あの“コマネチ”が内村航平を絶賛「ウチムラは史上最高」
2016年8月17日 更新

あの“コマネチ”が内村航平を絶賛「ウチムラは史上最高」

リオ五輪の体操男子個人総合で優勝した内村航平を“史上最高”と、伝説の体操選手ナディア・コマネチがリオ五輪公式サイトで最大級の賛辞を贈った。

3,772 view

内村航平を“史上最高”とナディア・コマネチが絶賛!

リオデジャネイロオリンピック(リオ五輪)の体操男子個人総合で連覇を達成した内村航平。一時はオレグ・ベルニャエフ(ウクライナ)にリードを許しながら最後の鉄棒で大逆転し、2大会連続の金メダルは1968年、72年の加藤沢男以来、44年ぶりの快挙となった。
リオ五輪の体操男子個人総合で連覇を達成した内村航平

リオ五輪の体操男子個人総合で連覇を達成した内村航平

そんな内村航平に対して、リオ五輪の公式サイトで伝説の体操選手であるナディア・コマネチが最大級の賛辞を贈っている。
ナディア・コマネチ

ナディア・コマネチ

コマネチは1976年に14歳でルーマニア代表として出場したモントリオール五輪で、段違い平行棒の演技が世界初の10点満点を出したほか、個人総合と種目別で3つの金メダルを獲得、“白い妖精”とも称された。

五輪公式サイトによると、コマネチは、内村が2012年のロンドン五輪で個人総合金メダルに輝いた際は「最強というには時期尚早」としていたという。今大会で史上4人目の連覇を成し遂げた後は「議論は終わった」と語り、「ウチムラは史上最高」と絶賛したそうだ。
ウチムラは史上最高です。彼があれほど長く成し遂げたことを見なさい。8年間にわたって五輪と世界選手権で負けなかった。これは彼の財産です。
さらに、ウクライナ代表のオレグ・ベルニャエフに0.099点差で逆転勝利した決勝を「五輪の体操史上最高の争い」と振り返り、次のように語っている。
5~6人の選手が金メダルを獲れる可能性がありました。だから、ウチムラは最後の鉄棒でリスクを取る必要があったのです。そのプレッシャーの中、披露した演技は、本当に本当に素晴らしいものでした。彼がマットに着地した際に、少しでも体がグラつけば、金メダルを逃していました。そして、その時はいまだに彼が史上最高かどうか議論していたことでしょう。
“白い妖精”と称えられた元体操女王の目から見ても、内村の演技は文句のつけようがなかったようだ。

ナディア・コマネチとは?

ナディア・コマネチ

ナディア・コマネチ

世界で初めて10点満点を獲得した、伝説の体操選手。
ナディア・コマネチは1976年モントリオールオリンピックの時、団体演技規定の段違い平行棒の演技で世界初の10点満点を出した。この他にも自由の平均台、段違い平行棒など計7回の10点満点を出し、個人総合と種目別で3つの金メダル、団体で銀メダル、ゆかで銅メダルを獲得した。

純白のレオタードが似合う可憐な容姿や見事な技が観衆を魅了し、「白い妖精」と呼ばれた。

ビートたけしのギャグ「コマネチ」は彼女に由来する

1980年代前半に大流行した、芸人・ビートたけしを代表する一発ギャグ「コマネチ」は、1970~80年代にかけて活躍したルーマニアの体操選手ナディア・エレーナ・コマネチのハイレグ姿に由来している。

お互いに有名人であるため、双方存在は知っていたが、2011年に初対面を果たす。
ギャグ誕生から約30年の時を経て“Wコマネチ”がついに実現

ギャグ誕生から約30年の時を経て“Wコマネチ”がついに実現

たけしが「このギャグで有名になった」と言うと、コマネチは「分け前の半分はもらわないと」と返し、ノリノリであった。
18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

思い出の「昭和有名人マンガ劇場」:第10回 ルーマニアの白い妖精『コマネチ物語』!

僅か14歳ながら、モントリオール・オリンピックの大舞台で次々と10点満点を連発し、最年少での個人総合優勝を果たしたナディア・コマネチ。「白い妖精」と呼ばれたその姿は、今でも覚えている人は多いでしょう。今回はそのナディア・コマネチの伝記漫画である『コマネチ物語』を紹介します!
滝口アキラ | 1,167 view
ナディア・コマネチ Nadia Comaneci ルーマニアの白い妖精 完璧な演技で史上初の10点満点を連発 体操に革命を起こしたヒロイン

ナディア・コマネチ Nadia Comaneci ルーマニアの白い妖精 完璧な演技で史上初の10点満点を連発 体操に革命を起こしたヒロイン

1976年のモントリオールオリンピックの女子体操で、14歳の少女が世界をアッといわせた。 団体戦規定の段違い平行棒でオリンピック史上初の10点満点。 さらに団体戦自由、個人総合、種目別でも完璧な演技をみせ、計7回の10点満点記録。 奪ったメダルは金3個、銀1個、銅1個。 153㎝、39㎏、白い肌、白いレオタード。 「白い妖精」といわれた。 1984年、22歳で現役引退。 1989年、チャウシェスク独裁政権が崩壊する直前、自由を求めてアメリカに亡命。 オクラホマ州で体操教室を開いた。 モントリオールオリンピックで初めて10点満点を出したとき、演技終了後、審判団は10点という点数を想定していなかったため「1.00」というスコアボードを掲げた。 現在はルールが変更されたので、10点満点は存在しない。
RAOH | 5,197 view
祝!日本柔道復活!1984ロスオリンピック時の日本柔道はまさに最強!

祝!日本柔道復活!1984ロスオリンピック時の日本柔道はまさに最強!

2012ロンドンオリンピックでは、まさかの金メダルゼロと「柔道」が「JUDO」に飲みこまれたとまで言われた男子柔道日本代表。しかし、2016リオオリンピックでは、全階級メダル獲得と完全に復活!まるで1984ロスオリンピックの時のような全盛期が再びやってきました。そこで、ここでは1984ロスオリンピック時の日本柔道をプレイバックしていきましょう。
yt-united | 2,227 view
森末、具志堅・・・1984ロスオリンピック時の日本体操男子も凄かった!

森末、具志堅・・・1984ロスオリンピック時の日本体操男子も凄かった!

2016リオオリンピックでは、キング内村航平の悲願でもある団体総合で金メダルを獲得し、体操日本の名を確固たるものに。今から30年以上前、内村も白井もまだ生まれていない頃、今同様、体操日本の名を欲しいままにしていました、1984年ロサンゼルスオリンピックです。森末、具志堅などを擁した当時の体操日本を振り返っていきましょう。
yt-united | 3,207 view
金メダルを無くしちゃったソウル五輪金メダリスト、小林孝至

金メダルを無くしちゃったソウル五輪金メダリスト、小林孝至

初出場のソウル五輪レスリングフリースタイル48㎏級で見事金メダルを獲得した小林孝至。五輪閉幕から3週間後、公衆電話に金メダルを入れたカバンを忘れて大騒ぎに…。そんな小林孝至の経歴やエピソード、現在の活動を紹介。
きちんとチキン | 11,299 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト