【梅沢富美男】暴言大王として認識されつつある彼も、かつては「下町の玉三郎」と呼ばれていた時代がありました。
2017年2月27日 更新

【梅沢富美男】暴言大王として認識されつつある彼も、かつては「下町の玉三郎」と呼ばれていた時代がありました。

過激な発言や暴言、いまやキレるおもしろおじさんとして芸能界に君臨する、『暴言大王』梅沢登美雄。ただのおもしろおじさんではなく、『下町の玉三郎』として、大衆演劇の世界ではNO.1と言っていいほどの実力を持つ、女形の第一人者です。

3,652 view

梅沢富美男

梅沢 富美男(うめざわ とみお、本名:池田 富美男、1950年11月9日 - )は、日本の俳優、歌手である。大衆演劇「梅沢劇団」第3代座長、株式会社富美男企画代表取締役。妻の池田明子はフィトセラピスト(植物療法士)として活動中。身長169cm。体重72kg。血液型はB型。
 (1836921)

青森県藤崎町「ふじりんご故郷応援大使」や福島県「しゃくなげ大使」、青森県深浦町「深浦町観光特使」をしています。

お坊ちゃま育ちだった

福島県福島市出身。大衆演劇の花形役者の父・梅沢清と娘歌舞伎出身の母・竹沢龍千代の間に生まれました。父は1939年に旗揚げした剣劇一座「梅沢劇団」の創設者で、戦前・戦後まもなくの大衆演劇隆盛期のスターであり、浅草「常盤座」などの劇場を満員にしたほどの人物でした。
 (1836944)

昭和三十二年。富美男は義務教育のため福島の祖母の家に預けられていました。当事の富美男標準語を話し、蝶ネクタイに半ズボンというお坊ちゃま風スタイル、だが周りは垢抜けない格好の子供ばかり。読み書きや算数は楽屋で見聞きしてもう習得していたこともあり、つまらない学校に通うのがとても嫌で仕方なかった。
出典 ameblo.jp
ちなみに当事住んでいた、祖母の家は「舟場御殿」と呼ばれるほどの豪邸で、一般家庭ではとても珍しかった冷蔵庫まであった。近所の床屋や雑貨屋、駄菓子屋などは、富美男がひとりで買い物へ行っても全部ツケがきいていました

苦しい時代

同時に、昭和三十年代は映画の全盛時代でした。昭和三十五年には観客動員数が戦後最高を記録し、古くから演劇を行っていた劇場が次々と映画館に商売替えするなど、大衆演劇の隆盛に徐々に陰りが見え始めます。そこにテレビの急激な普及が追い打ちをかけました。
左)兄 武生  右) 登美雄

左)兄 武生  右) 登美雄

栄華を極めていた「梅沢劇団」も、そのころ大変な状態となり、富美男の住む福島の祖母宅への送金もぎりぎりの状態になり、富美男が小学三年生の頃には教科書も買えず、給食費も払えなくなっていたそうです。
昭和三十六年、ついに花形役者となった兄、武生は福島公演に訪れます。自分の晴れ姿を見てもらおうと、お土産をかかえて祖母の家に向かった武生は、富美男の姿を見るなり絶句しました。
少し前までは蝶ネクタイのお坊ちゃんだった富美男の髪は伸び放題で服はボロボロ、靴も無いので裸足に下駄、その哀れな姿の弟を抱き寄せて泣いたそうです。

別名 下町の玉三郎

富美男が中学校に進学した年に、10歳上の兄、武生が父、清から一座を引き継ぎました。富美男は当初男役を演じていましたが、1975年以降は兄の勧めもあり、女形に転身しました。独学で得た女形の美しさが一躍話題となり、「下町の玉三郎」と呼ばれ、一座のスターになりました。そのかたわらで、副座長としても兄を支えました。
 (1836946)

梅沢富美男は、わずか1歳半で舞台にたちます。そのプロ根性はすさまじく、痛めた腰に麻酔を打って舞台に立ったり、高熱でドクターストップがかかっても出演を続けたりしたこともあるそうです。

越冬つばめ(円広志)踊り:梅沢富美男

ただ、玉三郎と言った場合は、300年続く歌舞伎界での女形、五代目坂東玉三郎さんを指します。同じく女形を得意とした梅沢富美男さんが「下町の玉三郎」と呼ばれてから、大衆演劇の花形役者を「○○の玉三郎」と呼ぶ事が多くなりました。

矢切の渡し ~ 歌 : 細川たかし、踊り: 梅沢富美男

富美男、座長になる

54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

永遠の若大将【加山雄三】甘い歌声とダンディーさでファンを魅了し続ける彼も、2017年で80歳を迎えます。いつまでも若々しく、イケてる加山雄三の魅力の秘密は?!

永遠の若大将【加山雄三】甘い歌声とダンディーさでファンを魅了し続ける彼も、2017年で80歳を迎えます。いつまでも若々しく、イケてる加山雄三の魅力の秘密は?!

俳優の両親の元に生まれ、自身も日本で知らない人はいないと言うくらい、俳優として活躍します。しかし彼は俳優という枠には収まりきれず、俳優やシンガーソングライター、バラエティタレント、また作曲家、ギタリスト、ピアニストとしても一流の才能を魅せる加山雄三。ここではそんな彼の魅力に迫ってみたいと思います。
cyomo | 1,518 view
【門倉有希】消えた紅白歌手Kとしてマスコミを賑わした、あの失踪事件の真相とは?うつ病からの回復とその経緯とは?

【門倉有希】消えた紅白歌手Kとしてマスコミを賑わした、あの失踪事件の真相とは?うつ病からの回復とその経緯とは?

門倉有希(かどくらゆき)は、紅白歌合戦にも出場経験のある実力派の美人演歌歌手です。しかし、デビュー後まもなくして、ある男性との「逃避行」「駆け落ち」といわれた失踪事件を起こし、マスコミから大変な非難を受けました。そのバッシングの真相や真実ははっきりしていませんでした。
cyomo | 3,448 view
【奥村チヨ】昭和40年代、小悪魔的な魅力で日本中を虜にしていた『和製シルヴィ・ヴァルタン』そんな彼女はストーカーにも悩まされたって本当?

【奥村チヨ】昭和40年代、小悪魔的な魅力で日本中を虜にしていた『和製シルヴィ・ヴァルタン』そんな彼女はストーカーにも悩まされたって本当?

大ヒットソング「恋の奴隷」で知られる歌手、奥村チヨ。過激な歌詞からも、男性に従順なイメージがついてしまい、しつこい熱烈な男性からストーカー被害を受けます。そのコケティッシュな魅力と歌声は、栄光の影にくらい苦しみを生みました。
cyomo | 3,886 view
【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

今年でデビュー42年目を迎える演歌歌手、石川さゆり。2016年の紅白歌合戦ではトリを務めるなど、大御所といっていい貫禄を持っています。CMなどでも彼女の歌声を耳にする事は多く、今時の高校生でも知っている、昭和の歌姫のこれまでの歴史を振り返ってみましょう。
cyomo | 2,118 view
【いしだあゆみ】激やせが心配されている!昭和を代表する歌手であり女優でもある彼女に憧れた女性はたくさんいました!

【いしだあゆみ】激やせが心配されている!昭和を代表する歌手であり女優でもある彼女に憧れた女性はたくさんいました!

『ブルーライト・ヨコハマ』などの大ヒットソングや、『北の国から』『金妻』などのドラマ出演などで幅広く知られる昭和の大女優、いしだあゆみ。かつての光り輝く美しさが衰え、今やその痩せっぷりが心配されるほどです。彼女の若かりし頃の活躍を振り返ってみたいと思います。
cyomo | 6,608 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト