RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(5)
2017年8月23日 更新

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(5)

さて今回はグリプス戦役の時期に「Zガンダム」の登場まで主役機として活躍したRXの型式番号を持つ機体やガンダムの名を遺した機体、「RX-178」系統にに基づく機体を中心に紹介させていただきます。

27,333 view
ゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオンの系譜」に出てくる機体です。他にも登場している作品もあったような気がします。
コストを考えずに贅沢に開発されたため、かなりお高いお値段だったようですよ。
頭部のセンサーやシールドの形状はガンダム試作1号機にそっくりなのでAE社が関わっていると考えられているようですね。
パイロットをムラサメ研究所から連れてきているという事は普通の人間では扱いきれない高性能機?だったんじゃないでしょうか・・・

RX-178B

ガンダムMk-II B

ガンダムMk-II B

Overall Height:18.5 m
Weight:78.6 t
Standard Armaments
2 x Beam Saber
2 x Beam Rifle Mk-II
-2 x Beam Saber
2 x Movable Shield
Optional Armaments
Fixed
Vulcan Pod
Handheld
Shield
Hyper Bazooka
Beam Rifle
漫画『機動戦士ガンダム ジオンの再興』に登場。
ガンダムMk-IIの陸戦型。陸上戦闘では不要となるスラスターが除去されている。主に指揮官やエースパイロットに配備された。PCゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』では、宇宙世紀0089年に地球連邦軍のパイロット、ゲーリー中尉の愛機として登場した。
ガンダムMk-IIの陸戦型です。ゲームでの設定機体ですがそもそもMK-Ⅱが息の長い機体だった証拠だと思います。それだけファンが多い機体なんでしょう。

開発コードε(イプシロン)

エプシィガンダム

エプシィガンダム

頭頂高 22.0m
全長 32.2m
本体重量 125.0t
全備重量 155.0t
装甲材質 ガンダリウムエプシロンあるいはガンダリウムγ
出力 3,340kw
推力 155,500kg(総推力)
センサー
有効半径 27,600m
武装 105mmペンシルロック×4
固定式ビームライフル×2
クレイバズーカ×2
ビームサーベル×?
88mmマシンガン×2(オプション)
この機体はMSサイズの核パルス推進機「システム・ブラッサム(ブロッサム)」を搭載している。また、もうひとつの特徴として、この機体には新素材ガンダリウムエプシロンを使用していた事が挙げられ、それが名前の由来ともなっている。
百式とは関係が深く、ブロッサムを除いた本体が別チームに回されデルタ・ガンダム(百式)になったとされている(「MISSION ΖΖ」の記述)。
初めてのお目見えは多分、Zガンダムの原作小説の表紙に頭の部分のみがイラストで描かれていたのがそうだと聞いています。僕も「なんだろ~?MK-Ⅱでもないし・・・」とふと思ったくらいでたいして気にもとめていなかったのですが・・・
元々は「Zガンダム」の規格途中でボツになった機体だったのですが、ムック「機動戦士Ζガンダム完全収録」には記述があり、その後ムック「MISSION ΖΖ」雑誌企画『TYRANT SWORD Of NEOFALIA』モデルグラフィックス別冊「GUNDAM WARS PROJECT Ζ」などで追加設定されているようです。ただあくまでも模型としての独自設定のようですね。

今回のまとめ

今回は少しマニアックな機体も紹介させて頂きました。
さて、次回はいよいよZガンダム(Zプロジェクト)を中心に書いてみます。ただこの計画がややこしい部分が多くてうまく系統立てて書けないかもしれませんが、頑張って書きますので、興味のある方は是非お楽しみに!
56 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(6)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(6)

さてこれからご紹介させて頂くのは「Zプロジェクト(Z計画)」に基ずく機体たちなのですが、この計画そのものがどうも曖昧な部分が多く、どこから書き始めようかものすごく悩んでいました。只、どうも素材としての「ガンダリウム合金」が深く関わっているようです。宇宙世紀の歴史上ではグリプス戦役前後ということなのだと思います。
yakushakowai | 12,408 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(13)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(13)

前回、前々回は「ガンダム・センチネル」「逆襲のシャア」で使用されたMSをご紹介させていただきましたが、書ききれない機体が多く、特にリ・カズィだけでもヴァージョンが多すぎて一度にご紹介できないと思い、わざとはずしていました。しかし、Zガンダムの直系の後継機種でもあり、可能な限り、ご紹介させて頂こうと思い直した次第です。
yakushakowai | 25,427 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(7)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(7)

さて今回は前回からの続きで「Z計画」における変形機能を持つMSが現れてくる状況ににいたるまでの経緯を追ってみましょう。Zガンダムでこの計画が終わったかと言えばそうではなかったと思われます。事実RXナンバーは少しもじって使われている機体もあるぐらいですし…書いていて何時しかタイトルの趣旨とはかけ離れた文章もかなり出てきますがその辺は大目に見てやって下さい。
yakushakowai | 18,271 view
機動戦士Zガンダム(グリプス戦役)のモビルスーツたち

機動戦士Zガンダム(グリプス戦役)のモビルスーツたち

今回はTVアニメおよび劇場版『機動戦士Ζガンダム』に登場した機体を可能な限り御紹介したいと思います。間違い等お気づきの点あればコメくだされば幸いです。やはりかなり長くなると思いますのでお好きな方、時間に余裕のある方読んでみてください。
yakushakowai | 123,993 view
『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 17,220 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト