「青い目の侍」「ミスターK-1」と敬愛されたアンディ・フグ、短かくも太かった格闘家人生について。
2016年11月25日 更新

「青い目の侍」「ミスターK-1」と敬愛されたアンディ・フグ、短かくも太かった格闘家人生について。

「K-1」「PRIDE」の格闘技が華々しい人気を誇った90年代から2000年前後。なかでも立ち技のK-1では、テレビの前で凄絶なKO劇が繰り広げられました。そんなK-1の創世紀、アンディ・フグはピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、マイク・ベルナルドと並び四天王と称されました。かかと落しなどの激しい技で観る者を魅了したアンディ・フグ。35歳で生涯を閉じた「青い目の侍」の生涯を振り返ります。

23,220 view

アンディ・フグ

”青い目の侍”と称されたK-1ファイター「アンディ・フグ」

”青い目の侍”と称されたK-1ファイター「アンディ・フグ」

得意技は踵落とし、下段後ろ回し蹴り(フグトルネード)、左フック。特に踵落としはフグの代名詞でもあった。

ピーター・アーツ、アーネスト・ホースト、マイク・ベルナルドと共に創成期のK-1四天王として君臨した。
アンディ・フグはスイス・ボーレン出身の空手家、キックボクサー。
母国スイスでK-1の大会が開催されると必ず凱旋試合を戦い、全戦全勝を収めた。
しかもその対戦相手はピーター・アーツ、マイク・ベルナルド、ミルコ・クロコップ、ステファン・レコといった当時の世界トップクラスの強豪ばかり。
K-1スイス大会でのアンディの試合のスイス国営テレビの平均視聴率は必ず50%を超えており、アンディが日本とスイスの両国で英雄であったことが分かる。

Andy Hug Entrance - YouTube

The legendary entrance of a Legend..Hats off to you Mr. Andy....(RIP)
K-1でのアンディ・フグの入場曲はクイーンの「ウィ・ウィル・ロック・ユー」。

「K-1」について

1993年より開催されているヘビー級を中心とした世界的に知名度の高いキックボクシングのプラットフォーム、格闘技ブランド。

「K」は「空手」、「キックボクシング」、「カンフー」、「拳法」などの立ち技格闘技あるいは「格闘技」そのもの、そして「KING」の頭文字を意味し、1はナンバーワンを意味しており、空手やキックボクシングなどの打撃系立ち技格闘技の世界一の最強の格闘者を決める大会を行うというのが設立のコンセプト。

アンディ・フグの得意技①「かかと落し」

K-1 Classics: Andy Hug vs Maurice Smith ~アンディ・フグ~ - YouTube

Kyokushin vs Kickboxing
テコンドーのネリチャギとよく似ているが、アンディ・フグのコメントでは空手の蹴り技の一つ「内回し蹴り」を応用した技だった。
ネリチャギ自体は踵落としを使うようになった後で知ったそうだ。

アンディ・フグの得意技②「下段回し蹴り(フグトルネード)」

Andy Hug vs Mike Bernardo - K-1 GP 96 FINAL - YouTube

May both RIP
一撃必殺の破壊力があった下段回し蹴り。
かかと落としで攻撃を散らしつつも、決め技の下段回し蹴りに繋げて相手を倒すケースもしばしばみられた。

アンディ・フグの得意技③「左フック」

【神の左】アンディ・フグ K-1史上最速最強の左フック!!!KOシーン - YouTube

激しいファイトとは一変、CMなどでのキャラクターも人気を博しました

CM 強麺まとめ アンディフグ - YouTube

アンディ・フグ ピーター・アーツCM - YouTube

【CM】IBM Aptiva 香取慎吾 アンディ・フグ(1996年) - YouTube

アンディ・フグの歩み

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

K-1で活躍した角田信朗がボディビルでも大活躍!国内デビュー戦で3冠!

K-1で活躍した角田信朗がボディビルでも大活躍!国内デビュー戦で3冠!

空手家であり、K-1黎明期に活躍したタレントの角田信朗(54)が、「2016年ボディビルフィットネス選手権大会」に出場し、優勝した。国内デビュー戦となったボディビル大会で3冠の快挙を成し遂げた。
今年復活!!年末はK-1を観てた!かっこよかったでしょ!?

今年復活!!年末はK-1を観てた!かっこよかったでしょ!?

年末と言えばK-1でした。スター選手がたくさんいてかっこよかったんですよね!!キラキラしてた選手たちを振り返ります。
かけつけ3杯 | 1,430 view
昭和世代にしか分からない!?昭和と平成、懐かしのCMからクイズ10問を出題します!!

昭和世代にしか分からない!?昭和と平成、懐かしのCMからクイズ10問を出題します!!

みんなテレビで観ていた名作CMから少し難しい(?)クイズを10題!懐かしい思いに耽りながらお答えください~^^/
松井章圭 極真の継承者

松井章圭 極真の継承者

世界大会でアンディ・フグに勝って優勝した後、選手を引退。 やがて大山倍達とケンカ別れして極真を飛び出した。 ‘‘イトマン事件‘‘を起こした許永中、``政界最後のフィクサー``と呼ばれた福本邦雄のもとで働き、3年後、復帰。 大山倍達の死後、極真会館の2代目館長に指名されるも、先輩や後輩である支部長たちと内紛が起こり、極真は分裂した。 一見、クールだが1番ガンコな松井章圭館長は、自らの信じる方向に進み、道を拓いていった。
RAOH | 11,656 view
黒澤浩樹  圧倒的な空手家  驚異の下段回し蹴り 格闘マシン  ニホンオオカミ 反骨の戦士

黒澤浩樹 圧倒的な空手家 驚異の下段回し蹴り 格闘マシン ニホンオオカミ 反骨の戦士

他の一切を拒否し「最強」を目指すことのみに生きた男。 敵の脚と心をへし折る下段回し蹴り(ローキック)。 ルール化された極真空手の試合においても、ポイント稼ぎや体重判定、試割判定で無視し、倒すこと、大きなダメージを与えることを目指す姿は、まさに孤高のニホンオオカミ。 また指が脱臼し,皮だけでぶら下がっている状態になったり、膝の靱帯が断裂しグラグラになっても、絶対に自ら戦いをやめない格闘マシン。 総合格闘技やキックボクシング(K-1)への挑戦し戦い続けた反骨の戦士。 黒澤浩紀は、最期まで退くことを知らず死んでいった。
RAOH | 17,978 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト