RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(13)
2018年1月25日 更新

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(13)

前回、前々回は「ガンダム・センチネル」「逆襲のシャア」で使用されたMSをご紹介させていただきましたが、書ききれない機体が多く、特にリ・カズィだけでもヴァージョンが多すぎて一度にご紹介できないと思い、わざとはずしていました。しかし、Zガンダムの直系の後継機種でもあり、可能な限り、ご紹介させて頂こうと思い直した次第です。

16,132 view

はじめに

今回は前回、前々回で置き残したものを拾い上げてみようと思きます。機体名にガンダムの名がついていなくとも明らかに後継機種と判断できるもので記事を構成しようと思いますが、途中、年代が前後してしまうかもしれません。その辺はご勘弁願いたいと思います。

逆襲のシャア、CCA-MSVより

RGZ-91

リ・ガズィ

リ・ガズィ

頭頂高 20.5m
本体重量 24.7t
全備重量 55.2t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 2,550kw
推力 14,200kg×2(バックパック)
11,000kg×4(腰部)
8,600kg×2(脚部)
(総推力)89,600kg
センサー
有効半径 18,900m
武装 ビーム・ライフル(出力3.8MW)
ビーム・サーベル(出力0.7MW)
2連装グレネードランチャー×2
バルカン砲×2
ハンドグレネード×2
バック・ウェポン・システム (BWS)
大口径ビーム・キャノン
ビーム・キャノン×2
ハンドグレネード×3
その他 姿勢制御バーニア×20
出典 機動戦士ガンダムMS大全集2015
「リ・ガズィ」とは「リファイン・ガンダム・ゼータ(Refined Gundam Zeta)」の略称 。
作中の軍事勢力の一つ「地球連邦軍」の試作機で、『機動戦士Ζガンダム』の後半主役機「Ζガンダム」の量産化を目指して開発された。Ζガンダムの欠点である高価で複雑な変形機構を排し、代わりに機首と主翼を備えた大型バックパックを背負うことで航空機形態となるのが特徴。ただし、MS形態になるにはバックパックを排除する必要があるため、Ζガンダムと違って再び航空機となることはできない。
正式機体名からも判る通り、Zガンダムの派生機です。5thルナ落下時の攻防戦でギュネイ・ガスのヤクト・ドーガには優勢な戦いを進められていましたが、シャアのサザビー(コミック版ではナイチンゲール)相手では相手にもならず、シャアはファンネルすら使うことなく、「そんなもので!」と リ・ガズィを見下したセリフすら吐かれるなどアムロにとっては隕石落としを阻止することも出来ず、屈辱的な思いをする事となっていました。νガンダムが完成を見ないこの時点では、ロンド・ベルとネオ・ジオンの戦力差ははっきりとしていましたね。それでもZ plusの複雑な可変機能をオミットし生産性、整備性ともに向上させた量産化しやすい高性能機だったはずなんですが・・・

RGZ-91B

リ・ガズィ・カスタム

リ・ガズィ・カスタム

頭頂高 20.5m
本体重量 25.9t
全備重量 59.1t
装甲材質 ガンダリウム合金
出力 2,550kw
推力 99,000kg
センサー
有効半径 21,300m
武装 ビーム・アサルトライフル
ビーム・サーベル
2連装グレネードランチャー×2
バルカン砲×2
ハンドグレネード×2
バック・ウェポン・システム
大口径ビーム・キャノン
ハイパー・ビーム・サーベル兼ビーム・キャノン×2
3連ミサイルランチャー
リ・ガズィの発展型。頭部はV字型のアンテナを持つなどガンダムタイプに近く、リ・ガズィとνガンダムの中間に位置する機体と設定されている。完全な変形機構を持つ点が特徴。
出典 https://ja.wikipedia.org/
BWS(バック・ウェポンズ・システム)を小型化し背部に取り付けることによって可変機となりアムロ専用機として開発していた機体だったのですが、νガンダムが完成したことからお蔵入りになったようです。

リ・カズィのバリエーション

MSZ-007S

ゼータ・イージー

ゼータ・イージー

機動戦士ガンダム RETURN OF ZION版

機動戦士ガンダム RETURN OF ZION版

PC-98用ゲームで登場したヴァージョン
PC-98ゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』に登場。非可変の量産型Ζガンダムをベースにしたとされる機体。外観はリ・ガズィに似ているが、BWSなどは採用していない。生産数は少なく、一部の士官のみに供給されたという。
出典 https://ja.wikipedia.org/
徹底的に軽量化のため可能な限り装甲を削ることにより非変形機としては最高クラスの機動性を得たとされています。あとセンサー系の強化もされていて結果的に改修は成功しています。何故、少数しか生産さえなかったのが不思議なのですが、地上でも宇宙でも変形機能を持った機体の汎用性が勝っていると判断されたのかもしれませんね。

RGZ-91AO

リファインΖ改

リファインΖ改

PC-98ゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスドオペレーション』に登場。BWSとは違うタイプのバックパックが装備されており、簡易変形が可能である。MS本体の外観はリ・ガズィと大きな違いはない模様。コンセプト的にはRGZ-91Bと共通する部分が多い。

RGZ-91AO

65 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(14)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(14)

前回書ききれず、外してしまった機体をご紹介したいと思います。やはり「CCA-MSV」「ガンダム・センチネル」で設定されたものが中心となります。実機が製造されることなく設定のみの機体もあるのですが、ここら辺がMSVのすごいところで、ガンプラなどで再現されてしまうんですよね。
yakushakowai | 15,708 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(6)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(6)

さてこれからご紹介させて頂くのは「Zプロジェクト(Z計画)」に基ずく機体たちなのですが、この計画そのものがどうも曖昧な部分が多く、どこから書き始めようかものすごく悩んでいました。只、どうも素材としての「ガンダリウム合金」が深く関わっているようです。宇宙世紀の歴史上ではグリプス戦役前後ということなのだと思います。
yakushakowai | 9,708 view
RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(5)

RX系ガンダムの変遷と後継種ガンダムの発展を調べてみました。(5)

さて今回はグリプス戦役の時期に「Zガンダム」の登場まで主役機として活躍したRXの型式番号を持つ機体やガンダムの名を遺した機体、「RX-178」系統にに基づく機体を中心に紹介させていただきます。
yakushakowai | 20,658 view
『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

『ガンプラり歩き旅』その80 ~あり得たかもしれない「もう一つのZガンダム」旧1/144HGキット版完全紹介!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 7,775 view
モビルスーツ好きには、たまらない!!1989年頃発売のカードゲーム「SDガンダム 総出撃バトルロイヤル」!!

モビルスーツ好きには、たまらない!!1989年頃発売のカードゲーム「SDガンダム 総出撃バトルロイヤル」!!

1989年頃バンダイより発売された、カードゲーム「SDガンダム 総出撃バトルロイヤル」。モビルスーツによる戦闘が熱いです。しかも、登場モビルスーツのラインナップがなんか、すごいのです。「こんなモビルスーツあったのか!?」
よっちゃん | 2,706 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト