憧れの青春ヒロイン「風吹ジュン」。一家に一枚のピンナップガールとはまさに彼女のことか?!
2018年6月12日 更新

憧れの青春ヒロイン「風吹ジュン」。一家に一枚のピンナップガールとはまさに彼女のことか?!

ピンナップガールという言葉がまだ日本に浸透していなかった1973年、颯爽と登場して青少年の部屋の壁を埋め尽くした風吹ジュン。フォトジェニックとしか言いようがない70~90年代の彼女の魅力に迫ってみます。

9,412 view

風吹ジュン

風吹ジュン。1973年に初代ユニチカマスコットガールとしてデビューし、現在も女優として大活躍している息の長いタレントさんですね。
最近は独特の雰囲気を持った女優、いえ大女優と言えるような地位を確立しています。

しかし、デビュー当時はアイドル。彼女もまた憧れの青春ヒロインでした。
風吹ジュン

風吹ジュン

本名:川添 麗子
生年月日:1952年5月12日
出生地:富山県富山市八尾町
身長:157 cm
血液型:B型
活動期間:1973年~現在
改めて経歴を見ると、初代のユニチカマスコットガールというのは意外な感じがしますが、それよりなにより彼女のどこか不安げ、寂しげな表情。それでいて健康的なナイスバディ!これにやられました。
70年代の健康な男子学生の部屋には彼女のピンナップが必需品だった!といっては大げさですが、良く似合いました。
風吹ジュン

風吹ジュン

当時は風吹ジュンの雑誌の切り抜きを集めた男子学生は数知れず。瞬く間にハートを鷲掴みにされたのでした。
風吹ジュン

風吹ジュン

ピンアップガールと言う言葉は当時の日本にはなかったかと思いますが、まさにそんな感じです。そして、その人気を当て込んで1974年から歌手として活動を開始します。

歌手

レコードデビューは1974年5月、「愛がはじまる時」でした。

愛がはじまる時

1974年
その後、シングルは8月に「涙に微笑みを」、10月に「ふたりの舗道」、翌年の5月に「23才」と4枚のシングルを発売するにとどまっています。

風吹ジュン - 二人の舗道

1975年
オリジナル・アルバムはファーストアルバム「ジュンとあなたの世界」、セカンドアルバム「ジュンとあなたの世界」の僅かに2枚。ベスト・アルバム「風吹ジュン オリジナル・コレクション16」があるのみです。
ジュンとあなたの世界

ジュンとあなたの世界

ファーストアルバム
1年ほどで風吹ジュンは、あっさりと歌手活動に見切りをつけてしまいます。舌っ足らずな歌い方が魅力でしたが、残念ですね。
今でもジャケット欲しさに買い求めているファンがいるようですが、同じ写真を使ったベストアルバムがCDとなっており現在でも購入することが可能のようです。
風吹ジュン ゴールデン★ベスト

風吹ジュン ゴールデン★ベスト

1. 23才
2. 愛がはじまる時
3. 夏のふれあい
4. 涙に微笑みを
5. 愛の雨音
6. 私はかもめ
7. ふたりの舗道
8. 古い日記
9. 優しい関係
10. ロマンチスト
11. 美しい冒険
12. 別れたあとも
13. 涙ひとつぶ
14. 風に似た人
15. 恋は不安
16. 恋のかけひき
いままで4枚のシングルのA面は、いくつかのオムニバスにバラバラに収録されたことがありますが、風吹ジュン単独として発売されたのは初めてです。
当時、TVで歌うことも少なく、歌っても口パクが多かったです。
小柳ルミ子の曲を多く作っていた平尾昌章、南沙織の詞を書いていた有馬三恵子のコンビで2作まで出して、リンジーディポールのカバーと間違われ馬飼野俊一の3曲目の「ふたりの舗道」、ドラマの挿入歌で4作目「23才」。万人向きではないかもしれませんが確かに、当時の時代を感じさせる1枚です。
当時の写真で使えるものがないのでしょうか?まぁ、カワイイ写真なので良しとしますが、「ジャケ買い」というのであれば、やはり大きいだけにCDよりもレコードの方がいいですね。

CM

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヴィレッジ・ピープルの代表曲のカバーをオリジナルと聴き比べてみた!

ヴィレッジ・ピープルの代表曲のカバーをオリジナルと聴き比べてみた!

色物的な見られ方をすることの多いヴィレッジ・ピープル。しかし、彼らは大きな功績を残しています。世界中で多くのアーティストがヴィレッジ・ピープルの曲をカバーしヒットさせていることがその証拠です。ヒットしただけあってどのカバーも良くできているんです。オリジナルと比較してみました。面白いですよ。
obladioblada | 711 view
70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

70年代のミッシェル・ポルナレフは日本独自の売られ方をしていたんですよねぇ。

母国では今でも国民的歌手として人気の高いミッシェル・ポルナレフ。日本でも70年代は絶大な人気を誇っていたのですが、日本とフランスでは受け入れられ方が違い、違う曲がヒットしていました。日本オリジナルのジャケットやタイトル曲で本国とは少し違うイメージ作りをして、それが成功したんですね。
obladioblada | 637 view
軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

軽く見られがちな世良公則&ツイストですが、日本の音楽界にロックを定着させたのは彼らの功績です!

世良公則&ツイストがデビューした当時、日本ではまだロックは市民権を得ていませんでした。つまり商売にならんと音楽界からは相手にされていなかったのです。曲もさることながらボーカルやバンドのスタイルをはじめメディア戦略まで彼らが成し遂げた功績は大きく偉大なのです!
obladioblada | 2,106 view
1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

自身最大のヒット曲「いまのキミはピカピカにひかって」は、斉藤哲夫にとって異質と言えるものです。デビュー当時は哲学者と呼ばれたこの天才は、数こそ少ないものの、ヒットこそしなかったものの、実に味わい深い曲を残しています。
obladioblada | 1,199 view
野口五郎と噂になった芸能人一覧

野口五郎と噂になった芸能人一覧

70年代に西城秀樹、郷ひろみとともに「新御三家」として活躍したアイドル歌手の野口五郎と過去に噂になった芸能人とその時の真相を振り返ってみた。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト