ポポロクロイス物語』のお話をしようと思います。姿かたちや種族を越えた友情、愛情、思いやりなどが作品を通じて感じられる、あたたかくてちょっと切ない…そんなRPGです。

1,454 view

90年代を代表する名作RPG『ポポロクロイス物語』

『ポポロクロイス物語』とは、田森庸介さんの漫画と、それを原作にしたゲーム・アニメのタイトルです。

原作は上記の通り4コマ漫画で、雑誌や朝日小学生新聞で1978年頃から連載されていました。(ただし、”ポポロクロイス”は株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標です)

今回は、先に触れた原作の漫画をゲーム化した、プレイステーション用RPG『ポポロクロイス物語』をご紹介します。
『ポポロクロイス物語』パッケージ

『ポポロクロイス物語』パッケージ

当時このパッケージから絵本のような不思議でどこか懐かしい印象を受けました。Amazonでは現在8,900円(※価格変動あり)で取引されているなど、続編は多数出ていますが初代の人気もいまだに衰えを知りません。

どんなゲーム?

ポポロクロイス物語 プレイ動画

実際のゲーム画面です。

※動画はリンク切れの場合があります。
プレイステーション黎明期、1996年にソニー・コンピュータエンタテインメントから発売された王道RPGです。
牧歌的でぬくもりのある世界観とシナリオにより、老若男女問わず多くのゲーマーを魅了し、約50万本を売り上げました。
『ワイルドアームズ』『アークザラッド』とともにソニー3大RPGとしてプロモーションされ、他の2作品も含めてテレビアニメ化されています。

アニメ版第一作『ポポロクロイス物語』は当時発売されたゲーム版第二作『ポポローグ』とのタイアップにより企画されたもので、1998年10月から1999年3月まで放送されていました。
『ワイルドアームズ』

『ワイルドアームズ』

1996年発売。
『アークザラッド』

『アークザラッド』

こちらは1995年発売。

あらすじ

ポポロクロイス王国の王子ピエトロが10歳になった誕生日の夜、「ガミガミ魔王」と名乗る盗賊が乗り込んできて、王家の宝「知恵の王冠」を国王から奪い取るところから物語が始まる。知恵の王冠をガミガミ魔王から取り返すためにピエトロは生まれて初めての冒険の旅に出かけ、途中で出会った仲間の助けを得て無事に目的を果たす。その後、死んだと聞かされていた母親サニアが生きていることを知り、今度はサニアを救うための冒険に出る。

Amazonより、個人的な評価・感想など

子供や女性にも薦められる作品です。

パッケージを見て分かる通り、この作品がグラフィックがアニメチックなもので暖かさを感じられる世界観もうまくマッチしており非常にやっていて居心地の良い作品でした。
シナリオも親子愛がテーマになっており、難易度も高くないので普段ゲームをしない方でも薦められる作品です。

古き良き王道RPG

当時発売した頃に買えなかったがずっと気になってたので購入してプレイしてみた。
ドット絵が懐かしい上に美しく、所々アニメーショになる所があるがこのゲームでの1番の魅力だと思う。アニメのキャラクターの動きが丁寧すぎて驚いた。こういう丁寧さは今では失われたものだと思う。
ポポロクロイス物語 決定版 1 知恵の王冠の冒険

ポポロクロイス物語 決定版 1 知恵の王冠の冒険

原作の漫画です。

当時のCM

※動画はリンク切れの場合があります。

ポポロクロイス物語 CM

ゲームのほのぼのとした感じも伝わってきます。
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プレステのRPG「アークザラッド」が6月30日で26周年を迎える!1995年6月に起こった出来事とは?

プレステのRPG「アークザラッド」が6月30日で26周年を迎える!1995年6月に起こった出来事とは?

1995年にソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)より発売されたプレイステーション用ソフト「アークザラッド」が、6月30日で発売から26周年を迎えました。
隣人速報 | 824 view
80年代から90年代のレトロゲームの「初見殺し」キャラ(仕掛け・罠)15選

80年代から90年代のレトロゲームの「初見殺し」キャラ(仕掛け・罠)15選

FF5の「レベル5デス」「オメガ」「神竜」、ドラクエ6の「キラーマジンガ」など、懐かしいゲームの有名な「初見殺し」のトラウマをまとめています。初見殺しとは、前知識無しでは絶対に予測できない破格の強さの敵や回避不能な仕掛け。
ガンモ | 44,394 view
ゲーム業界衝撃のオチ!隠れた名作RPG『moon』は、RPG好きに送るアンチRPGだった

ゲーム業界衝撃のオチ!隠れた名作RPG『moon』は、RPG好きに送るアンチRPGだった

ポップ&アイロニー。王道RPGを痛烈に皮肉りながら、強烈なラブを放つ異色のゲームとして有名な、ラブデリック製作のプレイステーション用ゲーム「moon」の紹介です。だいたいいつも高値のプレミアが付いていることでも知られている隠れた名作です。いや、もう有名すぎて隠れていませんね。
岸辺ミル | 27,737 view
次回作とセットで遊ばないと真の面白さが伝わらない!初代『アークザラッド』について

次回作とセットで遊ばないと真の面白さが伝わらない!初代『アークザラッド』について

『アークザラッド』は、ジークラフト制作のシミュレーションRPGで、本体発売から数ヵ月後というプレステ黎明期、プレステ初の大作シミュレーションRPGとして1995年に発売されました。しかしゲームの内容は事実上、『アークザラッド II』のプロローグ的に作られており、これ単品では決して良作扱いになれない悲しいゲームでもありました。今回はそんな初代『アークザラッド』についてまとめます。
岸辺ミル | 2,733 view
絵本のようなメルヘンな世界で可愛いキャラたちが歌って踊るミュージカルRPG『マール王国の人形姫』!

絵本のようなメルヘンな世界で可愛いキャラたちが歌って踊るミュージカルRPG『マール王国の人形姫』!

『マール王国の人形姫』は、1998年12月17日に日本一ソフトウェアより発売されたプレイステーション用のミュージカルRPGです。淡い色使いで構成された絵本のような世界観と、愛らしいキャラクターが歌って踊るミュージカルイベントが魅力の作品です。女性ファンも多い、日本一ソフトウェアが誇る傑作でした。
岸辺ミル | 1,175 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト