2016年11月20日 更新

昭和玩具史・懐かしい昭和のおもちゃの歴史(1950年代半ばから80年代前半)

1950年代半ばの電動玩具時代の始まりから任天堂のファミリーコンピューター発売(1983年)までのおもちゃの歴史を振り返ってみましょう。おもちゃの歴史を通じて、当時の文化や生活習慣などを振り返ることもできます。どっぷりと懐かしい昭和時代を満喫することができます。

162,262 view

1952年(昭和27年) 電動玩具第一号「セダン型自動車」(日本アルプス玩具)

マグネット使用の電動玩具第一号「セダン型自動車」

マグネット使用の電動玩具第一号「セダン型自動車」

マグネット使用の電動玩具第一号「セダン型自動車」

マグネット使用の電動玩具第一号「セダン型自動車」

日本アルプス玩具が作った電動玩具の第一号「セダン型の電...

日本アルプス玩具が作った電動玩具の第一号「セダン型の電動自動車」

日本アルプス玩具が、マグネットを用いたモーターを開発し世に送り出したセダン型の電動自動車。日本の電動玩具の第一号でもある。

1954年(昭和29年) 『東京科学工業株式会社(現、マブチモーター)』の登場で電池で動く玩具が増える。電動玩具時代へ突入。

マブチモーター株式会社は、小型モーターに特化した会社。...

マブチモーター株式会社は、小型モーターに特化した会社。1954年 - 野村トーイ社との取り引きをきっかけに東京に移転、1月18日東京科学工業株式会社を東京都葛飾区に設立し、本格的な製造販売を開始。

マブチモーター株式会社は、小型モーターに特化した会社で、世界シェアの有鉄心モーターで業界一番のシェアを占める電気機器の大手。小型モーターは現在では全製品をアジアを中心とする海外の工場で生産しており、日本にあるのは本社と研究所の機能のみである。

現在の同社の売上の内訳は、ミラーやドアロックなどに用いる自動車電装機器が約40%を占め、音響・映像機器のCD/DVDドライブ用モーターが約20%、インクジェットプリンターやデジタルカメラなど情報機器関連が約17%などとなっている(2007年12月期のデータより)。
マブチの模型工作用モーター

マブチの模型工作用モーター

小型モーターの「マブチモーター」の登場で電池で動く玩具が増える。電動玩具時代へ突入していく。

1954年頃 国産の「ミルク飲み」人形流行。人形遊びの元祖。

1954年頃 国産の「ミルク飲み」人形流行

1954年頃 国産の「ミルク飲み」人形流行

出典 ameblo.jp
1954年頃 国産の「ミルク飲み」人形流行

1954年頃 国産の「ミルク飲み」人形流行

発売当時、日本橋の百貨店では、この人形を求める人たちで開店前には長蛇の列ができ、1日で約200ダース(2400個)も販売されたそうです。
ミルクのみ人形の着せ替え遊び用の洋服も、この頃に発売されている。

1955年(昭和30年) 世界初の無線操縦玩具『ラジコンバス』(増田屋斉藤貿易)の発売

世界最古のホビーRCカー「ラジコンバス」 増田屋斎藤貿...

世界最古のホビーRCカー「ラジコンバス」 増田屋斎藤貿易(現在の増田屋コーポレーション)

ラジコンは今でも増田屋コーポレーションの登録商標です。
1955年12月 増田屋齋藤 商品広告「ラジコンバス」

1955年12月 増田屋齋藤 商品広告「ラジコンバス」

東京玩具商報1955年12月号(国立国会図書館の蔵書より)。初任給1万円程度の時代に定価4500円で発売された世界初のラジコンの歴史的な広告。「遂に出た 世界で初めての無線操縦玩具!」のコピー。
出典 ameblo.jp

1956年(昭和31年)から1957年頃 ホッピング大流行。戦後のおもちゃの歴史の中では最初のブームと考えられる。

1957年頃に『ホッピング』と命名されたポゴスティック...

1957年頃に『ホッピング』と命名されたポゴスティックが発売される。

バランス感覚を競う子供の遊びとして全国に流行したが、「ポゴをやり過ぎると胃下垂になる」という噂が広がり、ブームは沈静化して廃れて行った。
1980年頃、今度はバンダイが『スカイホッピー』として...

1980年頃、今度はバンダイが『スカイホッピー』として発売すると、第一次ブームを知らない子供達の間で再び流行した。

私は、こっちの第二次ブームでホッピングしました。

1957年(昭和32年) 髪型を自由に変えられる「カール人形」流行

髪型を自由に変えられる「カール人形」

髪型を自由に変えられる「カール人形」

少女向け玩具のヒット商品「カール人形」

少女向け玩具のヒット商品「カール人形」

1957年 赤銅鈴之助の「赤ザヤの刀」流行。テレビドラマ・映画・ラジオドラマ『赤胴鈴之助』(1957年)日本初のテレビキャラクター玩具が発売された作品

テレビドラマ・映画・ラジオドラマ『赤胴鈴之助』(195...

テレビドラマ・映画・ラジオドラマ『赤胴鈴之助』(1957年) 日本初のテレビキャラクター玩具が発売された作品

『赤胴鈴之助』(あかどうすずのすけ)は、福井英一と武内つなよしによる漫画で、ラジオドラマ化や映画化、アニメ化もされた。

北辰一刀流千葉周作道場の少年剣士、金野鈴之助の活躍を描く。父親の形見である赤い胴(防具)を着けることから「赤胴鈴之助」と言われる。

1957年、ほぼ同時期に異なる局で2種類のテレビドラマが製作されている。「日本のおもちゃ遊び」によると本作は日本初のテレビキャラクター玩具が発売された作品である。玩具はヒットし後年の月光仮面や鉄腕アトムへの流れを作った。

1957年から1958年にかけて大映製作の映画9作品が公開された。主演俳優の交代は、鈴之助役の梅若正二が人気を得たことで不遜な態度をとるようになりスタッフから嫌われ引退に追い込まれたためとされる。

1957年にラジオ東京 (現TBSラジオ)でドラマ化され、公募で選ばれた当時小学生の吉永小百合や藤田弓子が出演した。後に参議院議員となる当時15歳の山東昭子も語り手として出演している。回によっては生放送や公開録音もあった。
赤銅鈴之助の赤鞘の刀が流行

赤銅鈴之助の赤鞘の刀が流行

1958年(昭和33年) エポック社「野球盤」

初代野球盤(写真は復刻版)

初代野球盤(写真は復刻版)

野球盤の歴史 - YouTube

昭和33年ころの「野球盤」から現在の「リアル野球盤」まで その歴史の一コマ をご覧ください。
オールスター野球盤BM型 魔球装置付き(1972年)

オールスター野球盤BM型 魔球装置付き(1972年)

野球盤の代名詞にもなっている“消える魔球”装置が初めてついた野球盤。
当時の人気漫画「巨人の星」の大リーグボール2号がヒント。

“消える魔球は1イニング3球まで”といったルールが当時の子供達の間で作られた。この後、全ての野球盤(ジュニア、カプセルは除く)に消える魔球装置がつく。
出典 epoch.jp

1958年10月18日にフラフープ販売。日本中で爆発的に売れて一大ブームを起こした。

1958年10月18日にフラフープ販売

1958年10月18日にフラフープ販売

フラフープ(Hula hoop)は、直径1mほどのプラスティック製などの素材の輪で、輪の中に入った人が腰などを振って回転させるための輪。フラダンスのように腰を動かしてフープを回すので、フラフープと命名された。腰以外にも首・腕・足などを使い体の各部位で回して楽しむ。

商標名、登録商標であるためにフラフープということばは主に現代アメリカでは使用されず、フープ(Hoop)と呼称するのが通常である。それに伴い、フープをまわすことをフーピングと言い、フラフープで技を行う人をフーパーと呼ぶ。
遊具としての使用が主流だが、近年、パフォーマンスや競技、ダイエット用品として使用されている。

1958年にアメリカで大流行したことを受けて、同年10月18日に東京都の各デパートで一斉に販売が開始された。積水化学のポリエチレン管をアメリカの会社が加工して輸入したもので、価格は大人向けが270円で子供向けが200円。日産2万本のフラフープは、1ヶ月で80万本が売れた。

販売される店には行列ができ、日本中で爆発的に売れて一大ブームを起こした。人気のために品薄になり、マルサンなど他社も参入し、小売店が独自にポリエチレンのホースを繋げたものを150円で売ることもあった。
わずか40日足らずで1958年の日本のフラフープブーム...

わずか40日足らずで1958年の日本のフラフープブームは終焉した。

11月18日にフラフープ使用によるとされる胃穿孔で重態になる事件が起き、横浜市と神戸市でも同日に路上のフラフープで遊んでいた子供が交通事故に遭って警察庁もこれを問題視。さらに21日には千葉県で少年3人が腸捻転など内臓障害になったことから、千葉県東金市立東金小学校が小学校が11月22日に児童にフラフープ禁止令を出した。

宮城県でも教育委員会が警告を出し、厚生省もフラフープと健康障害への影響を検討することになり、ブームは急速に沈静化。40日足らずで1958年の日本のフラフープブームは終焉した。日本中が巻き込まれるブームは1960年のダッコちゃんブームにつながっていった。

1958年 国産初のプラモデル玩具「ノーチラス号」登場

日本最初のプラモデル「原子力潜水艦 ノーチラス号」

日本最初のプラモデル「原子力潜水艦 ノーチラス号」

昭和33年12月15日発売された日本最初のプラモデルがマルサンの1/300 ノーチラス号です。
当時の金型でそのまま成型してあります。中にはプラモデルの歴史を語る小冊子が2冊入っています。
説明書は当時のままですが、パッケージは50周年記念モデルとして新しく作りました。
日本最初のプラモデル「原子力潜水艦 ノーチラス号」

日本最初のプラモデル「原子力潜水艦 ノーチラス号」

1959年(昭和34年) 銀玉鉄砲『マジックコルト MC-50』(セキデン) 「銀玉鉄砲」が駄菓子屋に登場すると、男の子の遊びは大きく変わりました。

銀玉鉄砲第1号セキデン 『マジックコルト MC-50』...

銀玉鉄砲第1号セキデン 『マジックコルト MC-50』 1959年(昭和34年)

40発の銀玉を入れることができるが、連発ではなく、銃尾から突き出た棒(コッキングロッド)を引っ張って1発ずつ撃つ単発式だった。
ゴムを飛ばす割り箸鉄砲や細長い篠竹で作る竹鉄砲など、工夫を凝らしておもちゃの鉄砲を自作して遊んでいた昭和の時代。銀色にコーティングされた“銀玉”を実際に発射できるプラスチック製のおもちゃ「銀玉鉄砲」が駄菓子屋に登場すると、男の子の遊びは大きく変わりました。

日本初の銀玉鉄砲「マジックコルト」が駄菓子屋に初めて並んだのは昭和34年。発売当初はプラスチック製の銀玉でしたが、開発元である大阪のセキデン化学工業の社員が「鉄砲を撃つ度に弾を拾い集める子どもの姿」を見て、もっと安く作れる素材を探すことを決意。そして誕生したのが、七輪などに使われる軽くて安価な珪藻土を使った銀玉だったのです。

「ローン・レンジャー」や「ララミー牧場」など、アメリカの西部劇TVシリーズが人気を博していた時代に銀玉鉄砲は大ヒット! 同社では1日に3万丁を製造し、銀玉だけで約2トンに上っていた時期もあったそう。
『ララミー牧場』 日本での最高視聴率は43.7%(19...

『ララミー牧場』 日本での最高視聴率は43.7%(1961年2月23日)。男はみなガンマンになりたかった。

『ララミー牧場』(LARAMIE)は、1959年から1963年にかけてアメリカのNBCで放送されたテレビ映画の西部劇。60年代前半のテレビ西部劇の黄金期にローハイドと並んでもっとも視聴率が高かった番組であった。主演はジョン・スミス とロバート・フラー。

一話完結方式で全124話。日本では、1960年6月30日から1963年7月18日まで、毎週木曜日夜8時からNETテレビ(現テレビ朝日)系で放送された。この放送の中にはロバート・フラーの来日でスタジオでの特別番組(司会は淀川長治)であったり、ロバート・フラーの父母を交えての「ララミー牧場大会」のイベントも放送した。
1960年:西部劇ドラマの流行でガン・ブーム起こる
「ローン・レンジャー」や「ララミー牧場」など、アメリカ...

「ローン・レンジャー」や「ララミー牧場」など、アメリカの西部劇TVシリーズが人気を博していた時代に銀玉鉄砲は大ヒット! 左が初代マジックコルト、右が2代目マジックコルト

1959年(昭和34年) 『プラレール』(富山商事) 鉄道おもちゃのロングセラーの登場

初代プラレール「プラ汽車セット」(1959年)

初代プラレール「プラ汽車セット」(1959年)

プラレールの原型となったもの。まだ小型モーターは内蔵していない。手で転がして遊ぶもの。
196 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

今、大人がハマる・・・ミニ四駆ブーム再到来!

今、大人がハマる・・・ミニ四駆ブーム再到来!

子供の頃に熱中した「ミニ四駆」 その世代の大人達が、今や我が子を持つ父親となり、子供と一緒に楽しめることで、再ブームとなっている!おもちゃ屋・カラオケ店・飲み屋にまでミニ四駆のコースを置く店舗も出現!なんと利用者が増えているとか・・・
パウエル | 24,058 view
小学生の頃に欲しくてたまらなかったラジコン

小学生の頃に欲しくてたまらなかったラジコン

80年代はラジコンがブーム! テレ東で「タミヤRCカーグランプリ」なる番組まであったほど。
ヤマダゴロー | 101,276 view
初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

1996年に発売され、当時大流行した携帯型育成ゲーム・初代「たまごっち」を完全復刻した商品「祝20しゅーねん!たまごっち」が11月23日に発売されます。お世話しないと死ぬ仕様も完全再現!!
隣人速報 | 888 view
ミニ四駆世代必見!「タミヤフェア2017」が今年も開催されます!!

ミニ四駆世代必見!「タミヤフェア2017」が今年も開催されます!!

静岡の秋のホビーイベントとしてすっかり定着したタミヤフェア。注目の新製品の展示をはじめ、参加型の様々なイベント、さらに会場でしか買えない限定商品の販売や、掘り出し物の即売などのコーナーが展開されます。
隣人速報 | 931 view
大人の玩具へと進化した「超合金」列伝(超合金・ポピニカ・DX超合金・超合金魂・DX超合金魂)

大人の玩具へと進化した「超合金」列伝(超合金・ポピニカ・DX超合金・超合金魂・DX超合金魂)

子供にとって憧れの存在だったポピーの懐かしい超合金・DX超合金・ポピニカシリーズから大人のための玩具として進化を遂げている超合金魂・DX超合金魂の最新作まで人気ロボットアニメ作品中心に「超合金」を振り返ってみましょう。
ガンモ | 33,979 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト