絵本「ウルトラマンをつくったひとたち」を読み解く
2016年3月29日 更新

絵本「ウルトラマンをつくったひとたち」を読み解く

「ウルトラマン」は2016年で50周年になります!おめでとうございます!それを記念して「ウルトラマンを作ったひとたち」という絵本が出版されました。この絵本を作ったのは当時のウルトラマンの製作スタッフです。45年前の現場にいた人が現場の様子を伝えたすばらしい絵本。今こそ昭和キッズに読んでほしい絵本です。

10,228 view

1966年の円谷プロにタイムトリップ!

2015年1月に「ウルトラマンをつくったひとたち」という絵本が出版されたのをご存じですか?
「ウルトラマンをつくったひとたち」

「ウルトラマンをつくったひとたち」

作/いいづかさだお たばたけい、まくたけいた

発行/1015年1月 初版第一刷
出版社/偕成社
監修/円谷プロダクション

※筆者の所有品です。
発行されたのは2015年。50周年を目前に控えての出版です。ちなみに、今回ご紹介する絵本の画像はすべて筆者の所有物を撮影したものであることをご了承ください。

見開きは赤!

出版の世界では、表紙を開いた「見開き」のページにも意味があります。いわば舞台の幕のようなもの。これからお話が始まるよ!という意味を持たせています。

そして、この「ウルトラマンをつくったひとたち」の見開きは真っ赤です。
真っ赤な見開き

真っ赤な見開き

ウルトラマンのラインの色・正義の熱血の色。

そして、ウルトラマンにたずさわった方々の情熱の色、

この見開きを見るだけでもわくわくしますね!

とびらからお話がはじまります。

 (1614510)

お話は「デンさん」というスタッフらしき人が円谷プロを訪れるところから始まります。
ここでピンとくる方もいらっしゃるでしょう。「デンさん」ってもしかして…
円谷プロの建物の中

円谷プロの建物の中

スタッフが打ち合わせ中です。

ここにはプロデューサーさん、監督さん、脚本家さん、デザイナーさん、特技監督さんが打ち合わせをしているところ。

となりの部屋はデザイン室です。

「デンさん」は円谷監督を探しています。

「かんとく、いるかな?」
「ここにはきていないよ」

デンさんは 監督を探しに行きます。

昭和キッズならわかる!この人はあの人…

この場面ですが、絵本では「かんとくさん」「きゃくほんかさん」…とだけ書かれていますが…おそらく実在された方々であると思われます。

筆者が推測してみました。
この人は…

この人は…

①「かんとくさん」…野長瀬三摩地さん
②「プロデューサーさん」…円谷一さん
③「きゃくほんかさん」…金城哲夫さん
④「デザイナーさん」…成田亨さん
⑤「キャメラマンさん」…佐川和夫さん
⑥「とくぎかんとくさん」…高野宏一さん
実在の人物をご紹介しましょう。絵本の絵と似てませんか?
①「かんとくさん」監督・野長瀬三摩地

①「かんとくさん」監督・野長瀬三摩地

野長瀬 三摩地(のながせ さまじ、1923年8月30日] - 1996年5月23日)は、日本のテレビ監督、脚本家。京都府京都市出身。別名:南川 竜、南川 龍。

幼少より父に連れられてよく映画を観に行き、映画制作の道を志す。

1946年に日本大学芸術学部映画学科を卒業し、東宝に入社。

1964年、東宝テレビ部に移り、テレビ監督に転身。
東宝で偶然再会した円谷英二に誘われて円谷プロダクションの『ウルトラQ』に監督として参加。以降、特撮番組に携わり、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などの初期のウルトラシリーズでは多数のエピソードを監督、南川 竜(もしくは南川 龍)名義で脚本も執筆(中には自身が監督。(wikipediaより)
野長瀬監督は第4話、第6話、第7話、第9話、第18話、第19話、第28話、第29話を担当されています!
②「プロデューサーさん」円谷一

②「プロデューサーさん」円谷一

円谷 一(つぶらや はじめ、1931年4月23日 - 1973年2月9日)は、円谷プロダクションの2代目社長で、演出家、プロデューサー。作詞家として、東 京一(あずま きょういち)の名義がある。父は初代社長で映画監督の円谷英二。

1970年、父・英二の病死によりTBSを退社し、円谷プロダクションの社長に就任。財政難から、危機的な経営状況にあった同社の経営建て直しに奔走する。社長と監督は兼任できないと宣言して、以降はプロデューサーとして作品に携わるようになる。(wikipediaより)
正確には「ウルトラマン」の時期に円谷一さんは監督であってプロデューサーではないのですが、このイラストの絵は一さんに似てるんですよね。後ほどご紹介する英二監督にも似てますし…。

実質的に一さんは1970年にプロデューサーになっていますが、わかりやすくここで一さんを出したのかな?と思うのですが。
③「きゃくほんかさん」脚本家・金城哲夫

③「きゃくほんかさん」脚本家・金城哲夫

金城 哲夫(きんじょう てつお、1938年7月5日 - 1976年2月26日)は、日本の脚本家。沖縄県島尻郡南風原町出身。第一期ウルトラシリーズを企画し、脚本面から支えた作家として知られる。

1963年に円谷プロダクションへ入社、企画文芸部の主任として『ウルトラQ』『ウルトラマン』『快獣ブースカ』『ウルトラセブン』など、黎明期の円谷プロが製作した特撮テレビ映画の企画立案と脚本を手掛ける。
62 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ウルトラマン放送開始50年!お宝資料を復刻した永久保存版の『ウルトラマン トレジャーズ』が発売へ!

ウルトラマン放送開始50年!お宝資料を復刻した永久保存版の『ウルトラマン トレジャーズ』が発売へ!

ウルトラマン」シリーズ放送開始50年を記念し、歴史に残る貴重なお宝資料を完全復刻し、収蔵した永久保存版の書籍『ウルトラマン トレジャーズ』が、12月8日(木)に刊行される。先行予約の受付は、本日9月9日(金)から開始となる。
4月6日ウルトラ怪獣と会える居酒屋『怪獣酒場』川崎がリニューアル!「バルタン店長を撮れ!」キャンペーン実施!

4月6日ウルトラ怪獣と会える居酒屋『怪獣酒場』川崎がリニューアル!「バルタン店長を撮れ!」キャンペーン実施!

地球初となる怪獣たちが主役の居酒屋『怪獣酒場』が、4月6日に店内をリニューアルしオープン。ARアプリ搭載のスマートフォンを使った「バルタン店長を撮れ!」キャンペーンも実施される。
伝説の特撮「電光超人グリッドマン」が新作アニメになって復活!!グリッドマン役は緑川光!

伝説の特撮「電光超人グリッドマン」が新作アニメになって復活!!グリッドマン役は緑川光!

1993年の特撮「電光超人グリッドマン」を原案にした、新作テレビアニメの放送が決定しました。放送時期は2018年秋で、タイトルは「SSSS.GRIDMAN」。グリッドマン役は特撮版でもグリッドマンを演じた緑川光!
隣人速報 | 1,155 view
『ウルトラマンA』1972年の放送開始から45年!劇中音楽をまとめた3枚組CDボックスが発売決定!

『ウルトラマンA』1972年の放送開始から45年!劇中音楽をまとめた3枚組CDボックスが発売決定!

1972年から放送された『ウルトラマンA(エース)』。北斗星司と南夕子という二人の男女が合体変身するのが特徴的な作品だった。その『ウルトラマンA』の音楽をアーカイヴする3枚組CDボックスが12月27日に発売される。
1965年公開の特撮「フランケンシュタイン対地底怪獣」から「フランケンシュタイン」が立体化!国内2,500個の限定!

1965年公開の特撮「フランケンシュタイン対地底怪獣」から「フランケンシュタイン」が立体化!国内2,500個の限定!

特撮映画の名作に登場する怪獣をフィギュア化する「怪獣番外地」シリーズの第3弾として、1965年公開の怪特撮映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」から「フランケンシュタイン」が立体化された。国内2,500個の限定での予約受付が開始された。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト