83年【坂本龍一】ソロ最大の有名曲『戦場のメリークリスマス』を回顧する
2017年5月29日 更新

83年【坂本龍一】ソロ最大の有名曲『戦場のメリークリスマス』を回顧する

日本人なら誰もが知っているであろう坂本龍一の大ヒット曲『戦場のメリークリスマス:Merry Christmas Mr. Lawrence』を振り返りながら調べ、まとめてみました。

2,675 view

戦場のメリークリスマスのおもひで

YMOの活動が絶好調の時代にも、Riot In Lagos収録の名盤B2-Unitを発表している教授。80年代のソロも超が付くほど乗っておりました。
でまあ、わたしがこの曲を知った理由はTVで見たか12月頃に有線から流れていたのを聴いたか、学校の音楽の授業で知ったかどれかだったと思います。メジャー過ぎて且つ素晴ら過ぎる一曲だから逆に聴くのが嫌になった時もありました。いろいろな方面からの情報が子供時代にあります。
何かと思い出があるので、今回は一番ポピュラーかと思われる『Merry Christmas Mr. Lawrence』について振り返ります。

何故に同曲が浸透しているのか?

やはり、大島渚監督映画『戦場のメリークリスマス』が世間的に高い評価を得て、そのサントラを坂本龍一が手掛けたからという理由が一番かなと思います。
同映画はカンヌでグランプリを争った出来でありキャストもバカみたいに豪華です。
度々TVでもやる往年の映画特集コーナーなどでも回顧されていますよね。奇跡的な映画のように思えます。キスシーンは刺激的でした(笑)

Amazon | 戦場のメリークリスマス Blu-ray | 映画

6,264
デヴィッド・ボウイ, トム・コンティ, 坂本龍一, ビートたけし, 大島渚 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商品を受け取り可能。通常配送無料(一部除く)。

名曲収録のサウンドトラック

Amazon.co.jp: 坂本龍一 : 戦場のメリークリスマス-30th Anniversary Edition- SHMCD - ミュージック

4,104
[戦場のメリークリスマス-30th Anniversary Edition- SHMCD] 坂本龍一 - CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。
再発も重なりSHMCDもでております。1曲目です。
80年代映画音楽のアレンジには無性にノスタルジーを感じます。何なんでしょうかね。古くからの人間味と電子的な新しい時代が融合しはじめ感じだ頃からでしょうか?
で、このサントラを買いたくても金欠だったので中古で探したものです。当時は中古価格でも国内のCDにしては叩き売りみたな額ではなかったような気がします。懐かしい(涙)
【念の為アルバムの記録】
オリコン最高位が8位、13万9000枚
英国アカデミー賞 作曲賞受賞。

そんな代名詞に浸る

Ryuichi Sakamoto - Merry Christmas Mr. Lawrence (Theme Original)

実は歌入りもある

Sylvian & Sakamoto - Forbidden Colours

原曲も素晴らしいのですが、同サントラの後半にはUKバンド元JAPANのフロントマンだったDavid Sylvianが歌を入れた『禁じられた色彩ーForbidden Coloursー』が入っております。
Sylvianファンでもありますたまにとっては感動の1曲です。
因みにCDSとしてリカットされておりましてサントラヴァージョンとはアレンジが違います。
わたしは、冬季は原曲と枯淡な歌声のSylvianの歌入りヴァージョンをiPodで聴きながら出かける時が今もあります。ノスタルジックな気分に浸れますよ。

ピアノヴァージョンも素晴らしい

Ryuichi Sakamoto- 'Merry Christmas Mr Lawrence'

やはりありますピアノヴァージョン。芸大卒です。そりゃなんでもござれの教授です。
アルバム1996とアルバム04が、今は手に入り易いピアノヴァージョン収録のアルバムです。
1996と04では微妙に時間数が違います。
わたしが落ち込んだ時に、部屋の明かりを消して静かに横になりながら聴いています。
今も教授楽曲のある種のヒーリング効果にもお世話になっております。

やはり曲構成も凄いみたい

坂本の全楽曲の中で最も知名度の高い“代表作”で、後のアルバムやライヴにおいても編成・アレンジを変えて何度も演奏されている。いわゆるペンタトニック(移動ドでいう「ド・レ・ミ・ソ・ラ」)中心の“オリエンタルなメロディー”+“近代西洋音楽の和声”=“東洋と西洋の高次な結晶”というような評価が世界中でされてきたが、坂本自身は「西洋でも東洋でもない、他のなんでもない、わけのわからないもの」として“東洋+西洋”という単純な考え方自体を否定している

だから愛されてやまない

David Sylvianとの定期的な共作は知っており、昔聴いたなあと大変ノスタルジックな気分になるのですが、やはりこの曲は玄人のプレイヤーにも認められていてカバーされ続けています。
宇多田ヒカルやクロアチア出身のピアニストMakism Mrvicaも自身のアルバムでカバーをしておりました。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

坂本龍一がグラミー賞サウンドトラック部門にノミネート!ラストエンペラー以来の快挙達成なるか!

坂本龍一がグラミー賞サウンドトラック部門にノミネート!ラストエンペラー以来の快挙達成なるか!

第59回グラミー賞の候補が発表され、坂本龍一が映画の「ベスト・スコア・サウンドトラック・フォー・ビジュアル・メディア」部門にノミネートされた。映画「レヴェナント 蘇えりし者」でのノミネート。今回受賞すると映画「ラストエンペラー」以来2回目となる。
【坂本龍一】教授が中咽頭がんに?!反原発と治療法、彼の生き方について

【坂本龍一】教授が中咽頭がんに?!反原発と治療法、彼の生き方について

2014年7月に病状を公表し、療養中の音楽家坂本龍一さん。彼は今、中咽頭がんを患い治療に専念しています。坂本は「順調に回復していて、仕事を始めるのはもう少し先ですが、体調を戻せました」と笑顔で語っているそうです。突然のがん宣告をどう受け止めたのか?反原発の立場から、放射線治療についてをどう考えたのか?病気や治療は人生観や音楽活動にどのような変化をもたらしたのか、見ていきたいと思います。
cyomo | 2,551 view
70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

1976年にソロデビューを果たしてから、現在に至るまでコンスタントに作品をリリースしライブも精力的に展開する女性シンガーソングライター矢野顕子さんについてまとめました。
gogo-one | 2,802 view
ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』主題歌を歌ったSister Mとは

ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』主題歌を歌ったSister Mとは

ストーカー役を演じた渡部篤郎の怪演が話題になったドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』。その主題歌「The Other Side of Love」も大ヒット、坂本龍一 featuring Sister Mの「Sister M」は誰なのかと話題になった。明かされた正体と曲にまつわるエピソードを紹介。
小さいおっさん | 12,778 view
【戦場のメリークリスマス】ビートたけし、デヴィッド・ボウイに坂本龍一出演の大島渚監督作品。

【戦場のメリークリスマス】ビートたけし、デヴィッド・ボウイに坂本龍一出演の大島渚監督作品。

 1983年に日本公開された大島渚監督の「戦場のメリークリマス」。主演にデヴィッド・ボウイだけでも豪華ですが、ビートたけし、坂本龍一、それに、内田裕也、ブレイク前に三上博史、ジョニー大倉も出演しており、今となっては、これまた豪華な顔合わせの映画でした。坂本龍一の音楽も印象的であり、戦闘シーンのない戦争映画という触れ込みもインパクトが大きかった作品でした。
Yam | 6,065 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト