【勝手にヒストリー動画】スキーの冬CMが風物詩だったアルペン!現在はアウトドア用品を主戦場に!!
2021年4月16日 更新

【勝手にヒストリー動画】スキーの冬CMが風物詩だったアルペン!現在はアウトドア用品を主戦場に!!

80年代から90年代にかけてのスキーブームにおいて、テレビCMや三角形のとがった看板が印象的だった「アルペン」の今昔についてまとめてみたいと思います。

1,313 view
広瀬香美の楽曲を長年使用していたことにより「アルペン=広瀬香美」というイメージを持つ方も多いかと思いますが、広瀬以外のアーティストも積極的に起用しています。90年代には、鈴木あみのシングル「all night long」「white key」や小柳ゆき「あなたのキスを数えましょう」を、スノーボードのブランド「kissmark」のCMソングとして起用し、当時のスノーボードブームの流れに乗りいずれの楽曲もヒットに導いています。
 (2245898)

鈴木あみ「all night long」

”ゲレンデがとけるほど恋”ができたスキー場

アルペンのCMソングを中心に、冬のヒットソングが多数生まれた90年代。その一方で、スキーを題材とした映画も多数制作されました。その口火を切ったのは、1987年に公開された映画「私をスキーに連れてって」。主演の原田知世と三上博史が描く恋愛模様は、当時の女性たちの憧れの的となり、挿入歌に採用された松任谷由実「恋人がサンタクロース」は、スキー場での定番曲として広く浸透しました。
 (2245900)

そして、バブル景気とともにスキーブームが加速していった90年代初頭になると、スキー場が舞台の映画が続々と公開されるようになります。1991年にはスキー版“イージーライダー”とも呼ばれる風間トオル主演の「雪のコンチェルト」、1995年にはウィンタースポーツを通じて男女の恋愛・友情を描いた「ゲレンデがとけるほど恋したい」がそれぞれ公開。特に「ゲレンデがとけるほど恋したい」は、広瀬香美の同名曲を大ヒットに導いたほか、主演の大沢たかおと広瀬が結婚するきっかけにもなりました。
 (2245902)

上述のような映画作品の後押しもあり、90年代の冬においてはカップルや家族、友人グループでスキー場へ出かけるのが一般的な光景となっていました。当時、夜行列車や深夜バスを活用してスキー場まで移動するグループもよく見かけましたよね。
 (2245323)

映画パンフレット「ゲレンデがとけるほど恋したい。」

スキーブームの終焉

このように、90年代半ば頃まではスキーをテーマとした映画が多数制作され、それに合わせてスキー人口も1993年には1860万人に到達するほどにまで成長を遂げたのですが、90年代後半になると、バブル崩壊によるリゾート産業自体の需要低下や、暖冬による雪不足などが原因でスキー人口が急速に減少。2002年には800万人を割り込むなど、ピーク時の3分の1程度まで落ち込むこととなります。
 (2247459)

スキー人口の減少に加え、スキー板の輸入関税撤廃の影響もあり、「ハガスキー」「カザマスキー」といった国内メーカーが倒産。そして1997年にはヤマハが、1998年にはNISIZAWA(ニシザワ)がスキー事業からの撤退を表明しました。なお1998年は長野オリンピックが開催された年であり、日本勢が金メダルを5個獲得するなどの活躍を見せ、スノーボードの人気が高まるなど好材料の揃った年だったのですが、スキー人口自体の減少を抑えることは出来ませんでした。
 (2247456)

男子スピードスケート500mで金メダルを獲得した、清水宏保。
スキーブームが終焉に向かっていた90年代ですが、バブル期に計画されたリゾート施設がバブル崩壊後に建設完了となるケースが散見されました。例えば、1993年には千葉県船橋市に世界最大の屋内スキー場である「ららぽーとスキードームザウス(通称:ザウス)」がオープン。オープン当初はスキーブームのピークであったため客足は好調であったものの、その後のブーム終焉により経営は悪化。結局2002年に営業を終了し、現在は解体されています。
 (2247458)

「ザウス」の建物全景。

ピンチをチャンスに変えたアルペン

このように、21世紀に入る頃には急速に収束へと向かったスキーブーム。その影響を受けたのは、アルペンも同様でした。初代・水野泰三社長は、ウィンタースポーツという自社の得意分野に囚われない市場開拓を目指し、1997年には自社ブランド「kissmark(キスマーク)」にてスノーボード用品、ゴルフ用品、一般アパレルなどを展開。さらに2006年には、自社ブランド「IGNIO(イグニオ)」にてサッカー、野球などを含めたあらゆるスポーツ用品を展開しています。そしてウィンタースポーツにこだわらないその方針は、2代目・水野敦之社長の下でも踏襲されています。
 (2246613)

2代目・水野敦之社長
店舗に関しても、ウィンタースポーツ関連を扱う「アルペン」は大胆に減らし、それに代わる形でゴルフ専門店である「GOLF5」やスポーツ用品全般を取り扱う「スポーツデポ」などを多数出店しています。これにより「スキーと言えばアルペン」というかつてのイメージからの脱却を図ることに成功しました。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

数々のアイドルを輩出したティーン向け雑誌「セブンティーン」が月刊発行を終了することが明らかに。

数々のアイドルを輩出したティーン向け雑誌「セブンティーン」が月刊発行を終了することが明らかに。

集英社が発行する女子中高生向け雑誌「セブンティーン(Seventeen)」がこのたび、月刊誌としての発行を終了することが明らかとなりました。
隣人速報 | 27 view
今見ると恥ずかしくなる90年代のスキーウェア【欲ばりなボクたちのストレッチスーツ】

今見ると恥ずかしくなる90年代のスキーウェア【欲ばりなボクたちのストレッチスーツ】

もうすぐ、スキーシーズンですね。90年代のスキー流行した時代のスキーウェアを覚えていますか?今見るとニヤッとしてしまうファッションを振り返ってみましょう。
M.E. | 158,796 view
「私をスキーに連れてって」に端を発した80年代~90年代前半にかけての一大ブームを振り返る。

「私をスキーに連れてって」に端を発した80年代~90年代前半にかけての一大ブームを振り返る。

学生時代に友人や恋人、仲間たちとスキー場に行くことはとても楽しかったものです。今年は誰と何回スキーに行けるか、なんてよく数えたりしませんでしたか?スキー用品を買出しに繰り出すこと、スキー場への移動中、どれもがテンションの高い楽しい想い出。そんな「スキーブーム」について振り返ります。
青春の握り拳 | 32,671 view
牧瀬里穂(49)、アラフィフにはとても見えない「ミニスカワンピ姿」を公開!!

牧瀬里穂(49)、アラフィフにはとても見えない「ミニスカワンピ姿」を公開!!

女優・牧瀬里穂(49)がこのたび、自身のインスタグラムにてミニスカートのワンピース姿を披露し、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 4,038 view
酒井法子(50)、6月15日発売の「FLASH」で奇跡の“アラフィフ”セクシーグラビアを披露!!

酒井法子(50)、6月15日発売の「FLASH」で奇跡の“アラフィフ”セクシーグラビアを披露!!

女優・歌手の酒井法子(50)がこのたび、6月15日発売の週刊誌「FLASH」にて実に6年ぶりとなるセクシーグラビアを披露しました。
隣人速報 | 48,426 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト