牧村三枝子の『みちづれ』は、大物歌手Wから譲ってもらった曲だった!?そこには知られざる男気あるエピソードが!
2017年3月3日 更新

牧村三枝子の『みちづれ』は、大物歌手Wから譲ってもらった曲だった!?そこには知られざる男気あるエピソードが!

牧村三枝子のヒット曲『みちづれ』は、ある先輩歌手の方から譲って頂いた曲でした。そこには知られざる感動のエピソードがありました。一体どんな事があったのでしょうか?ヒットまでの道のりと共に振り返ります。

1,820 view

『みちづれ』は牧村三枝子の12枚目のシングル

『みちづれ』牧村三枝子(1978年10月21日発売): 下記URLに移動しました。 (1838721)

1978年10月21日リリース

作詞:水木かおる
作曲:遠藤実

1979年第21回日本レコード大賞 ロング・セラー賞
1979年度年間9位(オリコン)
累計売上110万枚

みちづれ 牧村三枝子

アイドルのようにかわいらしいですよね!!
所属事務所の社長から「ミーコ」と呼ばれ可愛がられていたそうです。

牧村三枝子 みちづれ

お着物姿もとても素敵ですね!曲としっくりきますね!

ヒットまでの道のり

ヒット曲も多数あり、順風満帆な歌手人生を歩んでいるように見える牧村さん。しかし最初のヒット曲となった『みちづれ』に出会うまでは大変な苦労があったそうです。

2016年にテレビ番組でエピソードを語られていました。

徹子の部屋 7月27日 ! 徹子の部屋 牧村三枝子 - 16.07.27

牧村三枝子さんは、北海道美唄市出身の5人兄弟の末っ子として生まれました。
北海道美唄市

北海道美唄市

とても自然豊かなところで生まれたんですね。美しい唄で美唄市とは、まるで牧村さんが歌手になることが運命だったかのような場所ですね!
炭鉱夫であった父が、40代後半になると長年の炭鉱勤務による疲労から、体が衰弱し、ほとんど働くことが出来なくなりました。牧村さんはまだ小学校に入るか入らないかの頃です。

そして母の食堂での皿洗いだけが収入源になります。
暮らしぶりといえば、6畳一間に家族7人がすし詰め状態。極貧生活だったそうです。
写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1838998)

確かに7人で6畳は小さいですよね~。思春期は特につらいですね。。
牧村さんが15歳のとき、歌手になることを決意。上京し、釣り具店で働きながら歌手の道を目指します。

19歳の時に『少女は大人になりました』で歌手デビュー。しかしその後レコードを数枚出すものの全く売れなかった。一方で両親が暮らす美唄でも炭鉱が閉山してしまい、両親は完全に職を失い、そんな両親を放っておけず、牧村さんは、わずかな稼ぎから仕送りをし続けました。
Amazon.co.jp: 牧村三枝子 : 少女は大人になりました (MEG-CD) - ミュージック (1839319)

デビュー当時の牧村さん。とってもかわいいですね♪
72年といえば、浅丘めぐみさんや森昌子さんもデビューした年でした。

渡哲也に『みちづれ』をいただく

レコードがなかなか売れない苦しい時期が8年程度続きました。

そんなある日、所属レコード会社の先輩歌手にあたる渡哲也さんのシングル曲『みちづれ』を偶然聞き、この曲を歌いたいと直談判したのです。
みちづれ 歌詞 渡哲也 ※ Mojim.com 魔鏡歌詞網 (1839324)

累計では渡哲也の「みちづれ」売上枚数は約20万枚だったそうです。
出典 mojim.com
その結果、渡さんは快諾してくれたのです!!
さらに渡さんは牧村さんのために自分の『みちづれ』を廃盤にし、牧村三枝子さんのレコードが自分のレコードと間違いなく売れるように配慮してくれたそうです。
なんて素敵なエピソードなんでしょうか!渡さんの男気を感じますね。
そんなエピソードを聞いてしまうと、渡さんのレコードも欲しくなっちゃいます!!

道連れ 渡哲也

とても素敵な歌声です!廃盤なんてもったいない。とても後輩おもいな渡さんですね。
そんな牧村さん、現在も独身なのですが、その理由は牧村さんいわく『結婚したい男性は、先輩でお世話になり『みちづれ』を私に下さった渡さん、亡くなった石原裕次郎さんの二人だけ。私が21歳の頃にそのお二人と出逢ってからは、他の男性に一切目が行かなくなった」とのことです。

確かに、20代のころにこんな男気ある二人に出会ってしまったらほかの人に目がいかなくなるのも分かるかも。。

牧村美枝子の『みちづれ』がロングヒットに

38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

千昌夫『北国の春』の故郷は○○だった!?歌番組出演時の衣装には驚きのエピソードが!

千昌夫『北国の春』の故郷は○○だった!?歌番組出演時の衣装には驚きのエピソードが!

千昌夫の大ヒット曲『北国の春』の歌詞に出てくる”故郷”は、ある意外な場所でした。そして歌番組出演の際に着ていた衣装には、千昌夫のある想いが込められていました。そのエピソードとは!?
モンステラ | 4,816 view
【永久保存】演歌歌手・藤圭子の懐かしい貴重な映像 

【永久保存】演歌歌手・藤圭子の懐かしい貴重な映像 

演歌歌手の藤圭子は旅芸人の子供として生まれ、中学を卒業して上京、1970年代に演歌歌手として活躍した。宇多田ヒカルの母親だ。2013年に西新宿のマンションから転落死した。 藤圭子さんのデビュー当時からの貴重な映像や画像を集めてみました。
布施明『シクラメンのかほり』は、当初作曲者がお蔵入りにしていた曲だった?その真相とは!

布施明『シクラメンのかほり』は、当初作曲者がお蔵入りにしていた曲だった?その真相とは!

布施明さんのヒット曲『シクラメンのかほり』は、実は作曲者がお蔵入りにしていた曲でした。その真相とは?誕生エピソードやヒット後の反響と共に振り返ります。
モンステラ | 1,853 view
お経みたいと言われた寺尾聰『ルビーの指環』を輝かせたのは大物俳優Y.Iだった!

お経みたいと言われた寺尾聰『ルビーの指環』を輝かせたのは大物俳優Y.Iだった!

『ザ・トップテン』では放送第1回目の第1位、かつ10週連続1位という同番組の最長記録を樹立し、根強い人気を誇った『ルビーの指環』。しかしその背景には曲を出すに至るまでに苦難のエピソードがありました。当初、所属プロダクション専務から否定された寺尾聰を救ったのは、あの大物俳優の一言でした。
モンステラ | 10,101 view
結婚式の定番ソング『お嫁サンバ』。当初、郷ひろみは歌いたくなかった!?

結婚式の定番ソング『お嫁サンバ』。当初、郷ひろみは歌いたくなかった!?

誰もが一度は聞いたことがあるはず!結婚式で歌えば大盛り上がり間違いなしのこの曲。実は、郷ひろみは初めて出来上がった曲を聴いたとき、歌うのをためらったそうです。こんな名曲なのにどうして??どんなエピソードだったのでしょうか!!!
モンステラ | 2,033 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト