Van Halenのアルバム『5150』を振り返る
2017年5月19日 更新

Van Halenのアルバム『5150』を振り返る

この記事では、歴史の長いVan Halenのアルバム『5150』に焦点を当てて書きたいと思います。

1,343 view

Van Halenとは

いわずもがなですが、ハードロックの王様です。
まさにモンスターバンド。
メンバー、特にボーカルの変更はありましたが、エドワード・ヴァン・ヘイレン 、アレックス・ヴァン・ヘイレンの兄弟は健在で、今はエディの長男ウォルフガング・ヴァン・ヘイレン がベースとして加入するに至っています。
そんなヴァン・ヘイレンですが、ここではボーカルがサミー・ヘイガーだった頃の5150に焦点を当ててみたいと思います。

5150

5150

5150

1 Good Enough
2 Why Can't This Be Love
3 Get Up
4 Dreams
5 Summer Nights
6 Best Of Both Worlds
7 Love Walks In
8 "5150"
9 Inside
1986年3月にリリースされたヴァン・ヘイレンにとっては7枚目のアルバム。
デイヴィッド・リー・ロス脱退後、サミー・ヘイガーが迎えた初のアルバムになります。
このアルバムは全米最高1位を記録しシングルの「Why Can't This Be Love」がトップ3に入る程ヒットしました。
私が聴いていたのは中学・高校の頃です。
兄の影響を受けて聴いていたのですが、今でも聴いてるくらい、名曲が入っています。

Good Enough

子気味よいイントロから始まる最初の曲に相応しいGood Enough
元気が出ますね(^^)/

Why Can't This Be Love

Van halen - Why can't this be love (Music Video)

この「Why Can't This Be Love」5150だけに留まらず、ヴァン・ヘイレンの歴史の中でも名曲中の名曲です。
バラードではありませんが、独特のゆったりした曲調で、感動ものです。
僕はこの曲に出会えたことを、本当に嬉しく思っています。

Get Up

この曲もいいですよね。
サミーの元気とヴァン・ヘイレンの明るさが溶け合った良い曲だと思います。

Dreams

Van Halen - Dreams (Official Video)

この曲もほんとに名曲ですねぇ 明るくてノリがよくて、ほんと最高ですわ
特にエディのソロで短いですが綺麗なライトハンドが入ります。
それがまた最高なんですよねぇ 今でもアガります(笑)

Summer Nights

まさに夏の曲!!
夏の夜にテキーラでも飲みながら聴きたい曲です(^^)/
美味そ~!

Best Of Both Worlds

なかなか壮大な世界観のある曲で、曲調をそれを感じさせるものになっています。
隠れた名曲とでもいうのでしょうか(^^)/

Love Walks In

Van Halen - Love Walks In (Official Music Video)

この「Love Walks In」のイントロは、優しくも温かい感じでゆったりと始まります。
全体としてゆったりとした曲調ですが、とても聴きやすく馴染みやすい曲でした。
高校の頃にコピーバンドを組んでいたのですが、高1の時のこの曲を学校のライブでやったことは一生忘れないと思います。
個人的にとても思い入れの深い曲です(^^)/

"5150"

アルバムのタイトルにもなっているこの曲。
しかし、う~ん・・・どうでしょう(笑) 個人的にはあんまりだったのですが・・・(笑)

ちなみに読み方なんですが、5150(ファイブ・ワン・ファイブ・オー)です。
意味は「重大犯罪を犯しそうな悪人」を指すロサンゼルス警察の暗号で、「極悪人」「札付きのワル」の隠語なんですねぇ

Inside

5150のエンディングのこのInsideになります。
あまり聴きませんでしたが、5150のアルバムに相応しい曲だったことを覚えています。
Van Halen ライブ映像

Van Halen ライブ映像

5150を振り返ってみて

とにかく我が青春のアルバムですねぇ
この頃のVan Halenが僕にとってのVan Halenでして、ボーカルはやっぱりサミー・ヘイガーが最高だったと思うんですよね。
Van Halen自体も多くのファンも、Van Halenのボーカルはやっぱりデイヴィッド・リー・ロスという人が多いと思うのですが、僕にとっては絶対サミー・ヘイガーなんですよねぇ
やっぱり青春期に聴いていたことって大きいですよね。
またVan Halenについては、別の角度からでも書いてみたいと思います(^^)/
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

2018年ロシアワールドカップに出場したレヴァンドフスキ擁するポーランド代表。70~80年代のワールドカップで3位に輝き黄金期を迎えていました。当時はラトーら得点源となるFWがいました。ワールドカップでの成績とレヴァンドフスキをも凌駕する選手を特集。
ひで語録 | 253 view
著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。
『素晴らしいアイデア 小西康陽の仕事1986-2018』発売!1986年の作品「黒い十人の女」など多数収録!

『素晴らしいアイデア 小西康陽の仕事1986-2018』発売!1986年の作品「黒い十人の女」など多数収録!

小西康陽ワークスをまとめたCD-BOX『素晴らしいアイデア 小西康陽の仕事1986-2018』が発売された。1986年に発表されたソニーミュージックでの最初の作品や他アーティストに提供した作品などをコンパイル。小西康陽監修の最新リマスター音源が収録。
【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
初代ドラクエの発売日【5月27日】を「ドラゴンクエストの日」にしようとする動きが!そして認定へ・・・!!

初代ドラクエの発売日【5月27日】を「ドラゴンクエストの日」にしようとする動きが!そして認定へ・・・!!

全てのドラクエファンにとっての祝日が誕生!1986年に発売された「初代ドラゴンクエスト」の発売日である5月27日が、日本記念日協会によって「ドラゴンクエストの日」として認定されたことがドラゴンクエスト宣伝担当のツイッターにより明らかとなりました。
隣人速報 | 527 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト