あまり知名度は上がらなかった!?「フェラーリ Grand Prix Challenge」の評価は
2020年1月13日 更新

あまり知名度は上がらなかった!?「フェラーリ Grand Prix Challenge」の評価は

数あるレースゲームの中で、あまり知名度が高くなかったココナッツジャパンが販売した「フェラーリ Grand Prix Challenge」ですが、知名度は高くなくとも、ゲームの完成度は高いとのうわさを聞きました。そこでフェラーリ Grand Prix Challengeの評価を調査してみました。

1,483 view

フェラーリ Grand Prix Challengeとは

Amazon | フェラーリ | ゲームソフト (2160678)

これまで、各ゲーム会社から様々なレースゲームが誕生していますが、このフェラーリ Grand Prix Challengeはココナッツジャパンから1992年に発売されたレースゲームです。
あまり知名度は高くありませんが、その理由の一つにこのころはファミコンからスーパーファミコンへ移行する時期でもあり、ファミコンソフトを買うならハードをスーパーファミコンに変えようという考えも多かった時期です。

フェラーリ Grand Prix Challengeのゲーム感は

ゲームのオープニングは、ファミコンらしいサウンドと共にファミコンらしいグラフィックで始まります。
その後、ドライバーの名前をアルファベットで決めていくのですが、この演出はゲームに気持ちが入りやすい演出です。
レースを始める前に、操作方法を「マニュアル」か「オートマチック」から選ぶことができます。
レースが始まる前に、自分のベストタイムも表示され、赤シグナルから青シグナルへと変わりレース開始です。
マシンがスタートすると2.6秒後には時速230㎞に達し、なかなかのスピード感で見とれているとああっという間にコーナーが表れ、コースアウトしてしまいました。
これは、なれるまで時間がかかるかもしれません。
ラップ計測が終わると、いよいよレースの開始です。
合計13台のマシンがスタートしましたが私のマシンは13番目からのスタート。
先ほどの一周はラップ計測ではなく練習だったのかもしれません。
コースを走れば走るほどマシンにもコースにも慣れてくるので、慣れれば慣れえるほどこのゲームは面白くなってきます。

サウンドと演出が素晴らしい!

Ferrari - Grand Prix Challenge (NES) Playthrough

ゲーム中の選択で、サウンドの有り無しを選べるところも良いのですが、レース中のサウンドもとてもかっこよく感じの良いサウンドに仕上がっています。
さらに、レースでもコースアウトや敵マシンと接触するとスピン、オイルを踏んでもスピン、過剰なスピードでコーナーを回るとスピンなどの演出もリアルで良いです。
全16戦をポイント形式で戦って行くところも飽きさせません。
ファミコン時代後期のゲームですが、ファミコンでここまで完成させている「ココナッツジャパン」はどのような会社なのでしょうか。

「ココナッツジャパン」とは

フェラーリ Grand Prix Challengeを販売したココナッツジャパンの正式名称は株式会社ココナッツジャパンエンターテイメントで、本社は東京にあったそうです。
ココナッツジャパンのヒット商品の代表格は、パチ夫くんシリーズは26シリーズにも及び、ココナッツジャパンを支える大ヒット商品のようです。
しかし、2000年にゲーム業界から撤退し、2002年に倒産してしまいました。

輝かしいスクーデリア・フェラーリにも低迷期があった。

ヤフオク! - Rosso ロッソ モデルカー 1/8 フェラーリ・643 F... (2160703)

フェラーリ Grand Prix Challengeは、F1に参戦しているスクーデリア・フェラーリをモデルとして作られていますが、スクーデリア・フェラーリは2019年に90周年を迎えました。
1929年にレース・サポート組織として誕生して以来、華やかなマシンでレース業界の中で輝き続けてきました。
F1だけではなく、ル・マン24時間などの様々なレースに歴史を刻み続けてきました。
そのようにレース界にて輝かしい歴史を持つフェラーリにも低迷期があり、その低迷期がフェラーリ Grand Prix Challengeが発売された1992年頃でした。
ドライバーはジャン・アレジ、イヴァン・カペリでしたがシーズン途中で解雇されニコラ・ラリーニでレースを戦っていました。
マシンは、F92AとF92ATと呼ばれるマシン。
形的には、「ダブルフロア」というアンダーパネルとサイドポンツーンの間に空間を設け、多くの気流を流し込みデイフューザーの排出効率を高める新しいアイデアとデザインで勝負をかけたのですがうまくいかず。
フェラーリ低迷期はその後1996年まで続きました。
たまたま時期が重なっただけにフェラーリ Grand Prix Challengeには罪はないんですけど。
フェラーリファンには記憶に残る出来事です。

まとめ

いかがでしたか。
フェラーリ Grand Prix Challengeの評価は高いと言えます。
画面から伝わるスピード感や、操作方法、演出、サウンドも良いですし慣れてくると面白さがましてきます。
フェラーリ Grand Prix Challengeが発売された1992年はスクーデリア・フェラーリが低迷期に突入した年です。
あなたの手でスクーデリア・フェラーリを立て直してみませんか。
15 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ライモン 2022/2/22 21:18

    ココナッツジャパンといえば90年代にもF1関連のゲームでプレイステーションにてF1の公式ライセンスを得て作った「F1チーム運営シュミレーション」を発売しています。こちらもあまり知名度は無いのですが名作な上に「サカつく」とかのチーム運営シュミレーションゲームでのF1ゲームはなかなか無いのでぜひそちらも興味あれば調べてみてください。ミハエル・シューマッハを自分のチームに雇ったり無限ホンダエンジンを搭載とかして片山右京を雇ってオールジャパンチームを作ったり。F1チームとのタイアップを行ったゲーム会社といえばロータスチームと手を組んで実際のマシンにもスポンサーロゴを貼っていたニチブツも思い出されますが、フェラーリの公式ライセンスを結んだ事は当時としてもすごい事ですね。やはりF1といえばフェラーリというイメージでしたでしょうけど…ロータスもフェラーリも丁度時期が悪かった…。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「F-ZEROは」レースゲームの最高傑作!スピード感満点、手に汗握るバトルは今プレイしてもおすすめ!

「F-ZEROは」レースゲームの最高傑作!スピード感満点、手に汗握るバトルは今プレイしてもおすすめ!

「F-ZERO」は1990年11月21日に任天堂が発売したスーパーファミコン用レースゲームです。 スーパーファミコンのローンチタイトルとして発売されたんですよね。それだけ気合いが入っていたと思います。これまでの家庭用ゲーム機にになかった同機の回転、縮小表示機能を前面的に活用していたのが印象的ですね。 ちなみにタイトルの「F-ZERO」というのはF1の未来という意味らしいです。 なるほどね、そんなスピード感あふれるこのゲームの紹介をしていきましょう。
おかむらゆうり | 17,213 view
「ファミリーサーキット」はナムコから発売されたトップビューレーシングゲーム!視点が変わるとレースゲームはどうなる?

「ファミリーサーキット」はナムコから発売されたトップビューレーシングゲーム!視点が変わるとレースゲームはどうなる?

ファミリーサーキットは1988年にナムコから発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトです。 デザイナーは遠藤雅伸さん。F1などのカーレースを題材にした1人用のレースゲームですね。車を自由にセッティングできるのが魅力でした。上から眺めるトップビューというのは斬新だったように記憶しています。それではご紹介していきましょう!!
おかむらゆうり | 16,123 view
皆さんも子供の頃に熱狂したレースゲーム&自動車関係ゲーム!

皆さんも子供の頃に熱狂したレースゲーム&自動車関係ゲーム!

自動車大好き!昭和の生き証人「マツド・デラックス」がゲーム界のレトロ自動車ゲームをチョイスしてお送りするわ!
ナムコ・ファミリーシリーズの「ファミリージョッキー」で競馬を学ぼう!初心者におすすめ!

ナムコ・ファミリーシリーズの「ファミリージョッキー」で競馬を学ぼう!初心者におすすめ!

ナムコから1987年4月24日に発売されたファミリージョッキー。ナムコからはファミリーシリーズは結構でっていますよね。ファミリースタジアム、ファミリーテニス、ファミリーボクシングなどありますけど、個人的にはファミリージョッキー結構好きです。競馬を扱っているんですが、初心者でもわかりやすいようにシンプルです。でもそこがこのゲームの良いところ!これで競馬って言うものを体験した人も多いんじゃないですかね?それではご紹介していきましょう。
おかむらゆうり | 10,929 view
思い出のグッズを持ち寄って再び冒険の世界へ!ドラゴンクエスト アイランド『勇者の帰還!キャンペーン』が開催!!

思い出のグッズを持ち寄って再び冒険の世界へ!ドラゴンクエスト アイランド『勇者の帰還!キャンペーン』が開催!!

兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」内にある大人気アトラクション「ドラゴンクエスト アイランド いにしえの魔神と導かれし冒険者たち」にて、過去に「ドラゴンクエスト アイランド」で冒険をしたことがある来場者が2度目の冒険をお得に体験できる『勇者の帰還!キャンペーン』が開催されます。
隣人速報 | 45 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト