【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~
2018年3月12日 更新

【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

極真空手の全日本大会で初優勝した八巻建志 は、自分は日本一、世界一強いと思った。 しかしその後、バイク事故で彼女に大ケガを負わせてしまう。 以後、5年間、地獄をさまよった後、復活し、2度目の全日本大会優勝、100人組手達成、世界大会優勝。 最強の空手家となった。

13,499 view

俺の前に立ったら30秒と立たせておかない。

極真会館 第21回全日本空手道選手権大会(1989年)

1989年12月23~24日、東京両国国技館で行われた極真空手第21回全日本大会で、八巻建志は優勝した。
それまで長い間、求め、悩み、苦しみ続けた末の日本一だった。
その後、生活が一変した。
連日のマスコミ取材、スタジオ撮影、インタビュー、対談・・・・・
夜は祝勝会で酒びたり。
後輩の取り巻きができ、バレンタインディにはチョコ50個をもらいファンレターも続々と舞い込み女性と交友が増えた。
いい気になって修行のために自ら封印していたバイクを解禁し、50ccから250ccに乗りかえた。
有頂天だった。
自分は日本一どころか世界一強いと信じた。
「プロレスラーだろうとマイク・タイソンだろうと俺の前に立ったら30秒と立たせておかない。
なんなら牛でも熊でも戦ってもいい」
浮かれ初めて半年後、知り合った女性と真剣に交際し始めた。
練習後、毎日待ち合わせて、映画、食事とデートを重ねた。
彼女をバイクの後ろに乗せ夜のドライブに出かけた。
辛く血尿を流した猛稽古の日々が嘘のようだった。
女性の親は交際に反対していたが2人は互いの気持ちを信じて交際を続けた。

君ぃ、土佐闘犬を倒してみたまえ

南部町での犬ケンカ(闘犬)

三好一男高知支部長の結婚式に出席するために高知県に出かけたとき、闘犬を見物に行った。
そこには大山倍達も同席していた。
土佐闘犬の凄まじい戦いをみていると突然、大山倍達がいった。
「八巻、戦ってきなさい」
本気の眼だった。
「君ぃ、土佐闘犬を倒してみたまえ」
「押忍」
(やばいなあ。
腹を2発3発思い切り蹴ればなんとかなるかな?
左手を咬ませて右正拳をぶち込むか?)
結局この異種格闘技戦は実現しなかったが、目の前に強いものがいたなら、たとえ闘犬であれ猛獣であれ手合わせしたいと考えてしまう大山倍達の戦う本能の凄まじさを思い知らされた

火木スパー

平成2年 極真 第22回全日本選手権大会 {優勝 増田章}The 22th All-Japan karate tournament in 1990. Kyokushin Karate

第22回全日本大会に向けて毎日の稽古は消化されていった。
しかし八巻建志に目標に向かって燃えるギラギラした気持ちはなく、稽古量はともかく蹴り1本突き1本にかける情熱は消えうせていた。
そして第22回全日本大会は4回戦まですべて本戦のみの判定勝ちで上がったが、準決勝ではじめて延長戦に持ち込まれ、延長2回目に焦って掴みの反則を犯して注意1をとられて判定負け。
最終的な順位は8位。
(優勝は増田章、準優勝は緑健児)
ディフェンディングチャンピオンとしては惨めな成績だった。
以後、マスコミの取材はバッサリ途絶え、次いで取り巻き連中は去っていった。
道場のなかの視線も冷ややかなものになった。
八巻建志は翌年開催される世界大会制覇を目標に定めた。
 (1977689)

1991年1月、八巻建志は錆ついた心と技の勘を取り戻そうと独自の特訓を開始。
毎週火曜日と木曜日、すべての通常の稽古終了後、19時からそれは始まる。
勢いのある若手5、6人とスパーリングオンリーの稽古。
それも防具をつけずに真っ向から潰し合うガチンコの組手。
それを1時間半続ける。
通称:火木スパー。
2分交代で次々に替わる相手に思い切り蹴りと突きをぶち込んだ。
フっ飛ばされるもの、倒れる者が続出した。
骨を肉を打つ音が響き、倒れ込んではまた立ち向かっていく。
あるとき、胴回し回転蹴りが相手の顎を直撃し白目を剥いて失神した。
以後、胴回し回転蹴りは禁じ手となった。
またあるとき、前蹴りが相手の歯を折るなど怪我人を続出させたので、これも禁じ手となった。
この火木スパーにまだ茶帯の数見肇がいた。
当初、まったく問題にならずフッ飛ばされていたが、日がたつにつれ徐々に踏ん張れるようになり、春を過ぎ、梅雨の季節になると攻撃をガッチリ受け止めて反撃する場面も出てきた。
恐怖と負傷に耐えて確実に強くなっていた。

悲しい世界大会

kyokushin karate 第5回世界大会夏合宿 青春の極真空手

1991年8月、第5回世界大会の日本代表メンバーとして湯河原の強化合宿に参加。
大山倍達の指揮で行われる特訓が1週間続いた。
大会までの3ヶ月だった。
東京へ戻った翌日、道場で夜の部の指導を終え帰ろうとすると声をかけられた。
彼女がこぼれるような笑みで立っていた。
バイクに2人でまたがった。
数分後・・・
突然目の前に道路工事現場があった。
警告灯がなかったのでわからなかった。
急にヘッドライトに黄色いゲートと標識がうかんだ。
「ギャーン」
バイクがアスファルトを削る音がしてオレンジの火花が飛び散った。
バイクは工事現場に突っ込み激突音が鳴った。
彼女は路上に投げ出され横たわっていた。
全身が痙攣し血が流れ出した。
黒い染みがアスファルトに広がっていく。
「誰か救急車を、早く救急車を呼んでください」
「ひどいよ、これ」
「救急車だ。
死んじまう」
救急車が到着し彼女は病院に運ばれ、パトカーで警察に連れて行かれ調書をとられ病院に駆けつけた。
医者は命に別状はないといった。
しかし全身を骨折する大怪我だった。
彼女の両親はすでに来ていてた。
「うちの娘をいったいどうしてくれるの」
「私の不注意のせいです。
本当に申し訳ありません」
翌日、お見舞いに行くとすでにそこに彼女はいなかった。
転院させられていた。
なんとか転院先を捜し出したが病室へは入れてもらえなかった。
彼女が退院するまで、毎日、暗くなるまで外で立ち、病室をみつめた。
退院後、自宅に電話を入れるとガチャンと切られた。
事情を説明し父親と一緒に彼女宅へ行ったが
「2度と顔を見せないでください」
と門前に払いされた。

1991年 第5回 極真カラテ 世界空手道選手権大会「八巻建志 vs トレバー・マリオット 」

空手の情熱は失せた。
世界チャンピオンなんてどうでもよかった。
しかし世界大会出場はすでに決まっている。
私情でキャンセルはできない。
そんな義務感で身の入らない稽古を続けた。
食事制限もやめた。
鶏のササミ、豆腐、卵40個、魚の白身を調味料なしに食べていた食事を無視し、ラーメンでもトンカツでもなんでも食べまくった。
牛乳、水、スポーツ飲料に限っていた飲み物制限も無視し、稽古後は飲み屋に直行し浴びるように酒を飲んだ。
一升、二升の日本酒を空けて泥酔し吐いた。
始めは後輩と一緒だったが、押し黙ったまま飲みまくる先輩の誘いを日に日に後輩は断りだした。
「空手なんてやっていていいのか」
罪悪感でまともな稽古ができない。
「やる気があるのか」
廣重師範は怒鳴った。
夜一人、道場でストレッチしながらポロポロ涙を流した。
自宅では膝を抱え涙にくれ、寝ても凄惨な事故現場の夢をみた。
彼女のことを思う度に泣いた。
少年の頃、酷いイジメにあったときでも1度も泣かなかったのに・・・
心身ともにまったく調子は上向かないまま、極真空手第5回世界大会に参戦した。

極真空手 第5回世界大会 アンディ・フグ VS フランシスコ・フィリョ


この大会最大の注目選手は前大会で準優勝したアンディ・フグ。
前回優勝した松井章圭が引退していた。
アンディ・フグは前回よりも身体が大きくなりパワーアップしていた。
しかし彼のトーナメントはかなり厳しい登山だった。
当たる選手すべてが超ヘビー級の大男ばかりだった。
それでもアンディ・フグは勝ち上がった。
そして4回戦の相手は、ブラジルのフランシスコ・フィリョだった
アンディ・フグの踵落としをフランシスコ・フィリョは蹴りで止めるなど、両者共に蹴り技が得意で、華麗で危険な蹴り合いとなった。
そして両者が接近しすぎて審判が「待て」をかけたとき、アンディ・フグは両腕のガードを下げた。
しかしフランシスコ・フィリョは故意ではないがすでに放っていた上段回し蹴りを振りぬいた。
そしてガラ空きのアンディの顔面を打ち抜き、アンディは糸が切れた操り人形のように倒れた。
フィリョの1本勝ちだった。
アンディ・フグのセコンドは審判の待ての後の攻撃であり反則だと主張した。
これを大山倍達は油断したアンディの敗北と一喝した。

Yamaki Kenji vs Francisco Filho

八巻建志は5回戦でフランシスコ・フィリョと対戦した。
上段蹴りを警戒しガッチリ顔面をガードした。
しかしそれはイメージより鋭く速かった。
しかもリズムがランダムでどこから飛んでくるかわからない。
通常の下から蹴り上げる上段蹴りが上から振り下ろされてくる。
調子づくと手がつけられなくなりそうだった。
そこでフィリョの攻撃を連続させず、線から点に断ち切る作戦に出た。
ポイント、ポイントで前蹴り、下段回し蹴りでフィリョの連続攻撃を切った。
お互い決定打がないまま延長、再延長、3度目の延長にもつれ込んだが、ここで連打で押し切り4-0の判定勝ちした。

Yamaki Kenji vs Hiroki Kurosawa 1991

6回戦、八巻建志は格闘マシン:黒澤浩樹に体重判定により負けた。
悔しい気持ちはなく、やっと終わったという気持ちだった。
優勝したのは道場の先輩、緑健児だった。

男の責任

 (1977737)

世界大会の1週間後、なんとか彼女と電話がつながり会うことができた。
しかし互いに会話がつながらなかった。
事故は2人に大きな溝をつくった。
「すまない」
ただ頭を下げ続けるしかなかった。
年が明け1992年1月、空手への気持ちは完全に冷えた。
これ以上続けても仕方ないと判断し、それを廣重師範に伝えるために道場へ行った。
すると廣重師範はまるでそれを予知したかのようにいった。
「八巻、そろそろ道場を持ってみないか?」
「はあ・・」
「どうも最近気持ちが乗っていないようだし、自分の道場を持てばまた空手の面白さもわかるんじゃないかと思ってな」
「押忍」
機先を制された形でそのまま道場の新設する準備に入った。
もちろん常設道場は無理だから幼稚園の空き時間を道場として借りることになった。
自分でポスターをつくり電柱に張っていった。
入門者が徐々に集まって、一から手作りの道場が始まった。
 (1977738)

その後も彼女とは月1回程度会っていたが以前のような楽しい時間は戻らなかった。
数か月後のある夜、人気のない喫茶店で彼女がいった。
「もうこれ以上苦しみたくないの」
「俺が一生守り通す。
信じてくれ」
「八巻さん、あなたとはもう会えないの」
この一言ですべてが終わった。
喫茶店を出て2人押し黙ったまま駅まで歩いた。
彼女は何のためらいもなく電車に乗り込んだ。
サヨナラの一言もなかった。
彼女と別れて初めて廣重師範に事故から経緯を話した。
廣重師範はことの一部始終を聞き、そしてこういった
「彼女が今度、結婚などして新しい道が見つけるまでお前は見守ってやらなくてはいけない。
もし彼女の気持ちが変わって帰ってきたときはいつでも受け入れれるようにしておくべきだ。
八巻、辛いだろうが、それが今お前にできる唯一のことなんだぞ。
男が責任を取るとはそういうことなんだ」

どうして7位のお前が2位の数見より遅く来るんだ。

第24回全日本2回戦 八巻健二 VS 守友完矢  Kenji Yamaki VS Kanya Moritomo kyokushin

極真アーカイブス 第24回 全日本 4回戦 八巻健弐 vs 加藤丈博

大ケガを負わせた彼女とは心が通じぬまま別れ、その上追い討ちをかけるように父親が役員を務めていた会社が倒産の危機に直面した。
父の報酬、家の貯金は会社につぎ込まれ、その上借金を重ねた。
家庭内にも暗雲が立ち込めた。
まさに心身ズタズタ、救いようのない四面楚歌の状態で第24回全日本を迎えることになった。
自分の道場を持ち自分の生徒が見に来た初めての大会は7位。

極真空手第24回全日本大会決勝戦 田村悦宏vs数見肇 KyokushinKarate 24th All-Japan tournament final

優勝は田村悦宏。
準優勝は後輩の数見肇だった。
「八巻は終わった」
「あんなに強かったのに・・」
そんな声が聞こえた。
ある先輩はこういった。
「(優勝した)21回大会はクスリでも使ってたんじゃないか?
誰にもいわないから本当のことをいえよ。
あの強さは尋常じゃなかったもの。
クスリの助けを借りたとしか思えないよ」
完全に過去の人になていた。
気持ちはますます腐り稽古にも身が入らなかった。
ある日、朝練に遅刻した。
廣重師範が怒鳴った。
「どうして7位のお前が2位の数見より遅く来るんだ。
この何分かの遅れで数見との差はますます開くんだぞ!」
(俺はいったい何をやっているんだろう)
苦悩する毎日が続いた。

八巻さんもあきらめないで 世界一になってください

Rocky Hearts On Fire

1993年2月、1本の電話がかかってきた。
「八巻・・さん?」
彼女だった。
「私ね。
結婚することになりました」
「幸せになってください」
「八巻さんもあきらめないで。
世界一になってください」
もう迷っていられない。
世界一になるまで歩き続けるしかない。
朝6時に起きて走り始めた。
毎日10km。
心身のこびりつきを落としていった。

クラウチングスタイル

【立て!立つんだジョー!】あしたのジョー

再生を誓い肉体改造に着手している最中、ある人物に出会った。
「是非コーチを買って出たい。
八巻君の才能をこのまま埋没させるには忍びない。
一緒に世界一になろう」
ボクシング経験者のその人はいった。
とにかく熱い人だった。
気分は明日のジョーと丹下段平だった。
練習初日、彼の第一声は、
「ボクサーは毎日練習するんだ。
1日も休まない。
空手家も同じようにやれるはずだ」
メニューは、
ロードワーク
ダッシュ
縄跳び
シャドー
・・
ボクサーのトレーニングそのままだった。
ウエイトトレーニングは
「スピードが鈍る」
と理由で一切禁止された。
このトレーニングと道場稽古を平行して行った。
13年間廣重師範の指導だけでやってきた。
それから1歩離れ自分なりの方法でニュー八巻を生み出そうと考えた。
とりあえず目標は6月の第10回ウエイト制大会だった。

 (1977750)

出典 diamond.jp
142 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

その肉体、その身体能力、その空手は圧倒的。極真空手の全日本大会と世界大会で優勝。100人組手という荒行も達成した。しかしその格闘技を始めたきっかけは、兄がふざけて入れた剃り込み、そしてイジメに対する報復だった。
RAOH | 12,619 view
角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 4,600 view
ピーター・アーツ 20世紀最後の暴君の戦記

ピーター・アーツ 20世紀最後の暴君の戦記

初期のK-1で、まさに暴れ回っていたピーター・アーツは、まだ専門学校生。まさに「怪童」でした。以後、毎年、年末に行われていたK-1グランプリで2連覇を含めて3度優勝。40歳を超えてもリングに上がり続け、本当に多くのファイターと戦い、名勝負、名KOシーンを創出し、6度もK-1グランプリのファイナリスト(決勝戦進出)となりました。その飽くなき闘争心で、総合格闘技戦も行っています。2013年には、そのインタービュー記事が巨大な広告となって渋谷駅に掲出されました。
RAOH | 13,554 view
芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

その強さは、猛者ぞろいだった初期の極真空手の中でも飛び出た存在。 真正面から打ち合うのではなく、一歩後ろ、一歩サイド、相手の技が届かないところから、いかに自分の技を届かせるかという空手。 そして決して負けることを許さない強烈な闘争本能。 道場の外でもヤクザ相手のストリートファイトや道場破りで名を売り恐れられた。 陰湿なこと、卑怯なことを嫌い、そのために多くの戦いを挑んだが、その中には師:大山倍達さえいた。
RAOH | 29,269 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 23,681 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト