K-1で活躍した角田信朗がボディビルでも大活躍!国内デビュー戦で3冠!
2016年11月25日 更新

K-1で活躍した角田信朗がボディビルでも大活躍!国内デビュー戦で3冠!

空手家であり、K-1黎明期に活躍したタレントの角田信朗(54)が、「2016年ボディビルフィットネス選手権大会」に出場し、優勝した。国内デビュー戦となったボディビル大会で3冠の快挙を成し遂げた。

7,843 view

ボディビルダー・角田信朗!国内デビュー戦で3冠達成!

格闘家でタレントの角田信朗(54)が、大阪市内で10日に行われたで「2016年ボディビルフィットネス選手権大会」に出場し、優勝した。

昨年9月の「日本グアム親善 ボディビル選手権」初出場初優勝に続き、国内デビュー戦となったボディビル大会で3冠の快挙を成し遂げた。
ボディビル大会で優勝した角田信朗(かくだ のぶあき)

ボディビル大会で優勝した角田信朗(かくだ のぶあき)

午前に行われた男子マスターズ50歳以上級の参加者は20人。

予選審査を通過し気合を入れ直し決勝審査へ。フリーポーズの60秒では切れのある空手ポーズを次々に決め、宣言通り優勝。その後の各年代別優勝者から選ばれるオーバーオールの部でも優勝しマスターズ2冠を達成した。

角田は「勝つと決めて頑張ってきた。やることは全てやった。苦しかっただけに、この結果はうれしい。ほっとしています」と話しクラス別への準備に入った。
角田信朗

角田信朗

角田は、前述の昨年9月に行われた「日本グアム親善 ボディビル選手権」で初出場初優勝を成し遂げた際のミドル級決勝で、「芸術的なポーズを披露します」との宣言通り、03年米映画「ラストサムライ」の挿入曲「レッド・ウォリアー」に乗って“武士道”をテーマに独創的なポージングを決め、同級グアムチャンピオンを抑え優勝の栄冠に輝いていた。

そして、この日の決勝でも"お馴染み"の「レッド・ウォリアー」を「優勝の験担ぎです」として使用し、優勝した。

「クラス別はチャレンジ。午前の優勝でモチベーションが上がった」と語る通り、男子75キロ超級でも得意の空手ポーズで会場を席巻、見事優勝しトータル3冠に輝いた。
年齢を全く感じさせない、筋骨隆々の立ち姿!

年齢を全く感じさせない、筋骨隆々の立ち姿!

出典 ameblo.jp
もちろん後姿も決まっている!

もちろん後姿も決まっている!

出典 ameblo.jp

K-1黎明期を支えた角田信朗

かくだ のぶあき。
1961年4月11日生まれ。身長171cm。大阪府堺市出身。
奈良県立生駒高等学校、関西外国語大学外国語学部英米語学科卒。
正道会館最高師範(六段)。

K-1には黎明期から関わり、K-1競技統括プロデューサー、レフェリーを務めた。
また、現在はタレント・俳優・歌手としても活動している。
空手家であり、K-1ファイターとしても有名だった!

空手家であり、K-1ファイターとしても有名だった!

子供の頃は病弱でいじめられっ子であった。小学生の時クラスの番長にいじめられていたといい、その反動から空手を習う様になる。

中学時代に少林寺拳法に入門。この時に学んだ蹴り等の技術が後に役立ったという。少林寺拳法は二段を取得。

その後、高校2年の時に極真空手の芦原道場奈良支部入門。関西外国語大学進学後、兄弟子・石井和義の独立(正道会館)を支える。大学では実戦空手同好会の主将を務める。

大学卒業後、サラリーマン(不動産業)、ラーメン屋店員として働きながら、正道会館神戸支部長として空手を続ける。その後、神戸支部長の座を後輩に譲り、本部道場の職員となり師範代となった。

Kyokushin karate 極真空手 衝撃KO 角田(正道会館)VS井口 - YouTube

角田は体格差のある相手に上段回し蹴りで一本勝ち!

●k 1 アンディ・フグ vs 角田信朗 - YouTube

盟友アンディ・フグとの対決!男と男の名勝負だった!
アンディ・フグのかかと落としが懐かしい。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

松井章圭 極真の継承者

松井章圭 極真の継承者

世界大会でアンディ・フグに勝って優勝した後、選手を引退。 やがて大山倍達とケンカ別れして極真を飛び出した。 ‘‘イトマン事件‘‘を起こした許永中、``政界最後のフィクサー``と呼ばれた福本邦雄のもとで働き、3年後、復帰。 大山倍達の死後、極真会館の2代目館長に指名されるも、先輩や後輩である支部長たちと内紛が起こり、極真は分裂した。 一見、クールだが1番ガンコな松井章圭館長は、自らの信じる方向に進み、道を拓いていった。
RAOH | 7,920 view
黒澤浩樹  圧倒的な空手家  驚異の下段回し蹴り 格闘マシン  ニホンオオカミ 反骨の戦士

黒澤浩樹 圧倒的な空手家 驚異の下段回し蹴り 格闘マシン ニホンオオカミ 反骨の戦士

他の一切を拒否し「最強」を目指すことのみに生きた男。 敵の脚と心をへし折る下段回し蹴り(ローキック)。 ルール化された極真空手の試合においても、ポイント稼ぎや体重判定、試割判定で無視し、倒すこと、大きなダメージを与えることを目指す姿は、まさに孤高のニホンオオカミ。 また指が脱臼し,皮だけでぶら下がっている状態になったり、膝の靱帯が断裂しグラグラになっても、絶対に自ら戦いをやめない格闘マシン。 総合格闘技やキックボクシング(K-1)への挑戦し戦い続けた反骨の戦士。 黒澤浩紀は、最期まで退くことを知らず死んでいった。
RAOH | 14,863 view
角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 8,459 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 29,265 view
7・24大阪!FMW・大仁田厚とUWF・船木誠勝が激突!!

7・24大阪!FMW・大仁田厚とUWF・船木誠勝が激突!!

FMW軍・大仁田厚対UWF軍・船木誠勝の完全決着戦が、24日の大阪大会で行われることになった。大仁田厚の持つ爆破王選手権に船木誠勝が時間無制限のシングルで挑む。過去の因縁も絡み、盛り上がりは必至だ!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト