【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。
2017年1月31日 更新

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。

138,069 view

アーティストの音域データが分かる「音域.com」

80年代から90年代、音楽のトレンド変化とともに女性ボーカルのキーは高くなっていきましたよね。
伸びのある高音、ときには可聴領域の限界に近いんじゃないかなんてハイトーンの曲もしばしば。
TKプロデュースの曲などは総じてキーが高い印象がありました。

そんな、よく話題にもなったアーティストの「キー」を分かりやすく示してくれているサイトが「音域.com」です。
詳細はぜひサイトを閲覧いただけたらと思うのですが、筆者は自分がよく聴いていたアーティストについて、「キー高いな~これ」なんて感じていた曲が、実際にどのくらいのキーだったのか確認出来るこちらのサイトが楽しかったので、掲載されているアーティストの「平均最高音順」を参照しながら紹介させていただきます。

個別の音域の正確さ、あるいは順位といったものを追及するわけでなく、あくまで90年代によく聴いたり、女子がカラオケでトライしていたな~といった当時の感覚を、こちらのサイトを拝見しながら再確認するようなお気軽な気持ちで楽しんでみてください。

キーの高低は「ラ」を起点に「ラ~ソ」を「A~G」で表示

オクターブは低いほうから「low~、mid1~、mid...

オクターブは低いほうから「low~、mid1~、mid2~、hi~、hihi~」(これで5オクターブ)

「#」は黒鍵です。
多くの女性アーティストの平均最高音域は「hiC~hiD」あたりとなっており、「hiE」を上回ってくるような音域はおそらく私たちが「高い~!」と感じる音域なんじゃないかと思われます。

なお地声と裏声、シャウトなどで大幅に変わることは当然ですので、そのあたりの正確性を問わずに「平均的にこのあたりの音域を最高音としていた」という感覚でみていきましょう。

焦らすように「低め」の音域を歌ったアーティストから、その代表的な名曲を見ていきます

手っ取り早く一覧が知りたい方はコチラにどうぞ。

邦楽男性編はこちら

hiA

hiAやhiA#は女性ボーカルでは高音ではないようです。
聴いていたアーティストもなるほど、高音というよりも力強さや雰囲気、メロディーなどの特徴がそれぞれにありました。
松任谷由美

松任谷由美

荒井由実時代から数々の名曲を送り出してきたユーミンこと松任谷由美。
そもそもキーの高さを追い求めるスタイルではありませんね。
名曲「真夏の夜の夢」は「mid1G~mid2G#」の音域のようです。

真夏の夜の夢-松任谷由実

中森明菜

中森明菜

「少女A」に始まり、アイドル路線全盛のなかで独特な楽曲を次々にヒットさせた中森明菜。
声質も低く、伸びやかな低音がむしろ個性だったと思います。
名曲「DESIRE」は「mid1F#~hiA」の音域です。

中森明菜 - DESIRE

145 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

目指せ!魅せるすっぴん肌へ!良質な馬プラセンタを100%使用【Horskin(ホースキン)馬プラセンタ原液美容液】

目指せ!魅せるすっぴん肌へ!良質な馬プラセンタを100%使用【Horskin(ホースキン)馬プラセンタ原液美容液】

35歳を過ぎた頃から、お肌の悩みは一変。今まで気にならなかった「ほうれい線」「しわ」「乾燥」など、毎日のスキンケアを見直したい、そんな女性のために生まれた馬プラセンタ原液美容液『Horskin(ホースキン)』をご紹介★
川原由美子さんが描いた少女から大人への階段を上る成長ストーリー『ばいばいストロベリー』

川原由美子さんが描いた少女から大人への階段を上る成長ストーリー『ばいばいストロベリー』

「変わらないものなんてない、心は移ろいながら時を重ねて深みを増していくものだから」と私たちにやさしく教えてくれる変化と成長のストーリー。『ばいばいストロベリー』その内容に迫りましょう!
me*me | 516 view
女子高生と男性教師が結婚したらトラブル続出!な少女漫画「Oh!myダーリン」~ 登場人物編 ~

女子高生と男性教師が結婚したらトラブル続出!な少女漫画「Oh!myダーリン」~ 登場人物編 ~

Oh!myダーリンは、上田美和による少女漫画で、1992年から別冊フレンドで連載されました。担任教師と女子高生の秘密の結婚を描いた当作品は、当時少女たちの間で話題になりました。
ぽっこりさんに嬉しい成分!『快調茶』でキレイもスッキリも手に入れよう!

ぽっこりさんに嬉しい成分!『快調茶』でキレイもスッキリも手に入れよう!

なんだかスッキリしない、ぽっこりが気になってきた、そんなお悩みがある方に『快調茶』が選ばれるポイントや女性に嬉しい成分などをお伝えします!

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 145,786 view
懐かしいぞ!1970~1971年に解散してしまった日本のバンド・グループ・ユニット!!

懐かしいぞ!1970~1971年に解散してしまった日本のバンド・グループ・ユニット!!

1970~1971年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 3,281 view
1972~1973年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1972~1973年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1972~1973年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 2,035 view
1974~1975年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1974~1975年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1974~1975年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 3,954 view
1976年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1976年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1976年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 5,034 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト