『宇宙戦士バルディオス』バッドエンドの最終回を迎えたロボットアニメだった!!
2016年12月7日 更新

『宇宙戦士バルディオス』バッドエンドの最終回を迎えたロボットアニメだった!!

アニメ『宇宙戦士バルディオス』は、『超合体魔術ロボ ギンガイザー』以来、葦プロがロボットアニメを3年ぶりに制作した作品です。全31話が放送されましたが途中で打ち切りになりました。後に劇場版で続きが描かれましたが衝撃の結末でした。

50,095 view

宇宙戦士バルディオス

宇宙戦士バルディオス

宇宙戦士バルディオス

1980年6月30日から1981年1月25日まで東京12チャンネルで放送された、葦プロダクション・国際映画社製作のロボットアニメである。全31話が放送され、後に劇場版も公開された。
スタッフは『ホセフィーナ』と『ドンデラマンチャ』の混成スタッフで制作され、元スタジオZのメンバーであった亀垣一らによるスタジオZ5作画担当作品としては第2作目(スタジオZ5の最初に関わったのは東京ムービー制作の『太陽の使者 鉄人28号』)。脚本家も『ホセフィーナ』と『ドンデラマンチャ』で混成されたが、新たに首藤剛志が加わった。

本作開始当初は『宇宙戦艦ヤマト』、『銀河鉄道999』といった松本零士原作アニメや『ルパン三世』といったアニメのブームが一段落し、『機動戦士ガンダム』が放送期間短縮となったが、放送終盤に大きなムーブメントを起こした後で、「ポスト・ヤマト」「ポスト・ガンダム」となるアニメ作品を各社が模索していた時期で、本作も様々な要素を取り入れた意欲作として放送が開始された。しかしアニメ雑誌でもまだ「ヤマト」「ルパン」「ガンダム」関連の記事が多く、また「ポスト・ガンダム」として本命視されていた『伝説巨神イデオン』が放送中だったこともあり、本作の関連記事は小さく、地味なスタートとなった。

ストーリー(あらすじ)

物語はソウルと呼ばれる恒星の第1惑星、S-1星から始ま...

物語はソウルと呼ばれる恒星の第1惑星、S-1星から始まる。かつては高度な文明を誇っていたが、いつの頃からか地表は放射能に汚染され、地下都市でしか生活のできない星と化していた。

さらに放射能汚染と物資不足は年を追うほど深刻な状況となっており、地下都市の人民の生活すら存続が危うくなっていた。
 (1795867)

S-1星の軍部である皇帝親衛隊のガットラーは 地球に移...

S-1星の軍部である皇帝親衛隊のガットラーは 地球に移住を求め、惑星侵略を計画した。

S-1星首脳部では2つのグループの意見が対立していた。

一つは、科学力による放射能の浄化を第一とする科学者グループ、もう一つは軍事力によって居住可能な惑星を侵略し、その星への移住を主張する軍部である。

だが、軍部を掌握する皇帝親衛隊のガットラーは、皇帝を暗殺し最高権力者、総統を名乗り、亜空間要塞「アルゴル」で侵略目標の惑星へと旅立つ。
亜空間突入時のトラブルから西暦2100年の太陽系へと流れ着いたアルゴルは、第3惑星・地球が居住可能と知り、アルデバロンは侵略を開始した。
この計画に反対した科学者はガットラーに殺され その息子...

この計画に反対した科学者はガットラーに殺され その息子、マリン・レイガンは父の仇を討つべく S-1星を裏切り、地球側に味方する。

 (1795876)

マリンは、地球防衛軍・ブルーフィクサーの一員なる。

マリンは、地球防衛軍・ブルーフィクサーの一員なる。

マリンは、ガットラーへの復讐心とパルサバーンを唯一操縦できる才能、そして何よりも青い海、大自然を愛する心を認められ、パルサバーンに地球メカを改造、合体させることによって誕生した巨大ロボット「バルディオス」でアルデバロンと戦うこととなる。
そして、3機のメカが合体して生まれる巨大ロボット バル...

そして、3機のメカが合体して生まれる巨大ロボット バルディオスを操縦し、ガットラーとの戦いに挑む。

ブルーフィクサー

世界連盟所属の地球防衛軍。BFS(Blue Fixer Secret)と略する。西暦2091年に放射能汚染、大気汚染など地球環境を調査・管理する目的として設置されたが、ストーリーが開始する西暦2100年の時点では既にバルディ・プライズ、キャタレンジャーを開発・保有する独自戦力を持つ防衛組織となっており、バルディオスの開発で一層その傾向は強まった。世界連盟所属ではあるが一定の権限を持つ独立した組織であるため、世界連盟上層部の政治的干渉や正規軍との軋轢もみられた。「影の軍隊」の異名を持ち、その秘密主義と世界連盟の統制の及ばない戦力増強を非難されたこともある。隊員の中でも特に最前線で任務をこなす最精鋭の隊員を指して「フィクサー」もしくは「バルディオスチーム」と呼称する。各隊員には階級が与えられているが、挨拶の際には敬礼ではなく握手を基本とする、パーティやコンサートの開催許可を与え隊員の親睦に努める等、文官出身の月影長官の人柄が反映された組織となっている。

【ブルーフィクサーのパイロット】

マリン・レイガン

マリン・レイガン

主人公。S-1星人。特務戦闘隊特別隊員。20歳。パルサバーンのパイロット。青い空と海を汚す者は許さない熱血漢。S-1星ではUFムセイオンと呼ばれる平和主義者の集まる学校の学生で、最高学位であるUF学士号を獲得しており、軍部の同校制圧後は父親の研究を手伝っていたようである。地球来訪後もこうした科学知識は彼の大きな武器となる。外見的特徴は青みがかったやや長髪の髪型。「マリン」とのネーミングは、青い海を守る者、という意味合いを込めて設定されたと言われる。一部の資料には「マリン・レーガン」と表記されている。
すべてが終わったあとは、地下都市へと避退する地球人にもさらなる新天地を目指すS-1星人にも同行せず、ただ一人地上に残って追憶にふけるシーンで、劇場版は終わる。
父を殺したガットラーを追って地球に辿り着いた。その素性...

父を殺したガットラーを追って地球に辿り着いた。その素性から母星からは裏切り者、地球人からはスパイの疑いを掛けられる。

70 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アニメ『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』マシンロボシリーズの第二作目で、変形ロボットの玩具も登場した!!

アニメ『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』マシンロボシリーズの第二作目で、変形ロボットの玩具も登場した!!

アニメ『マシンロボ ぶっちぎりバトルハッカーズ』は、バンダイの男児向けSF玩具路線「マシンロボ」の世界観を元にして制作されたロボットアニメでした。しかし、玩具の売上が伸びず打ち切られた残念な作品です。
星ゾラ | 6,408 view
80年代後半のサンライズの傑作「魔神英雄伝ワタル」が新作アニメとなってまさかの復活!!

80年代後半のサンライズの傑作「魔神英雄伝ワタル」が新作アニメとなってまさかの復活!!

80年代後半のサンライズの代表作「魔神英雄伝ワタル」が、新作アニメ「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」として令和の時代にまさかの復活!
隣人速報 | 2,577 view
ダグラム、ボトムズ、ガリアン、レイズナー…アニメ監督・高橋良輔が自身の関わった作品を語りつくす書籍を刊行!

ダグラム、ボトムズ、ガリアン、レイズナー…アニメ監督・高橋良輔が自身の関わった作品を語りつくす書籍を刊行!

80年代のロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」「太陽の牙ダグラム」などの監督として有名な高橋良輔が、書籍「アニメ監督で…いいのかな? ダグラム、ボトムズから読み解くメカとの付き合い方」を刊行することが明らかとなりました。発売予定日は2月9日。
隣人速報 | 2,077 view
『TAMASHII NATION 2017 オープニングセレモニー』/ 「秋葉原UDX」会場 -FUTURE ZONE-の内覧会レポート

『TAMASHII NATION 2017 オープニングセレモニー』/ 「秋葉原UDX」会場 -FUTURE ZONE-の内覧会レポート

バンダイの大人向けコレクターズ商品の統一ブランド「TAMASHII NATIONS」の10周年の集大成となるイベント「TAMASHII NATION 2017」が12月1日(金)から3日(日)に開催されます。「TAMASHII NATION 2017」のオープニングセレモニーと内覧会の様子をお伝えいたします。バンダイの最新技術で今後展開される懐かしのロボットアニメや特撮シリーズの人気キャラを沢山見ることが出来て大満足でした。
趣味の模型 | 1,482 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.15(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.15(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代から90年代の昭和の特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードや特撮のトラウマ作品も振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 77,639 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト