大人になると決して見えない、高校生の友情、バカさ、青臭さが詰まった、 踊らないジャニーズ「男闘呼組」の映画『ロックよ、静かに流れよ』
2019年4月15日 更新

大人になると決して見えない、高校生の友情、バカさ、青臭さが詰まった、 踊らないジャニーズ「男闘呼組」の映画『ロックよ、静かに流れよ』

実話がベースになってつくられた男闘呼組主演映画。いわゆるジャニーズアイドル映画だが、それだけに終わっていないのはメンバーのそれぞれの個性や、あの頃もってた熱いものを忘れかけていた大人の心にも訴えかけるものがあるからだろう。

19,231 view

ロックよ、静かに流れよ

『ロックよ、静かに流れよ』(ロックよ、しずかにながれよ)は、1988年に公開された、プルミエ・インターナショナル、ジャニーズ事務所製作、東宝配給の映画である。監督は長崎俊一。男闘呼組主演作品。
長野県松本市で起きた実話が原作となっている。
ロックバンド活動を夢見ていた高校生四人組が、不良のレッテルを貼られながら、困難や仲間の不慮の死を乗り越えてコンサート決行へと突き進む姿を描いた青春群像劇である。
 (1668362)

スタッフ

監督:長崎俊一
製作者:ジャニー喜多川、増田久雄
脚本:長崎俊一、北原陽一
原作:吉岡紗千子
撮影:杉村博章
美術:尾関龍生
音楽:義野裕明
録音:宮内一男
照明:佐藤勝彦
編集:大島ともよ
助監督:崎田憲一、小林のぞみ
音響効果:帆刈幸雄、円雄二
制作担当:磯村達也
制作デスク:綾井てるみ、飯島三智(ジャニーズ事務所)
視覚効果:白組
カースタント:タケシレーシング
楽曲提供:ジャニーズ出版
MA:アオイスタジオ
現像:IMAGICA
プロデュース:佐倉寛二郎
ロケ協力:豊科町

キャスト

片岡俊介/岡本健一

片岡俊介/岡本健一

母の離婚により東京から長野県松本市に引っ越すことになった高校生。
ふとしたことで出会ったミネサ、トンダ、トモとバンドを結成する。
大峰たけし(ミネサ)/成田昭次

大峰たけし(ミネサ)/成田昭次

不良で同じクラスに転校してきた俊介に因縁をつけ、喧嘩したあと、意気投合する。
戸田務(トンダ)/高橋一也

戸田務(トンダ)/高橋一也

学校一の不良。他校の生徒との乱闘の末、3人と意気投合する。
友成拓也(トモ)/前田耕陽

友成拓也(トモ)/前田耕陽

ちょっと気弱な、オチャラケキャラ。ドラム担当。

ストーリー

母親(あべ静江)の離婚で、東京から長野県松本市に越すことになる高校生の俊介(岡本健一)。
転校初日、同じクラスの不良のミネさ(成田昭次)に因縁をつけられ、廃工場でけんかをした後、
友情が芽生える。
 (1668405)

それから、学校一の不良のトンダ(高橋一也)ちょっと気弱なトモ(前田耕陽)の4人で、東京に行き4人が大好きなバンド「CRIME」のライブを観る。刺激を受けた4人は、バンドやろうと決める。
そしてロックバンド「ミッドナイトエンジェル」は誕生する。
 (1668394)

楽器を買うため、肉体労働等のバイトに明け暮れる4人。
賞金欲しさに応募した、長野県の「郷土提言賞」という懸賞論文に入賞して、
「ミッドナイトエンジェル」は順調に伸びていく。しかしデビューライブを
11月30日に決まった(これは4人が憧れのCRIMEと同じ)ある日ミネさ(成田昭次)が、オートバイ事故で死んでしまう。
 (1668420)

俊介(岡本健一)、トンダ(高橋一也)、トモ(前田耕陽)の3人はバンドを続けるかどうか悩んだ末に、デビューライブをミネさ(成田昭次)の追悼ライブにすることにした。
新聞社のホールを借り、ミネさの遺影を前に歌う3人。
満員の客席中に俊介の母(あべ静江)ミネさの母も3人を見守る。
「ミッドナイト・エンジェル」のデビューライブは大成功にて幕が閉じる
 (1668392)

 (1668447)

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

川原由美子が描いた少女群像集『花盗人たちの夜』

川原由美子が描いた少女群像集『花盗人たちの夜』

はかなげな少女はいつの時だって私たちの心を奪いますね。川原由美子が描くのはそんなはっ!とさせられるうつくしい少女たち。元気でお転婆でときにはか細いほどに、繊細。どんな少女の姿をわたしたちに見せてくれるのでしょうか。今回の作品はこちら、『花盗人たちの夜』。
me*me | 283 view
昭和を感じる小学生女子の「草花遊び」

昭和を感じる小学生女子の「草花遊び」

ゲームもあまりない時代、小学校の下校のとき、まっすぐ帰らず寄り道をしませんでしたか? 季節の草花でこんなことやあんなこと。いろいろ見たり時には味わったり。当時の風景を思い浮かべながら振り返ってみました。
ルピナス | 732 view
大好きだった加古里子(かこさとし)さんの絵本!とくに心に残っている絵本を3つ紹介。

大好きだった加古里子(かこさとし)さんの絵本!とくに心に残っている絵本を3つ紹介。

加古里子(かこさとし)さんの絵本「おはなしのほん」、きっと皆さん幼いころに読んだことでしょう。ワクワクしたりほのぼのしたり、教えられることがあったり。そんななかから筆者が大好きだった絵本を3選。「だるまちゃんとてんぐちゃん」「カラスのパンやさん」「にんじんばたけのパピプペポ」です。
青春の握り拳 | 1,309 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,565 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日は映画の日! アンケート《ペットと言って思いつく映画》 1位は「101匹わんちゃん」

12月1日《映画の日》にちなんで、アイペット損害保険株式会社はペットが出てくる映画に関する調査を実施しました。対象は犬・猫の飼い主。調査の結果、最も人気だったのは「101匹わんちゃん」。他にもあの映画たちがランクインしています。
内田裕也が脚本・主演の映画「コミック雑誌なんかいらない!」に登場した、80年代を象徴する事件とは?

内田裕也が脚本・主演の映画「コミック雑誌なんかいらない!」に登場した、80年代を象徴する事件とは?

「ロックンロールの重鎮」として、昭和・平成を駆け抜けた内田裕也。彼が脚本及び主演を務めた1986年公開の映画「コミック雑誌なんかいらない!」に登場した80年代を象徴する事件とは?
「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットにより、再び注目を集めているロックバンド「クイーン」及び「フレディ・マーキュリー」。連日各メディアで報道されていますよね。そんな中、他の洋楽アーティストを題材にした映画が「クイーンに続け」とばかりに、多数企画されているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 1,406 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト