『ガンプラり歩き旅』その11 ~こんな脇役サポートメカのプラモまで、君は覚えているか!?~
2017年5月25日 更新

『ガンプラり歩き旅』その11 ~こんな脇役サポートメカのプラモまで、君は覚えているか!?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第11回は、、ジオンのマイナーメカを2つ紹介!

7,839 view
グフを乗せて3機編隊で空を行くドダイYS!

グフを乗せて3機編隊で空を行くドダイYS!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回は、ジオン屈指のマイナーメカを2つご紹介!


ドダイYS 1/144 1981年10月 500円

バンダイも後ろめたいのか、そこはかとなく商品のドダイよ...

バンダイも後ろめたいのか、そこはかとなく商品のドダイより、背景のグフの方が目立つようなボックスアート!

ドダイ! 土台だからドダイ!
ドダイ! モビルスーツを乗せる土台だからドダイ!
ドダイ! ドダイYSの“YS”ってなんの略だよ。気分とフィーリングで付け足しただろドダイ!
完成したドダイYS単体。スタンドもついてるけど、単体だ...

完成したドダイYS単体。スタンドもついてるけど、単体だとなんのバリューもない……

というわけで、イマドキのガンダムのメカ設定的専門用語でいうのなら、フライトサポートユニットとでも言うんでしょうか。
『機動戦士ガンダム』(1979年)中盤(テレビ版では第23話『マチルダ救出作戦』から)突然グフを乗っけて登場して、テレビの前の視聴者の度肝を抜くどころか、ふっと冷静に考えると「地上では格闘戦主体のモビルスーツを、わざわざ乗せて飛ばすなら、この飛行メカにグフと同じだけの武装を積み込めばいいだけであって……。っていうか、グフって基本的に白兵戦向けのモビルスーツなのに、それを空中で飛ばして、何をしたかったんだジオン……」と、ツッコミどころしかないドダイYS!
公式名称の「要撃爆撃機」の意味が、今一歩理解できないが...

公式名称の「要撃爆撃機」の意味が、今一歩理解できないが、この座布団のような赤い物体はなんだ……

いや、まぁ、確かに、白兵戦主体のモビルスーツを、迅速かつ速やかに戦場へ送り込むポーターとしての需要というのはあるかもしれないんだけど、まぁ要するにガンダムにおいてはそれまでガンペリーが担ってた役割なんだけど、グフを乗っけたまま空中戦とか始めちゃうもんだから、ほーらガンダムの方も調子に乗って、GファイターとかGスカイの上に乗っかって対抗してきちゃったよ、これもう、どこをどう解釈しても「リアルロボットアニメ」じゃないよ、どうすんの? という混沌を生み出した謎メカ。
グフを乗せてみただけで輝くドダイYS。グフは当然最新の...

グフを乗せてみただけで輝くドダイYS。グフは当然最新のHGUC版

その戦犯罪状は大きく、映画版では存在を殆ど(Gメカごと)消され、あのトンチキな空中戦はなかったことにされたのだけれども、どっこい当時は、『ガンダム』のメインストリームはまだまだテレビ版であり、劇場用映画版はあくまで「お祭りとファンサービスと、決定版的ブラッシュアップ」のための代物だったので、バンダイだって、ガンプラのシリーズがここまで展開しまくってしまうと、このトンチキメカも出さざるを得ない。
ドダイYSフロントビューコクピットは広そうでいいねぇ

ドダイYSフロントビューコクピットは広そうでいいねぇ

無論、先に発売されていた1/144グフは、後々こんな「飛ぶ土台」までもがキット化されることなど見越していないので、そのままではドダイYSキットに乗せることすらできない。
でも、バンダイさん、既に後に退くに退けなくなっていて、出しちゃいましたよ、ドダイYS!
それもまぁ、シリーズピーク時の最高のクオリティで!

発売時期的に「これも“ある意味”でモビルアーマーと言えなくもないよね? “ある意味”で!」とかってエクスキューズが社内でプレゼンされたのかと思うと感涙を禁じ得ないわけですが、このデザイン、良く見てみると、まずそもそも論的に、機体本体がでかすぎて、小さな主翼と尾翼4枚じゃ空力抵抗を維持できそうにないのに、さらにそこにグフを乗せるばかりか、乗っかったグフがドダイを土台にして暴れまわるという、まぁ「子ども向けロボットまんがだしねぇ」としかフォローを入れられないデザインが、グフがない状態で単体でキット化されているという地獄絵図商品!
なぜ底面にエメラルドグリーンのドームパーツがあるのかが...

なぜ底面にエメラルドグリーンのドームパーツがあるのかが果てしなく謎である……

キットの出来は、こんだけシンプルなシルエットと構造とディテールで、なんぞ間違いなんかが起こり得る話もあるわけなく、完璧に劇中に忠実なハイクオリティガンプラ。
ただし、これはあくまで、グフにおけるジェットスクランダーみたいな存在なんで、これ単独で遊べたり飾ったりするものではなく(まぁ、そういう趣味の人がいてもいいとは思うけどね)、グフを乗せなければ意味などない!

しかし、先ほども書いたけど、先行して発売されていた1/144グフは、ドダイに乗せられる仕様には出来ていない!(具体的には、1/144グフの股関節の開き方が固定なので、そのままの開き角度では、ドダイの上に乗せた時に、既定の位置にグフの足がこないのだ。まぁ当たり前だけど)
爆撃機だけあって、機体の前面の穴から、ミサイルだかを連...

爆撃機だけあって、機体の前面の穴から、ミサイルだかを連射して攻撃するドダイYS!

なので、このドダイYSキットには、付属のスペシャルプライスゴージャスオマケパーツとして「分割して、自在に股関節の角度を変えられる、グフ専用の股関節軸」が付属しているのだ!
当時のガンプラユーザーの中には、この「分割されてるグフの股関節パーツ」だけ欲しくて、この1/144ドダイYSのキットを買った猛者さえいると伝えられている!(いや……さすがにそれはどうよ。せっかく買ったんだから、メインのキットも作ってやれよ)
地球連邦軍のミデア輸送機を急襲するドダイとグフ! 『ガ...

地球連邦軍のミデア輸送機を急襲するドダイとグフ! 『ガンダム』2クール目の名シーン!

しかし、2017年の今に軸を移して考えてみよう。
今現在、元のアニメデザインに忠実な「ドダイYSの1/144キット」はリファインされていない。
それがガンプラファンとしてどうなのよという意見は抹殺しても、「グフを乗せたドダイYS」を再現しようと思えば、このキットの再販を購入して組み立てるしかない(そういう意味では、基本ガンプラに絶版品を作らないバンダイは、そこはすごいと素直に称えられよう)。
けど、いざドダイYSが完成したとしても、それに乗せるグフは、イマドキはHGUC版の1/144が選び放題なのだ。

サイドストーリーマニアの人は、グフカスタムなんかを選んでもいいし、HGUC版のテレビ版1stガンダムの1/144グフだって、2000年のN0.009もあれば、2016年にはNo.196 REVIVEとして、最高水準のグフがガンプラ化されていて、当然それらはどれもこれも股関節は自在に動く仕様なので、キット素組のままでもドダイYSに乗せることが出来る。
やはりこのメカは、グフを乗せてナンボというべき、ワンセ...

やはりこのメカは、グフを乗せてナンボというべき、ワンセットだよなぁ

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その12 ~ひたすら前進あるのみ! ガンダム世界一マイナーな合体戦車!~

『ガンプラり歩き旅』その12 ~ひたすら前進あるのみ! ガンダム世界一マイナーな合体戦車!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第12回は、、ジオンの地上戦闘用戦車を紹介!
市川大河 | 3,498 view
『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第16回は、ガンダム世界の地球連邦軍の旗艦にして、レビル将軍もワッケイン司令も乗り込んでいた、宇宙戦艦・マゼランの、1/1200キットの紹介です!
市川大河 | 4,254 view
『ガンプラり歩き旅』その10 ~1/550モビルアーマー商品第二次展開!グラブロとエルメス!~

『ガンプラり歩き旅』その10 ~1/550モビルアーマー商品第二次展開!グラブロとエルメス!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第10回は、、ジオンの2大モビル・アーマーシリーズの第2弾!
市川大河 | 6,570 view
『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,270 view
『ガンプラり歩き旅』その28 ~ガンダムを「大地に立」たせた名脇役 EXモデルで登場!~

『ガンプラり歩き旅』その28 ~ガンダムを「大地に立」たせた名脇役 EXモデルで登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第28回は、「ガンダムのベッド」っていうか、そんな「アレ」です!
市川大河 | 4,335 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト