【トヨタ MR2・トヨタ MR-S・ホンダ NSX】国産のミッドシップレイアウトスポーツカーを振り返る
2016年12月6日 更新

【トヨタ MR2・トヨタ MR-S・ホンダ NSX】国産のミッドシップレイアウトスポーツカーを振り返る

日本のミッドシップレイアウトな車と言えばMR2やMR-SそしてNSXですね。エンジンが座席のすぐ後ろにあって普通の車とは違うのでワクワクしますよね。トランクはどうなってるの?とかも気になってしまうので、まとめてみました。

39,325 view

ミッドシップとは

ミッドシップ

ミッドシップ

ミッドシップ(Mid-Ship )とは自動車におけるエンジンの搭載法の1つで、船体中心という言葉が示す通りエンジンを車体の中心付近に配置する構造のことである。「ミドシップ」「ミッドエンジン」とも言われる。
スポーツモデルとして意識的にリアミッドシップレイアウトを採用した日本初の量産市販車は1984年発売の初代トヨタ・MR2(AW10系)である。
バブル期には数種類のミッドシップ車が発売された。1989年の2代目MR2(SW20型)。1990年のホンダ・NSX。1991年のホンダ・ビート。1992年のマツダ・オートザムAZ-1(およびそのOEMのスズキ・キャラ)である。しかし、デートカーとしては室内が狭く(背後に喧しいエンジンがあるミッドシップ車はそもそもデートカーではないとも言える)後年はRV(ワゴン)ブームにも押され、その多くが販売台数を稼げないまま発売・製造を中止した。国産のミッドシップスポーツカーは2007年のトヨタ・MR-Sの製造終了以降は光岡・オロチのみであったが、これも2014年に製造終了したため、2015年のホンダ・S660の発売まで国産のミッドシップスポーツカーが途絶える事になった。またMR2・MR-S・NSXとも、生産分のほとんどは海外向け(輸出仕様)だった。

日本車、初のミッドシップ車 トヨタ・MR2(AW11型)(1984年-1989年)

MR2(AW11型)

MR2(AW11型)

1983年の東京モーターショーで発表された試作車SV-3をもとに、リアスポイラーの形状変更、デジタルメーター、Tバールーフの非装備など若干の仕様変更の後、1984年6月に市販された。製造はセントラル自動車(相模原市の旧工場。現在のトヨタ自動車東日本宮城大衡工場)。1984年度の日本カーオブザイヤー受賞車である。
「Midship Runabout 2seater」ミッドシップ・ランアバウト(ラナバウト)・2シーター(ツーシーター)の頭文字から創作された造語。エムアールツーと読む。
年式や形式を問わず、正式名称はMR2。webショップの用品ページをはじめ、専門雑誌の広告などといった印刷物においてもMR-2と誤った記述が散見されるが、ハイフン(-)は不要。
エンジンルーム

エンジンルーム

安価で量産性を高めるため、足回りとエンジン、トランスミッションは既存の前輪駆動車(E80型カローラ)を流用し生産された。
1986年にはビッグマイナーチェンジを行い、内外装がブラッシュアップされ、スーパーチャージャーやTバールーフの装備車が設定された(通称後期型)。
トランクは前にも

トランクは前にも

トランクが前にあるので、ちょっと変わった車だとアピールできますね。そしてスペアタイヤもここに入ってます。
リアトランクもあり

リアトランクもあり

トランクは少し狭いですが一応設置されている程度でしょうか。
コクピット

コクピット

メーター

メーター

7500回転からレッドゾーン。当時の車両としてはよく回るエンジンでしたね。
出典 i1.wp.com
エンブレム

エンブレム

ショッカーのエンブレムに似ているとか....
比較

比較

左はショッカー
ミュージシャン「藤井フミヤ」が最初に乗った車もMR2

ミュージシャン「藤井フミヤ」が最初に乗った車もMR2

テレビ「おぎやはぎの愛車遍歴」に出演された時、藤井フミヤさんもう一度この車が欲しくなってしまったようです。
出典 www.bs4.jp

2代目 トヨタ・MR2 (SW20型) (1989年-1999年)

MR2 (SW20型)

MR2 (SW20型)

AW11型のMR2はカローラ/スプリンターベースであるのに対し、W20型はセリカ/コロナ/カリーナベースとなった。エンジンもセリカと同じ直列4気筒の2000ccにターボチャージャーを追加した3S-GTE型と、そのノンターボ版となるスポーツツインカムの3S-GE型が搭載された。

出典 トヨタ・MR2 - Wikipedia
ステアリング連動フォグランプ

ステアリング連動フォグランプ

また当時世界初の試みとして、ステアリングの切れ角に応じて光軸が左右に可動する、ステアリング連動フォグランプ(黄色)も話題となった。

出典 トヨタ・MR2 - Wikipedia
排熱用のルーバー

排熱用のルーバー

運転席の真後ろにエンジンがあるので背中が恐らく暑くなるのでしょうかね。
コクピット

コクピット

外も中も初期型から比べると角ばった場所が殆ど無く全般的に丸みを帯びたデザインになりましたね。
42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

【自動車クイズ】懐かしい車の写真から車種名を当てよう!

写真で振り返る懐かしい自動車クイズ!車の写真を見て車種名を3つの選択肢から選んでください。すべて正解できれば凄い!
【懐かしネタ自動車クイズ】車に関するクイズ10問!

【懐かしネタ自動車クイズ】車に関するクイズ10問!

自動車について懐かしいネタをクイズにしてみました。車好きならきっと分かるはず!
国産車BIG3(トヨタ・日産・ホンダ)に御三家以外で唯一勝った名車達!!

国産車BIG3(トヨタ・日産・ホンダ)に御三家以外で唯一勝った名車達!!

国産車ではトヨタ・日産・ホンダの圧倒的な販売シェアBIG3があります、そんな中、御三家を脅かすほどヒットを飛ばした車(トヨタ・日産・ホンダ車以外で)をまとめてみました。2000年迄に製造販売された車で!!
ギャング | 8,856 view
ホンダの新型「NSX」がついに発売開始!国産車の中では最高額となる2370万円!!

ホンダの新型「NSX」がついに発売開始!国産車の中では最高額となる2370万円!!

ホンダから、スーパースポーツモデル新型「NSX」がついに発売された。価格は2370万円(消費税込)で、国産車では最高価格となる。また、2016年8月25日から開始した予約の段階で2年分を上回る200台以上が完売しており、納車は2年待ちとなっている。
red | 5,551 view
王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車  トヨタ編

王道を突き進む世界のトヨタがそれなりに冒険した迷車たち~メーカー別マニアック名車 トヨタ編

長年、日本の自動車界を支えてきた国産メーカーのマニアックな名車を「マツド・デラックス」が選りすぐってお送りするわよ!今回は日産、三菱、マツダ、いすゞ、ダイハツ、ホンダ、スズキに続きトヨタよ!王道の中にもチャレンジした車があったわ!さあ、今回も皆さん楽しんで頂戴ね!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト