筒美京平が楽曲を提供していたデビューから70年前半の“麻丘めぐみ”は、たまらなくアイドルしていてステキです。
2017年11月21日 更新

筒美京平が楽曲を提供していたデビューから70年前半の“麻丘めぐみ”は、たまらなくアイドルしていてステキです。

絵に描いたような典型的な70年代アイドルの麻丘めぐみ。というか、70年代のアイドル像をつくったひとりですね。その時期に楽曲を提供していた筒美京平がこれまた素晴らしいのです。筒美京平が作曲していた麻丘めぐみのヒット曲を当時の映像を交えてご紹介します。

1,552 view

麻丘めぐみ

1972年は、前年にデビューした天地真理が爆発的な大人気となっていた年で、天地真理、南沙織、小柳ルミ子が新三人娘として人気を博していました。他のアイドルにとっては厳しい時期だったのではないかと思いますが、麻丘めぐみはそんな年に歌手デビューしています。
麻丘めぐみ

麻丘めぐみ

本名:藤井 佳代子
生年月日:1955年10月11日
出生地:大分県
職業:女優、歌手、演出家
活動期間:1950年代末期 ~1977年、1983年~現在
麻丘めぐみは可愛い。可憐というか、彼女にしたいと思わずにはいられない容貌ですね。更に曲がキャッチーで素晴らしいんです。
デビュー曲から9枚目のシングルまで連続で作曲を筒美京平が担当しているのですが、この頃の筒美京平は、もう絶好調でヒットメーカーとして飛ぶ鳥を落とす勢いですから、麻丘めぐみのシングルも名曲揃いです。
順にご紹介します。

芽ばえ

麻丘めぐみは、1歳8ヵ月でCMに出演し、早くも3歳の時に子役として芸能界デビューしています。中学時代は少女雑誌のモデルとして活躍し、歌手としてのデビューは1972年で16歳の時です。

デビュー曲は「芽ばえ」で、これがいきなりの大ヒットとなりました。
芽ばえ

芽ばえ

カップリング曲:素晴らしき16才
売上は40万枚を超えるという鮮烈なデビューを飾っているのですが、なんといっても曲がいいです。

麻丘めぐみ「芽ばえ」

それにしてもミニスカートとはいえ、短すぎやしませんかね。勿論文句はありませんが。

悲しみよこんにちは

前作と同様に、作詞:千家和也、作曲:筒美京平によるもので、オリコン6位、年間チャートで91位と好調をキープしています。
悲しみよこんにちは

悲しみよこんにちは

カップリング曲:もしかしたら
デビュー間もないアイドルですからポップな曲を続けた方がいいような気がしますが、リリースが10月ということでしっとりとした曲となっています。それでも透明感のある歌声が魅力的です。

麻丘めぐみ「悲しみよこんにちは」

女の子なんだもん

前作「悲しみよこんにちは」を収録していたアルバム「あこがれ」からカットされた3枚目のシングル「女の子なんだもん」。これは名曲ですね。
女の子なんだもん

女の子なんだもん

カップリング曲:見果てぬ夢
「スカートが短すぎるだろ」と思わず突っ込んでしまいたくなりますが、それはさておきアクションというか、振り付けが70年代していてカワイイです。

麻丘めぐみ「女の子なんだもん」

42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

中森明菜本人が語った!!『テレビ出演のオファーが来ない理由』!?

中森明菜本人が語った!!『テレビ出演のオファーが来ない理由』!?

中森明菜さんと言えば2010年に体調不良により芸能活動の無期限休止を発表。それ以降メディア出演は元より、公の場へ一切姿を現していませんでした。そんな明菜さんが年に1度のディナーショーで理由を語られています。
ギャング | 27,368 view
70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代前半のアルバート・ハモンドはそれはもう光り輝いていましたが、今ではあまり語られることがなくなったように思えます。しかし、彼が生み出した美しい曲は多くの人の心に今も残っているんです。若い世代がリスペクトしちゃってますからね。
obladioblada | 388 view
【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!
「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

「貝殻ビキニ」で有名な武田久美子(50)が久々に披露したビキニ姿が若々しすぎると話題に!!

80年代から90年代にかけてグラビアで活躍した女優・武田久美子が、自身のブログにて久しぶりとなるビキニ姿を披露、その美しさが話題となっています。
隣人速報 | 15,695 view
伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

伝説のグラビア雑誌「URECCO」が待望の復刊!誌面を飾るグラビアアイドルの第2弾オーディションを開催!!

ネットサービス「マシェバラ」と大洋図書の発行するグラビア誌「URECCO」が、コラボ企画として「新星URECCO誌面復刊第2弾おしゃれグラビア枠選抜オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 6,064 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト