横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「悪魔が来りて笛を吹く(西田敏行)」「女王蜂(石坂浩二)」「悪霊島(鹿賀丈史)」
2016年2月14日 更新

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「悪魔が来りて笛を吹く(西田敏行)」「女王蜂(石坂浩二)」「悪霊島(鹿賀丈史)」

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画を3作品振り返ります。ヒロインを演じた斉藤とも子の母親とその兄の近親相姦がすべての問題であった「悪魔が来りて笛を吹く」ほか「女王蜂(石坂浩二)」「悪霊島(鹿賀丈史)」を振り返ってみましょう。ネタバレ注意です。オドロオドロしいグロ画像は、そんなにありません。

38,198 view

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年) 金田一耕助 - 西田敏行

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「悪魔が来りて笛...

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年1月20日に公開)

「悪魔が来りて笛を吹く」の原作のあらすじ

昭和22年(1947年)9月28日、金田一耕助の元を訪れたのは、この春、世間をにぎわした天銀堂事件の容疑を受け失踪し、4月14日、信州・霧ヶ峰でその遺体が発見された椿英輔・元子爵の娘、美禰子(みねこ)だった。

「父はこれ以上の屈辱、不名誉に耐えていくことは出来ないのだ。由緒ある椿の家名も、これが暴露されると、泥沼のなかへ落ちてしまう。ああ、悪魔が来りて笛を吹く。」
父が残した遺書を持参した美禰子は、母・秌子(あきこ、以下「秋子」)が父らしい人物を目撃したと怯えていることから、父が本当に生きているのかどうか、明晩、砂占いを行うことになったことを説明した後、金田一耕助にその砂占いへの同席を依頼する。

麻布六本木の椿家に出向いた金田一は家族とともに砂占いに同席するが、途中で停電が発生。その回復後に、家の中に椿子爵作曲になる異様な音階を持つ曲「悪魔が来りて笛を吹く」のフルート演奏が響く。これはレコードプレーヤーによる仕掛けだったが、その間に砂占いに出た火焔太鼓のような模様に、家族の一部の者は深刻な表情を見せる。美禰子はその絵が死んだ子爵の手帳に「悪魔の紋章」の名で描かれていたことを告げる。そしてその夜、椿子爵と思しき男が子爵のフルートを持って屋敷に出現。翌朝、椿邸に居候している玉虫公丸・元伯爵が何者かによって殺されているのが発見される。砂占いの所には、前夜と同じ悪魔の紋章が血で描かれていた。警察は庭から子爵のフルートケースを発見、その中には天銀堂事件で奪われた宝石が一つ入っていた。金田一は等々力警部から子爵を告発したのがタイプ打ちの匿名の手紙で、子爵の事情に詳しいものであったことを知る。子爵は天銀堂事件の後、宝石の換金について書生の三島に相談したとあり、三島はそれを認めた。家人の聞き取りを進めるうち、秋子の兄で、焼け出されて同居している新宮利彦が酒を飲んで乱入、背中にある「悪魔の紋章」そっくりの痣を見せる。

金田一たちは子爵についてより詳しい調査の必要を感じる。子爵を告発した手紙には、彼が事件前後に姿を消していたこと、帰ってくると宝石の換金について書生の三島と相談したという経緯が記されていた。警部は、子爵が長くその行き先を警察に言わなかったが追い詰められてそれを告げ、確認が取れたことで解放されたと説明した。さらに例の遺書が書かれたのが天銀堂事件容疑の逮捕前であったこと、子爵の自殺はその事件以外に理由があることがわかった。金田一は事件前後の子爵の行動には隠された意味があると判断し、若い出川刑事と共に西に向かった。まず、子爵が宿泊した神戸の旅館に入り、子爵がここに宿泊している間に深刻な事実を発見したと判断した。女将の話で、近くに玉虫伯爵の別荘跡があり、戦前には玉虫家の家族が何度も訪れ秋子もよく見かけたこと、また、手伝いに上がっていた娘・おこまがそこの誰かの種で妊娠し、植木屋と結婚させられて小夜と言う娘を産んだことを聞き取る。

翌日、金田一は子爵の行動をさらに追跡し、玉虫伯爵の別荘跡で子爵の手になる「悪魔ここに誕生す」という落書きを発見する。出川の方はおこまに関する情報を追い、その父・植辰が空襲で死んだことを知る。彼はなぜか「金づる」を持ち、植木屋をやめて仕事を転々としたあげくの死であった。それを聞いた女将から、彼の最後の妾はおたまと言い、おこまと他の妾に産ませた子・治雄だけが彼の生きた身寄りであることを聞き取る。出川はおたまの居場所を探るが、最近の仕事場を出奔したばかり。そこに先日、淡路の尼、妙海が来たことを聞き出す。金田一たちはその尼がおこまであり、子爵は彼女に会いに行ったと判断、翌日淡路に向かう。だが、妙海は前夜に殺されていた。彼らは住職から、小夜の父が新宮であることと小夜が自殺したこと、おこまが彼の死を予想したことを聞く。淡路から帰った2人は新宮が殺されたことを聞かされる。

金田一は単身東京に戻った。彼はそこで新宮が家族がみんな家を出た間に絞め殺されたことを聞き、しかも家族が家を出た用が全て新宮の企みであったことを見抜く。新宮は妹の秋子から金をせびるために家族を追い出したのだ。

金田一はこの事件と天銀堂事件の犯人について考え、モンタージュ写真で引っかかったくらい天銀堂事件の犯人と子爵は似ていたはず、今回の犯人は天銀堂事件の犯人を手下にしていたと判断。そして、天銀堂事件の犯人は惨殺死体で発見された。同日、金田一が磯川警部に調査依頼した返事があり、書生の三島は正体不明の別人であることが判明する。さらに、出川刑事の調査報告もあり、小夜子は自殺時に妊娠していたこととその相手は治雄であるらしいこと、その治雄が三島であることまでが判明した。

等々力警部と金田一は大雨の中、椿邸に向かった。そこでは秋子の気まぐれで鎌倉に引っ越す準備中。しかも、その最中に秋子が「悪魔の紋章」を見て逃げ出すように家を出たという。全員で後を追うが、鎌倉に着いたとき、秋子は主治医の目賀博士が調合した持病の薬を飲んで死んでいた。翌日、金田一は残った全員の前でトリックを解明する。その上で犯人を指摘しようとしたところ、当の三島は自ら名乗り出る。彼は新宮が妹の秋子を犯して産ませた子であり、その背には父と同じ痣があった。彼はそうとは知らずやはり新宮の子である小夜を愛し、小夜はそれを知って自殺。彼は全ての恨みを晴らすべく子爵を脅して家に入り込み、そして彼や小夜の運命をつくった者たちに復讐したのだ。

彼は最後に「悪魔が来りて笛を吹く」を演奏して見せた。その曲は、戦争で右中指と薬指を欠いた彼でも演奏できるように作曲されていたのだ。彼はそれを演奏し終わると同時に、笛に仕込んだ毒で死んだ。
(出典:Wikipedia「悪魔が来りて笛を吹く」)
映画「悪魔が来りて笛を吹く」の宣伝スチール:金田一耕助...

映画「悪魔が来りて笛を吹く」の宣伝スチール:金田一耕助(演:西田敏行)と美禰子(演:斉藤とも子)とフルートを持った悪魔人形

横溝正史原作の金田一耕助シリーズ「悪魔が来りて笛を吹く」予告篇 - YouTube

金田一耕助(演:西田敏行)は、等々力警部の紹介で、元華族の椿子爵家の令嬢・美禰子(演:斉藤とも子)のもとを訪れる。

金田一耕助(演:西田敏行)と等々力警部(演:夏木勲(現...

金田一耕助(演:西田敏行)と等々力警部(演:夏木勲(現在は夏八木勲))

美禰子(演:斉藤とも子 当時:17歳)

美禰子(演:斉藤とも子 当時:17歳)

ヒロインの美禰子(演:斉藤とも子)の可憐さが魅力。

美禰子「あたくし、美禰子と申します」
美禰子「実は家族に内緒で等々力警部さんに誰かご信頼できるお方をとお願いしたのはあたくしなんです……なんだかうちの中が落ち着かないものですから」
美禰子の父「椿英輔・元子爵」の遺書「この家には悪魔がい...

美禰子の父「椿英輔・元子爵」の遺書「この家には悪魔がいる。・・・・美禰子よ、父はこれ以上の屈辱に耐えて生きていくことが出来ない。先立つ父を許せ……」

「悪魔」「これ以上の屈辱」とはいったい何か?
椿英輔・元子爵の娘「美禰子(みねこ)」(演:斉藤とも子)

椿英輔・元子爵の娘「美禰子(みねこ)」(演:斉藤とも子)

美禰子「『美禰子よ、父はこれ以上の屈辱に耐えて生きていくことが出来ない。先立つ父を許せ……』あたくし、何度も何度も読みました」

金田一「悪魔……悪魔なんて言葉、普通は滅多に使わないモンですがねえ」

金田一耕助はすぐに家族に引き合わされる

美禰子の母「秌子(あきこ)」(演:鰐淵晴子)

美禰子の母「秌子(あきこ)」(演:鰐淵晴子)

すべての元凶のアキ子(演:鰐淵晴子)の妖艶さが際立つ。

遅れてやってきたアキ子に、美禰子が金田一を紹介する。
美禰子「お母様、ご紹介します。こちら、金田一先生」
アキ子「ごきげんよう」
金田一「はぁ……」見惚れて柱に頭をぶつける。
左:新宮華子(演:村松英子)、右:新宮利彦(演:石濱朗...

左:新宮華子(演:村松英子)、右:新宮利彦(演:石濱朗)、真ん中:菊江(演:池波志乃)

新宮利彦(兄)とアキ子(妹)には事件の根幹に関わる秘密がある。
三島東太郎(演:宮内淳)

三島東太郎(演:宮内淳)

三島東太郎(演:宮内淳)の正体は鍵を握る。

真相は、新宮利彦と尼さんの妙子の子。
三島東太郎とお種は異母兄妹。
女中のお種(演:二木てるみ)

女中のお種(演:二木てるみ)

お種(演:二木てるみ)の正体は鍵を握る。

真相は、新宮利彦(兄)とアキ子(妹)の子(小夜子)・・・近親相姦によって生まれた子
美禰子とお種は異父姉妹
とにかく美しい美禰子(演:斉藤とも子)

とにかく美しい美禰子(演:斉藤とも子)

天銀堂事件の際に、英輔と東太郎が須磨に行っていたことを知った金田一は、須磨に行くことに

美禰子「あたくし、須磨へ行きます。連れてってください……」

美禰子「あたくし、須磨へ行きます。連れてってください……」

ウルトラセブン最終回の演出のような美しい夕日をバックにした美禰子と金田一の語り合い

金田一「美禰子さん・・・」

金田一「美禰子さん・・・」

ダン「アンヌ・・・」

ダン「アンヌ・・・」

109 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

24人の金田一耕助

24人の金田一耕助

映画やテレビドラマなど映像になった横溝正史原作の名探偵・金田一耕助は、今までで24人。24人の名俳優が魅せる金田一耕助を年代順に振り返っていきましょう。レア画像も多数。好きな方は金田一耕助シリーズの膨大な作品を見比べて楽しみましょう。
ガンモ | 38,644 view
横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「病院坂の首縊りの家(石坂浩二・佐久間良子・桜田淳子)」

横溝正史原作の金田一耕助シリーズの映画「病院坂の首縊りの家(石坂浩二・佐久間良子・桜田淳子)」

「病院坂の首縊りの家」は市川崑監督、石坂浩二主演の映画版シリーズ第5作目で最終章となっています。今回、金田一耕助は、犯人への同情から重要証拠を破棄する一線を越えた行動まで起こします。金田一の犯人を含む悲しい人たちへの強い同情の思いが表出する極めて人間的な金田一を楽しめる作品です。作品の要である佐久間良子さんと桜田淳子さんの美貌と演技も見物です。日本社会の古い因習や思想、人間の業に翻弄される悲しい人生を見事に演じた佐久間良子さんは、さすがです。
ガンモ | 26,021 view
[怖い画像多数あり]石坂浩二の金田一耕助シリーズ[犬神家の一族(1976年)][悪魔の手毬唄(1977年)][獄門島(1977年)]のまとめ

[怖い画像多数あり]石坂浩二の金田一耕助シリーズ[犬神家の一族(1976年)][悪魔の手毬唄(1977年)][獄門島(1977年)]のまとめ

1976年から1977年は石坂浩二さんの金田一シリーズは空前の大ヒットを記録し大ブームになりました。石坂浩二さんの金田一耕助シリーズの中でも最も人気がある3作品の見所をまとめました。猟奇的な怖い写真とネタバレ(犯人など)あり。
ガンモ | 581,649 view
金田一耕助シリーズの異色作「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)がTシャツになった!

金田一耕助シリーズの異色作「悪魔が来りて笛を吹く」(1979年)がTシャツになった!

1979年に東映株式会社が製作した映画『悪魔が来りて笛を吹く』と有限会社ハードコアチョコレートがコラボしたTシャツが発売されている。定価は4,100円(税込)。
横溝正史原作『獄門島』が再びドラマ化!長谷川博己が金田一耕助役に挑戦 !!

横溝正史原作『獄門島』が再びドラマ化!長谷川博己が金田一耕助役に挑戦 !!

NHK・BSプレミアムで、昭和を代表するミステリー作家・横溝正史が生み出した名作『獄門島』が11月19日(後8:00~10:00)に再びドラマ化される。今回、“名探偵”金田一耕助を俳優の長谷川博己が演じる。
red | 4,326 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト