【ミレニアム歌手】もう40歳になった演歌歌手、氷川きよしの歌手人生をちょこっと振り返る
2017年11月16日 更新

【ミレニアム歌手】もう40歳になった演歌歌手、氷川きよしの歌手人生をちょこっと振り返る

「きよしぃ!」とおばさま方に黄色い声援をもらいながら歌っていた好青年だった氷川きよしが40歳になり新しいことにも挑戦中! KIYOSHI名義でポップスも歌いこなす演歌歌手、氷川きよしに大注目してみました!

664 view

箱根八里の半次郎で鮮烈デビュー

氷川きよし

氷川きよし

ひかわきよし
生年月日:1977年9月6日
デビュー:2000年

年齢問わず女性に大人気でルックスと歌声とが相まってファンが増大中。デビューは師匠とも言われている水森英夫にとある番組に出場した際にスカウトされたとか。
出典 prtimes.jp
「箱根八里の半次郎」で歌手デビューした氷川きよし。そのデビューは2000年とミレニアムイヤーにデビューとなりましたが、いささか下火になっていた演歌界に鮮烈にデビューし注目を集めました。

その理由はいくつかあり、まずはそのルックスです。ポップス歌手としてデビューしてもおかしくはない顔立ち。そこに付随するように存在するしっかりとした基礎を築いた歌声。演歌歌手としてデビューしトップスターになるには若すぎる年齢・・・。
女性を中心に人気が上昇し瞬く間にトップスターとなりました。特におばさま方には熱烈なファンが多く、テレビなどで歌っている映像と共にきよしカラーに染まったご年配の女性が多く映っていました。
デビュー曲の「箱根八里の半次郎」

デビュー曲の「箱根八里の半次郎」

2000年2月2日発売
当時23歳の氷川きよしは話題作りにビートたけしの名前を使いました。
ファンでもない人でもテレビに映る氷川きよしを見て
「この人、ビートたけしが名付け親なんでしょ?」
と話していたものです。
本名は山田清志というよくありがちで芸能人として活動していくには少しインパクトに欠ける名前です。そこでビートたけしに福岡から上京していた山田青年の芸名をつけてほしいと頼んだそうです。氷川きよしという名前の名付け親として紹介したとなったわけですが、これは後日談で作られたエピソードだったとビートたけしが語っていたとされます。
名付け親になったビートたけし

名付け親になったビートたけし

実際はビートたけしや志村けんなど氷川きよしを可愛がる芸能界の大先輩も多く、ビートたけし自身も氷川きよしの名付け親だと名乗っていたこともあったとか。どちらにしても氷川きよしにとってはビートたけしという存在は恩人のほかならぬ人でしょう。

熱狂的なファンが集中

話題が話題を呼んで氷川きよしの人気はとどまることを知らず昇っていくばかりです。息子にも孫にも匹敵するような年齢の氷川きよしに夢中になりさながらアイドル歌手並みの人気者となりました。

箱根八里の半次郎

おばさま方の人気を独り占めし始めた頃のとでは歌い方も舞台上での余裕感も全く違ってきます。
きよしファンの掛け声にも注目して聞いてみてください。

箱根八里の半次郎

歌声とその若さとで人気が出たわけでもなくもちろんその歌声がよくてファンになった人も多くいたと思いますが、注目されるのは残念ながらそのルックスに夢中になっている女性ファンばかりで、演歌歌手としては一発屋になっても致し方ないという感が強くあったと思いますが、そこで一発屋にならないのが氷川きよしの実力といった感じでしょう。

大井追っかけ音次郎

しっかりと歌手でもあり作曲家の水森英夫の下でレッスンを受け歌の基礎を叩きこまれて育った氷川きよしの実力は一時的な熱狂ファンだけではなく演歌をこよなく愛している年代にも浸透していきました。

歌手としての実力は

デビューしてから4曲は演歌と言っても軽いノリのものが主で演歌の王道のような演歌はリリースしていませんでした。
結局、氷川きよしという演歌歌手はその手の歌手だったのかと思わされ始めた時に5曲目の「白雲の城」をリリースしました。

白雲の城

この曲は今までのように洋装ではなく歌詞の内容を重視した和装で歌っています。そのスタイルが、歌番組などでも話題になり氷川きよしの本領発揮といった感じで好感が持てました。
「白雲の城」がアレンジされてオーケストラの演奏で歌っている動画もあり、日本の演歌歌手、氷川きよしといったイメージが先行し始めます。

白雲の城

46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの有名人の意外な名付け親とは?…芸能界ゴッドファーザー列伝!

あの有名人の意外な名付け親とは?…芸能界ゴッドファーザー列伝!

芸能人にとって、自らの浮沈にかかわる大事な「芸名」。自らつけた人もいれば、事務所のお偉いさんに付けてもらった人もいることでしょう。中には、意外な有名人がその命名に関わっているなんていうことも…。ということで今回、「芸能界ゴッドファーザー列伝」と題して、タレントの名付け親になった意外な有名人ついて特集していきます!
こじへい | 1,785 view
牧村三枝子の『みちづれ』は、大物歌手Wから譲ってもらった曲だった!?そこには知られざる男気あるエピソードが!

牧村三枝子の『みちづれ』は、大物歌手Wから譲ってもらった曲だった!?そこには知られざる男気あるエピソードが!

牧村三枝子のヒット曲『みちづれ』は、ある先輩歌手の方から譲って頂いた曲でした。そこには知られざる感動のエピソードがありました。一体どんな事があったのでしょうか?ヒットまでの道のりと共に振り返ります。
モンステラ | 1,991 view
【2010年代歌手】アイドル並みの人気?!演歌歌手、福田こうへいの人気の秘密に迫る!

【2010年代歌手】アイドル並みの人気?!演歌歌手、福田こうへいの人気の秘密に迫る!

演歌歌手として2012年にデビューした福田こうへい。皆が驚くほどの声量と端正な顔立ちでアイドル並みの人気を博しているという噂が!デビューから現在に至るまでの人気の秘密に迫れるか?!福田こうへいの魅力をたっぷりと堪能しよう
【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!
お家騒動も色々あった!?『たけし軍団』を改めて、おさらいしてみた!!

お家騒動も色々あった!?『たけし軍団』を改めて、おさらいしてみた!!

1983年に正式に結成されたビートたけしのもとに弟子入りした人物らにより構成されているたけし軍団。色々と事件やお家騒動もありました。改めて振り返ってみました。
ギャング | 10,788 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト