YO-KINGの前向き志向全開な高校野球定番曲『どか~ん』
2017年9月18日 更新

YO-KINGの前向き志向全開な高校野球定番曲『どか~ん』

真心ブラザーズ4枚目のシングル『どか~ん』。かつては『ニュースステーション』のワンコーナー『プロ野球1分勝負』のテーマ曲として知られ、今でも高校野球の応援歌としてお馴染みの同曲の歌詞を紐解くと、YO-KINGの底抜けなポジティブ志向とその奥に潜む「楽しく生きる覚悟」を垣間見ることができます。

575 view
真心ブラザーズのファーストアルバム『ねじれの位置』。その記念すべき一曲目に抜擢されているのが『どか~ん』です。「どかーんと景気よく やってみよーおーよー♪」という前奏なしの歌い出しから始まる同曲は、ビートルズにおける『I Saw Her Standing There』、サザンオールスターズにおける『勝手にシンドバッド』のような、デビュー直後の溌剌としたエネルギーを制御不能にぶちまけているかのようで、インパクト絶大です。
ねじれの位置(真心ブラザーズ)

ねじれの位置(真心ブラザーズ)

1990年3月1日リリース

夏の甲子園における応援歌としてもお馴染み

『どか~ん』がシングルカットされた際の、オリコン週間ランキング最高位は57位。決して、大ヒットの部類に入る曲ではありません。にも関わらず、この楽曲が広く知れ渡っているのは、夏の甲子園における応援歌として、アルプススタンドから吹奏楽部が演奏し続けていることも関係しているのでしょう。
実際、2016年に開催された第99回全国高校野球選手権大会で応援歌として使用した学校の数は6校。あまちゃんの主題歌・コンバットマーチと並ぶ20位の成績です。27年も前に発表された曲ということを考慮にいれれば、なかなかすごいことだと言えるのではないでしょうか。

日大三「どか~ん」 (甲子園版)

『ニュースステーション』のワンコーナー『プロ野球1分勝負』でも流れていた

『どか~ん』が甲子園の定番曲になったのは、おそらく、テレビ朝日系でかつて放送されていた報道番組『ニュースステーション』のワンコーナー『プロ野球1分勝負』に使われていたことも関係しているはずです。当日行われたプロ野球の試合をダイジェストでテンポよく紹介していくこのコーナーと、始まりから終わりまで、ずっとノリノリな同曲の相性はバツグン。全国区の有名ニュース番組で長らく流れ続けていたからこそ、「どか~ん=野球」のイメージが付いたのだと思われます。
ニュースステーション テレカ

ニュースステーション テレカ

桜井秀俊は「最高のポジティブ・ソング」と絶賛

そんなアゲアゲな同曲の歌詞は、やはりポジポジ。メンバーの桜井秀俊は「YO-KINGという大天才が書いた日本の国民的ソング」「自分の相棒が作った曲ながら、いまだこれを超えるポジティブ・ソングを聴いたことはありません」とインタビューで絶賛しています。
どかーんと景気よく やってみよーおーよー♪
どかーんと元気よく やってみよーおーよー♪
出典 「どか~ん」歌詞より
このような激励が飛ぶ『どか〜ん』は、たしかに超前向き思考な歌です。しかし、その中には、YO-KINGが込めた深い覚悟の念を読み取ることもできます。

YO-KING曰く、楽しく生きるにも覚悟が必要

「社会って厳しいって言うけど、甘いっちゃ甘いよね。甘くて楽しい。だから、社会を怖がらなくていいってことを僕は皆さんに言いたいんです。ただ、楽しい社会人になるにはそれなりの心構えってものがあります。まず、夢はなくてもいいけど、覇気がないのはよくないと思う。それから、覚悟ね。卒業して社会人として楽しく生きるという覚悟。覚悟がないと、仕事をしていてもなんかつらい方ばかりにフォーカスが合っちゃうからね。社会人の誓いとして、楽しく生きる覚悟を持つ。ブレずに。で、折にふれてその誓いを思い返せばいいんじゃない? うん。」
出典 リクナビ 就活ジャーナル インタビューより
これは、リクナビの就活ジャーナルでYO-KINGが答えていたインタビューの一部抜粋です。楽しく生きるという覚悟…。何とも深い言葉ではないでしょうか。
YO-KINGは日常生活で感じたことを、そのまま歌詞にするタイプのミュージシャンです。そのため「どかーんと景気よく やってみよう」という歌詞も、当時デビューしたばかりだった自分たちの覚悟を歌ったとも捉えられます。アーティストとして景気よく、元気よく仕事をしていくという覚悟を。
デビュー当時の2人

デビュー当時の2人

過去には「名盤と呼ばれるものを作らなくてもいい」と発言

「多くの人に評価されて名盤と呼ばれるものを作らなくてもいいじゃないか、みたいな気持ちがどっかにあるんでしょうね。一部のファンの人とかと、僕の趣味的な部分というか、価値観を共有できればいいかなと思っているので」
出典 雑誌「パチパチ」1998年12月号に掲載されたインタビューより
こちらは、雑誌「パチパチ」1998年12月号に掲載されたインタビューの抜粋。YO-KINGは良い意味で自分に対して諦念があり、必要上に自分に期待をかけない人なのでしょう。

明石家さんまの名言で「俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。過大評価しているからうまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん。」というのがありますが、先述したYO-KINGの言葉にはそれに通ずる精神性を感じます。
過大評価するからこそ、深く落ち込む。落ち込むのが嫌だから、身の丈以上の挑戦をしなくなる。結果、小さくまとまった人間になる…。そんな人がこの世の中にどれだけ多くいることでしょうか。

YO-KINGのいう「楽しく生きる覚悟」とは、冗長な言い方をすると、名盤をつくろう、歴史に名を残すアーティストになろうなどと大きく見積もらず、等身大の実力を受け入れたうえで楽しくベストを尽くす覚悟、と解釈することもできます。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「美少女戦士セーラームーン」とプリンセスがテーマの 「プリンセスワンスプーン」が初コラボ!

「美少女戦士セーラームーン」とプリンセスがテーマの 「プリンセスワンスプーン」が初コラボ!

25周年を迎えている国民的少女漫画「美少女戦士セーラームーン」と原宿のコンセプトショップ「プリンセスワンスプーン」が初のコラボを果たした。12月26日から非日常を味わえるお城の様な空間の「プリンセスワンスプーン東京」で発売が開始される。
【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをイントロクイズにしました。音声を聴かずに答えてもOK!
【米米CLUB】の「浪漫飛行」には2種類のシングルがあったの?確認してみましょう!!

【米米CLUB】の「浪漫飛行」には2種類のシングルがあったの?確認してみましょう!!

【米米CLUB】で2番目に売れたシングル「浪漫飛行」。我々の世代なら誰でも知ってるこの曲は、シングルが2種類あった様子・・・ 何が違っていたのか、さっそく確認してみましょう(^^)/
つきねこ | 1,154 view
サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

サッカー『サウジアラビア代表』5人抜きをした砂漠のマラドーナや砂漠のペレなど実は名選手が多いW杯常連国!

アジアのサッカー強豪国・サウジアラビア。1994年のワールドカップ。アメリカ大会では5人抜きのゴールをした「砂漠のマラドーナ」ことサイード・アル=オワイランなど突出した選手がいました。サウジアラビアのワールドカップ挑戦の歴史や勝敗を記事にします。
ひで語録 | 724 view
【ヴァニラ・アイス】1990年にリリースされた「Ice Ice Baby」がスマッシュヒット!!

【ヴァニラ・アイス】1990年にリリースされた「Ice Ice Baby」がスマッシュヒット!!

最近めっきり聞かなくなった【ヴァニラ・アイス】は一体どうしているのでしょうか?1990年にスマッシュヒットした「Ice Ice Baby」と共に振り返ってみたいと思います(^^)/
つきねこ | 401 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト