二軍の帝王・大森剛!二軍で本塁打王3度!日本シリーズでは活躍も!
2016年11月25日 更新

二軍の帝王・大森剛!二軍で本塁打王3度!日本シリーズでは活躍も!

1989年のドラフトで巨人から1位指名を受けた大森剛。入団後は「二軍の帝王」と呼ばれる程に、二軍での活躍が目立ったが、1996年の日本シリーズでは2本のホームランを放ち、存在感をみせた。近鉄時代や引退後のスカウトでの働きも追う!

12,833 view

90年代の10年間に現役だった大森剛!

おおもり たけし、1967年8月4日 - )は、奈良県出身の元プロ野球選手(一塁手、外野手)。
現読売ジャイアンツ育成部ディレクター。内野手登録で主に一塁手を務めたが、外野手として試合に出場したこともあった。
娘はAKB48の大森美優。
巨人時代の大森剛

巨人時代の大森剛

188cmの大柄なバッターだった!
高松商業-慶應大-読売ジャイアンツ-大阪近鉄バファローズ
慶應義塾大学3年時に六大學で三冠王

1989年 ドラフト1位でプロ入り(同期に吉岡雄二がいる)
1992年、96年 イースタンリーグ二冠王(本塁打・打点)
1996年 日本シリーズでホームランを放つ
1998年 移籍
1999年 引退

慶應大学の四番打者・大森剛

慶應義塾大学商学部へ進学し、2年生の春から4番打者として東京六大学、全日本大学選手権で優勝。
3年生春の東京六大学野球では、打率.500、6本塁打、16打点でリーグ史上6人目の三冠王を獲得。
リーグ通算88試合に出場し312打数111安打、17本塁打、78打点、打率.356。ベストナインに3度選ばれた。

1988年にはソウルオリンピック野球日本代表として出場。選手19人のうち大学生は野村謙二郎(駒澤大)・笘篠賢治(中央大)・大森の3名だった。
慶應大学時代

慶應大学時代

1988年ソウルオリンピック集合写真

1988年ソウルオリンピック集合写真

決勝はアメリカ。隻腕の投手アボットから先制点を奪うも、逆転負けだった。
5-3で敗戦し、銀メダル。

元木大介と争った巨人のドラフト1位

当時の正力オーナーをはじめとして「慶応閥」を形成していた巨人。
当然、大森が六大学3冠王を獲った時点で指名の確約をしていた。しかし、4年では全く活躍できず、巨人スカウトからは「大森は守れないし、1位で獲る逸材ではない。」との評価になったため、ドラフト1位指名が元木、2位が大森で89年のドラフト戦略は決定的となった。

ところが、「高校生(つまり元木)の下はイヤだ。巨人の1位指名じゃないとプロへは行かない。」と、発言。
これで巨人フロントは大森を1位指名せざるを得なくなり、結果として福岡ダイエーホークスに1位指名された元木は浪人することとなった。
1989年ドラフトで1位指名されず、ハワイに野球留学し...

1989年ドラフトで1位指名されず、ハワイに野球留学した本木大介

翌1990年のドラフトで巨人から「1年遅れ」でドラフト1位指名され、巨人に入団。

1990年、開幕戦のプロ初打席!

プロ入団した年のオープン戦ではそこそこ活躍。開幕一軍を手にした。
そして、迎えた開幕戦。篠塚の疑惑のホームランで同点に追いついた後の9回2死2塁。大森の出番がやってきた。

同じく背番号「24」を背負い、解説者デビューとなった中畑氏は「打席での雰囲気が違う、これは将来大物になりますよ。」キヨシの解説が後押ししたのか、大森のバットは快音を残し左中間へ。
誰もがサヨナラだ!と思った瞬間、栗山(解説者)が超ファインプレーでこれをダイレクトキャッチ。鮮烈デビューは夢に終わった。

栗山本人がプロ選手生活で最高のプレーと言うように凄まじいファインプレーであった。

1990年オープン戦 ヤクルトー巨人(クロマティ 原 岡崎 駒田 大森 篠塚) - YouTube

オープン戦のヤクルト戦、7回表大森が代打で登場!

8:32~ 大森の打席 センター前ヒットを放ち、1打点を記録。

伸び悩むも、二軍では帝王と呼ばれる大活躍!

大森は身長188cmと大柄ながら駒田徳広のような中距離打者を理想としていたが、ホームランバッターとして取った藤田元司監督の期待に応えようとするうちに本来の打撃スタイルを見失い、結果を残すことができずにいた。
この頃他球団なら出場機会があるのではないかと言われたこともあったが、代打の切り札でもいいから巨人で必要とされたいと考えていたという。
巨人・藤田元司監督

巨人・藤田元司監督

大森と言えば二軍の帝王、二軍の帝王と言えば大森である。

イースタン・リーグでは、本塁打王を3回、打点王を2回獲得。
1992年に放った27本塁打は、2009年に中田翔が抜くまでずっとイ・リーグ記録であった。通算二軍本塁打数120本は歴代3位の記録であり、まさに二軍の歴史に名を残す名選手である。

1990年~1996年の二軍成績

年 試 打 安 打率 本 点
90 21 81- 26 .321 9 22
91 38 136- 34 .250 6 18
92 81 308- 98 .318 27 69
93 92 324- 94 .290 18 57
94 91 328- 94 .287 16 53
95 72 226- 64 .283 10 42
96 83 270- 87 .322 25 63
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

プロ野球!実は「名球会入りしてない」選手特集!200勝、2千本安打の壁に阻まれた男達

プロ野球!実は「名球会入りしてない」選手特集!200勝、2千本安打の壁に阻まれた男達

「名球会」。プロ野球で超一流の選手のみが入会を許される団体ですね。非常に厳しい条件をクリアした選手に与えられる、ある意味で最高の名誉とも言える名球会入り。惜しくも名球会入りを逃した往年の名選手を特集します!
ひで語録 | 169,860 view
90年代巨人正捕手・チュウこと村田真一!死球や10.8の活躍が思い出深いですね!

90年代巨人正捕手・チュウこと村田真一!死球や10.8の活躍が思い出深いですね!

藤田、長嶋両監督の元で捕手を務めた村田真一。勝負強いバッティングも魅力でした。彼の男気溢れる現役時代を振り返ります。
ひで語録 | 5,306 view
背番号1/2 「アニメ・ミラクルジャイアンツ童夢くん」 落合等実在の選手が登場し、数々の魔球も飛び出す小学生ピッチャーの物語です!

背番号1/2 「アニメ・ミラクルジャイアンツ童夢くん」 落合等実在の選手が登場し、数々の魔球も飛び出す小学生ピッチャーの物語です!

1988年連載開始、翌1989年からテレビアニメとして放送が開始された「ミラクルジャイアンツ童夢くん」。当時の野球離れを危惧して製作された本作。次々と編み出される魔球が面白くて見入ってしまった野球アニメです。
ひで語録 | 10,778 view
【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

【デーブ大久保】がホームランを打つと必ず勝つという「不敗神話」があった!

1992年にトレードで西武から巨人に移籍したデーブ大久保さん。その時「大久保が打てば負けない」という「不敗神話」があったといいます。一体どんな内容だったのでしょうか?さっそく振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 888 view
ズームイン朝の「プロ野球いれコミ情報」で活躍したイレコミ君の巨人版が復刻!!

ズームイン朝の「プロ野球いれコミ情報」で活躍したイレコミ君の巨人版が復刻!!

読売巨人軍は、表情を自由自在に変化させることのできる人形「プロ野球人形 イレコミ君」の復刻版「プロ野球人形 イレコミ君 読売ジャイアンツ」の発売を決定しました。
隣人速報 | 536 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト