2017年1月25日 更新

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。

99,551 view

アーティストの音域データが分かる「音域.com」

カラオケに行って好きな曲を原曲キーで歌おうとして玉砕、そんな経験ってありませんか?

80年代から90年代、音楽のトレンド変化とともに男性ボーカルのキーは高くなっていきましたね。
「あのアーティストの曲は高くて出せない」「このアーティストは高く聴こえるけど意外と歌える」なんて会話も、カラオケでのお約束だったと思います。

そんな、よく話題にもなったアーティストの「キー」を分かりやすく示してくれているサイトが「音域.com」です。
詳細はぜひサイトを閲覧いただけたらと思うのですが、筆者は自分がよくカラオケで歌ったり玉砕したりした、主に90年代の邦楽アーティストについて、こちらのサイトに掲載されていた情報を見るのが楽しかったので、こちらのサイトで掲載されているアーティストの「平均最高音順」を参照しながら紹介させていただきます。

個別の音域の正確さ、あるいは順位といったものを追及するわけでなく、あくまで90年代によくカラオケでトライして「あれはイケた!」「これは無理だったな~」といった当時の感覚を、こちらのサイトを拝見しながら答え合わせするようなお気軽な気持ちで楽しんでみてください。

ちなみに筆者はこのサイトを知り、カラオケで自分が歌いたい曲のキー調整をするようになりました。
※自分の声域の限界を冷静に把握することが出来ました・・・

キーの高低は「ラ」を起点に「ラ~ソ」を「A~G」で表示

オクターブは低いほうから「low~、mid1~、mid...

オクターブは低いほうから「low~、mid1~、mid2~、hi~、hihi~」(これで5オクターブ)

「#」は黒鍵です。
多くの男性アーティストの平均最高音域は「mid2G~hiB」あたりとなっており、「hiC」を上回ってくるような音域はおそらく私たちが「高い~!」と感じる音域なんじゃないかと思われます。

なお地声と裏声、シャウトなどで大幅に変わることは当然ですので、そのあたりの正確性を問わずに「平均的にこのあたりの音域を最高音としていた」という感覚でみていきましょう。

焦らすように「低め」の音域を歌ったアーティストから、その代表的な名曲を見ていきます

手っ取り早く一覧が知りたい方はコチラにどうぞ。

邦楽女性編はコチラ

mid2D

寺尾聰

寺尾聰

名曲「ルビーの指環」は誰もが聴いたことがあるでしょう。
キーの高さを感じる楽曲ではありませんでしたよね。
この曲は「lowG~mid2B」の音域で歌われているそうです。

02 ルビーの指輪

mid2E

大滝詠一

大滝詠一

柔らかくてダンディーな声、私たちの世代だとドラマ「ラブジェネレーション」主題歌となった「幸せな結末」などが印象に残っているでしょうか。
この曲は「mid1C~mid2E」の音域のようです。

幸せな結末

mid2F#

福山雅治

福山雅治

甘いマスクから発せられる声は高音よりも、男らしさを求めているようにも聴こえます。
数々の名曲がありますが、筆者はよく合コンで「HELLO」をベタに歌いました。
この曲は「mid1D#~mid2F#」のようです。

HELLO / 福山雅治

mid2G

「mid2G」を平均高音域とするアーティストから一気に増えてきます。
メッセージをストレートに伝えてくるアーティストが多いようにみえますね。
Dragon Ash

Dragon Ash

90年代後半、彼らの楽曲に新鮮さを感じた人は多かったかもしれませんね。
私はとくに車中でガンガンに流しておりました。
よく聴いた「Life goes on」はmid2Eあたりの音域のようです。

Dragon Ash 2002~2010 - Life goes on (PV 90sec)

THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS

これはもう、カラオケで定番といってよいでしょう。
キーの高さでなく、いかにアツく歌えるかですよね。
誰もが歌ってジャンプした「リンダ リンダ」は「mid1B~mid2G」のようです。

リンダリンダ / THE BLUE HEARTS / TV

THE YELLOW MONKEY

THE YELLOW MONKEY

イエモン、大好きだった人多いでしょう。
バラードから激しいのまで、ずいぶんとカラオケで歌ったもんです。
数々の名曲がありますが、例えば「楽園」は「mid1E~mid2F#」だったようです。

楽園 / THE YELLOW MONKEY

hide

hide

X JAPANとしてだけでなく、ソロとしても人気を誇ったhide。
彼のトリビュートアルバムは唯一のミリオンセラーですね。
大好きな「Beauty & Stupid」はmid2F#で歌われています。

hide - Beauty & Stupid

ZIGGY

ZIGGY

ZIGGYといえば、そう「GLORIA」!
大好きなこの曲は「mid1G~mid2G」音域のようです。
174 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 74,875 view
名古屋・栄の『大人のアニソンバー熱血正義』で子供の頃に熱狂したアニソンを存分に歌おう!

名古屋・栄の『大人のアニソンバー熱血正義』で子供の頃に熱狂したアニソンを存分に歌おう!

同世代でカラオケに行って盛り上がるとつい始まるのがアニソン縛り!そんな経験ってありませんか。同じ世代、同じヒーローに熱狂した私たちが、あの頃を思い出して存分に盛り上がれる!そんな大人のアニソンバーが名古屋・栄に登場。何とお店の主題歌をアニメ界を代表するシンガーソングライター「山本正之氏」が歌う!店内には我々世代ならだれでも知っているコミックボンボン等で連載作品多数の漫画家「のなかみのる氏」の直筆イラストがいっぱい!そんな『大人のアニソンバー熱血正義』をご紹介いたします。
B'zを代表する定番クリスマスソング「いつかのメリークリスマス」と、コンセプトアルバム「FRIENDS」

B'zを代表する定番クリスマスソング「いつかのメリークリスマス」と、コンセプトアルバム「FRIENDS」

世代を超えて支持されるクリスマスソングといえばB'zの「いつかのメリークリスマス」。1992年にリリースされたこの曲はシングルでない(コンセプトアルバム「FRIENDS」に収録)にもかかわらず、B'zを代表するバラード曲として定着。20年前に恋人と車中で聴いていたなんて方も多いのではないでしょうか。
青春の握り拳 | 3,727 view
1970年代後半のカラオケランキングトップ15をご紹介☆彡

1970年代後半のカラオケランキングトップ15をご紹介☆彡

1970年代後半のカラオケランキングには、今もなお老若男女問わずに愛され続けている名曲がずらり!! 過去の映像とともに楽しんでいただき、忘年会シーズンにカラオケなどの参考にしていただけたらと思います!
ローズリー | 4,813 view
小室哲哉、ドリカム、ミスチル!錚々たるアーティストがヒット曲を連発した1995年オリコンTOP10を振り返る。

小室哲哉、ドリカム、ミスチル!錚々たるアーティストがヒット曲を連発した1995年オリコンTOP10を振り返る。

CDやMD、カラオケが全盛期だった90年代。ミリオンヒットが続々と登場し、人気曲はカラオケでも散々歌い倒しましたね!小室哲哉の小室ファミリーやドリカム、ミスチル、B'zにスピッツ。錚々たるアーティストがヒット曲を連発した年でした。
青春の握り拳 | 12,009 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト