シュガー・ボイスと呼ばれる独特な声と美貌で80年代にオジサマ達のアイドルとなったジャズ・ボーカリスト阿川泰子
2018年1月31日 更新

シュガー・ボイスと呼ばれる独特な声と美貌で80年代にオジサマ達のアイドルとなったジャズ・ボーカリスト阿川泰子

ジャズとはなかなか注目されることがないジャンルですが、80年代に驚異的なヒットを飛ばした阿川泰子。その美貌と甘くセクシーな歌声は仕事に疲れたオジサマ達を優しく癒してくれました。

683 view

阿川泰子

80年代にジャズ・ボーカルブームを巻き起こした阿川泰子。独特な歌声は「シュガー・ボイス」と称され、その美貌とも相まって「オジサマ族のアイドル」などと呼ばれました。
阿川 泰子

阿川 泰子

本名:佐藤 康子
生誕:1951年10月16日
1978年のデビューアルバムから1982年の6枚目のアルバムまでの累計が90万枚を超えたのだそうです。この数字はジャズ・ボーカリストとしては驚異的なものとなっています。

日本のジャズ・ボーカル史を塗り替えた阿川泰子の初期6枚のアルバムをご紹介します。

Yasuko“Love-Bird” ~ FLYIN’OVER ~ SWEET MENU

女優としてデビューした阿川泰子がジャズと出会ったのは1973年。翌年には「鈴木章治とリズム・エース」の専属シンガーとなっています。
その後ソロ・シンガーに転身し、1978年にファースト・アルバム「ヤスコ/ラブバード」を発表します。
Yasuko“Love-Bird”

Yasuko“Love-Bird”

1. オーヴァーチュア~ファースト・オフ
2. コンファイド・イン・ミー
3. グッド・ライフ
4. ブルー・ムーン
5. 縁は異なもの
6. 手紙を書こう
7. トゥー・シャイ・トゥ・セイ
8. 春の如く
9. やさしき伴侶を
10. ウェイヴ
11. フィナーレ~ファースト・フルーツ
大人っぽく見えますが、阿川泰子この時24歳。初々しさはありますが、歌い方は既に確立されています。見事なデビュー・アルバムというほかはありませんが、ジャケットがいかんわな。

女豹を思わせるこの写真は、メイクといい表情と言い当時の化粧品会社の広告そのまんまです。流行を意識したということでしょうが、阿川泰子にこのイメージは合わないですね。

同年にはセカンド・アルバム「Flyin' Over」も発表しています。
FLYIN’OVER

FLYIN’OVER

1. ザ・ジェントル・レイン
2. アイ・キャン・フライ
3. ラ・ラ・ミーンズ・アイ・ラブ・ユー
4. フールズ・ラッシュ・イン
5. サウンズ・オブ・ラブ
6. アイ・オンリー・ハブ・アイズ・フォー・ユー
7. ジャスト・イン・タイム
8. ギブ・ミー・ザ・シンプル・ライフ
9. アズ・タイム・ゴーズ・バイ
10. エンジェル・アイズ
ファーストアルバムでデザイナーも反省したのかグッと落ち着いた感じのジャケットになっていますね。しかし、これは、落ち着いたというよりも暗い。
キュートでチャーミングな歌声がこのジャケットからは想像しづらいですが、これは良いアルバムですよ。サラリーマンの方々はきっと癒されます。

そして翌年の1980年に出たのが3枚目のアルバム「SWEET MENU」です。
SWEET MENU

SWEET MENU

1. ホワイ・ドント・ユー・ムーブ・イン・ウィズ・ミー
2. キャプティブ(オブ・ユア・スマイル)
3. イッツ・マイ・ハウス
4. ハード・タイムズ
5. ヒアズ・ザット・レイニー・デイ
6. ワンス・アポン・ア・サマータイム
7. ネバー・レッティング・ゴー
8. レインボー・オブ・ラブ
9. ニューヨークの想い
10. レッツ・ラブ
まだごく初期の初々しさが残っており、今あらためて聴くと新鮮ですらあります。優しく包み込む様な歌声に魅了され続けております。
ジャケット如何ですか?いいですよね。明るく、モダンでポップです。そして阿川 泰子の表情は色っぽい!

JOURNEY

最初の3枚のアルバムはどれも悪くありません。いえ、むしろ良いです!今聴くと歌声が新鮮で聞き飽きることがありません。
が、阿川泰子がブレイクしたのは1980年に発売された4枚目のアルバム「JOURNEY」であり、一般的に言ってこれが彼女の初期の代表作でしょう。
JOURNEY

JOURNEY

1. スター・ダスト
2. ララバイ・オブ・バードランド
3. ムーンライト・セレナーデ
4. イン・ア・センチメンタル・ムード
5. テイク・ジ “A” トレイン
6. ラバー、カム・バック・トゥ・ミー
7. グッド・バイ
8. センチメンタル・ジャーニー
9. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ
10. ウィスパー・ノット
11. マイ・フーリッシュ・ハート
本作はナント9万枚も売り上げたそうです。当時のジャズボーカルものは最高で5万枚、平均で1万5000枚程度だったといいますから驚きですね。

センチメンタルジャニー

彼女は、オリジナル曲を歌うのではなく、ほとんどが現代的にアレンジされたスタンダード曲だったというところに受け入れられた要因があるかと思います。
このアルバムも同様で、「スター・ダスト」、「ムーンライト・セレナーデ」、「センチメンタルジャニー」といった耳馴染みのある曲がセンス良く(聴きやすく)収められています。

SUNGLOW

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

うる星やつら(うるせいやつら)は、70年代から80年代にかけて週刊少年サンデーで連載されていた高橋留美子のギャグ要素満載のラブコメ漫画で、連載開始から40年経った今でも絶大な人気を誇り続けています。
おにいちゃん | 7,161 view
美人とは、こういった女性のことをいうのでしょうね。最も魔性の女が似合う女優らしい女優、岩下志麻。

美人とは、こういった女性のことをいうのでしょうね。最も魔性の女が似合う女優らしい女優、岩下志麻。

これほど魔性の女の役が似合う女優はいないのではないかと思います。可憐な娘から鬼嫁にヤクザの女房。そして息子との禁断の愛に溺れる母親役まで。美人だからこそできる、いえ、美人でないと出来ない魔性の女役。岩下志麻はさすがです。
obladioblada | 1,662 view
清純、可憐にしてヌードも辞さない栗原小巻。改めて見てみると、やっぱり美人ですなぁ。

清純、可憐にしてヌードも辞さない栗原小巻。改めて見てみると、やっぱり美人ですなぁ。

文句なしに美人ですよね。栗原小巻。吉永小百合が主演を辞退した映画「忍ぶ川」では、ヌードになり濡れ場を演じて大きな評価を得ました。可憐ではかなげな容姿はコマキストにはたまらんところです。
obladioblada | 9,735 view
ピンク・レディー解散後の方がキレイ。90年代のケイちゃんこと増田恵子は、セクシーだったんだなぁ。

ピンク・レディー解散後の方がキレイ。90年代のケイちゃんこと増田恵子は、セクシーだったんだなぁ。

年を取ってからの方がキレイという女性がいますね。ケイちゃんこと増田恵子もその一人ではないでしょうか?!いえ、勿論ピンク・レディー時代も可愛かったです。スタイルも良かった。しかし解散後、90年代初頭の増田恵子はセクシーだったんですよねぇ。
obladioblada | 1,927 view
熟女ファン必見!五月みどり の色気が半端ない!

熟女ファン必見!五月みどり の色気が半端ない!

熟女エロスの女王の名をほしいままにした五月みどり。そのきっかけとなった映画「かまきり夫人の告白」は今でも語り草です。3年連続で紅白歌合戦に出場していた人気歌手が、突然ポルノ映画に出演したのですから当時は大騒ぎでした。その色気は今見ても半端ありません。
obladioblada | 21,267 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト