永遠の若大将【加山雄三】甘い歌声とダンディーさでファンを魅了し続ける彼も、2017年で80歳を迎えます。いつまでも若々しく、イケてる加山雄三の魅力の秘密は?!
2017年3月14日 更新

永遠の若大将【加山雄三】甘い歌声とダンディーさでファンを魅了し続ける彼も、2017年で80歳を迎えます。いつまでも若々しく、イケてる加山雄三の魅力の秘密は?!

俳優の両親の元に生まれ、自身も日本で知らない人はいないと言うくらい、俳優として活躍します。しかし彼は俳優という枠には収まりきれず、俳優やシンガーソングライター、バラエティタレント、また作曲家、ギタリスト、ピアニストとしても一流の才能を魅せる加山雄三。ここではそんな彼の魅力に迫ってみたいと思います。

1,520 view

加山雄三

加山 雄三(かやま ゆうぞう、1937年4月11日 - )は、日本の俳優、シンガーソングライター、タレント、ギタリスト、ウクレレ奏者、ピアニスト、画家。本名は池端 直亮(いけはた なおあき)。ニックネームは若大将。作曲家としてのペンネームは弾 厚作(だん こうさく)。血液型A型。
加山雄三さんは永遠の若大将です!79歳になりましたが、見た目は何歳に見え... - Yahoo!知恵袋 (1843866)

加山雄三 - お嫁においで

1966年6月15日発売
作詞/岩谷時子
作曲/弾厚作(加山雄三自身のペンネーム)。

加山雄三「君といつまでも」

1965年12月に映画「エレキの若大将」の主題歌として発売された『君といつまでも』が350万枚の大ヒットになり、1966年の第8回日本レコード大賞の大本命とされました。しかし結局大賞は同曲に比べ売り上げ面で劣る橋幸夫の「霧氷」が受賞、「君といつまでも」は特別賞に留まります。

加山雄三 - 君といつまでも

加山雄三は元祖イケメン俳優?!

神奈川県横浜市神奈川区幸ヶ谷の家に生後8か月まで、次の東京都大田区田園調布には1歳9か月まで住んでいました。幼少期は大腸カタルを患い病弱だったため、子煩悩な父・上原謙は息子のために、空気の良い神奈川県茅ヶ崎へ引っ越しました。お手伝いさんは必ず2人はいたそうです。
 (1843964)

茅ヶ崎市立茅ヶ崎小学校、茅ヶ崎市立第一中学校、慶應義塾高等学校から慶應義塾大学法学部政治学科へ進み卒業後の1960年春に東宝へ入社。同年『男対男』で映画デビューします。お坊ちゃま育ちで、頭もいい、更に美男子と、恵まれた人生です。
 (1843959)

1960年4月に東宝へ入社してからの数年間は実家の茅ヶ崎から、砧撮影所の最寄り駅である成城学園前まで電車通勤し、母の持たせる土方が持つような巨大な弁当箱をいつも持っていたたことから「ドカ弁(土方の弁当の略)」というニックネームをつけられていたそうです。

加山雄三は芸能人一家!

父は俳優の上原 謙(うえはら けん)

奇跡の後期高齢者加山雄三もすごいですが、父親の上原謙はもっとすごいです。
上原謙は、涼やかな目元、すっと物差しで引いたように通った鼻筋、薄い唇といった完璧な容姿でした。ですから女性のみならず男性からも追い掛け回され続け、二枚目俳優、美男子でしたから映画の世界に入ってからも大変な人気でした。兵役についた際にも、なんと所属部隊宛にファンレターが山のように届いたそうです。
 (1843881)

上原 謙(うえはら けん、1909年11月7日 - 1991年11月23日)は、日本の俳優。戦前戦後の日本映画界を代表する二枚目スターの一人です。本名は池端 清亮(いけはた きよあき)。
加山雄三は父親が上原謙、母親が小桜葉子という映画スター同士の間に生まれた二世俳優です。最近ではTV番組などで、二世タレントをよく目にしますし、アレコレ文句を言われている場面を目にしますが、加山雄三クラスの成功をおさめてしまえば、文句をは言う人間は誰もいません。
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【梅沢富美男】暴言大王として認識されつつある彼も、かつては「下町の玉三郎」と呼ばれていた時代がありました。

【梅沢富美男】暴言大王として認識されつつある彼も、かつては「下町の玉三郎」と呼ばれていた時代がありました。

過激な発言や暴言、いまやキレるおもしろおじさんとして芸能界に君臨する、『暴言大王』梅沢登美雄。ただのおもしろおじさんではなく、『下町の玉三郎』として、大衆演劇の世界ではNO.1と言っていいほどの実力を持つ、女形の第一人者です。
cyomo | 3,653 view
【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

【石川さゆり】若い現代のアーティスト達ともコラボし、常に進化を続ける演歌会の大御所。その歌声と美貌に夢中になるファンは増えています。

今年でデビュー42年目を迎える演歌歌手、石川さゆり。2016年の紅白歌合戦ではトリを務めるなど、大御所といっていい貫禄を持っています。CMなどでも彼女の歌声を耳にする事は多く、今時の高校生でも知っている、昭和の歌姫のこれまでの歴史を振り返ってみましょう。
cyomo | 2,121 view
【いしだあゆみ】激やせが心配されている!昭和を代表する歌手であり女優でもある彼女に憧れた女性はたくさんいました!

【いしだあゆみ】激やせが心配されている!昭和を代表する歌手であり女優でもある彼女に憧れた女性はたくさんいました!

『ブルーライト・ヨコハマ』などの大ヒットソングや、『北の国から』『金妻』などのドラマ出演などで幅広く知られる昭和の大女優、いしだあゆみ。かつての光り輝く美しさが衰え、今やその痩せっぷりが心配されるほどです。彼女の若かりし頃の活躍を振り返ってみたいと思います。
cyomo | 6,612 view
成功する二世タレントと失敗する二世。境界線はどこにあるのか。

成功する二世タレントと失敗する二世。境界線はどこにあるのか。

有名人の子供に生まれた宿命か、二世タレントは親の七光り、コネ入社などと叩かれがちな世の中ですが、芸能界は実際には、昔から二世(三世)タレントだらけなので、今更、叩いてもしょうがないのですが、昭和に比べて、平成の二世タレントは親に比べてかなり微妙・小粒・実力不足になっている感じがするので、余計叩かれやすいのかもしれません。どの世界の二世でも親のコネなしでも実力で選ばれ続ける能力を持っているかどうかが問われます。
トントン | 40,117 view
【えっ?】1982年作品E.T顔芸能人集まれ!昭和生まれの有名人画像集めてみました

【えっ?】1982年作品E.T顔芸能人集まれ!昭和生まれの有名人画像集めてみました

有名人なのにどこか親近感を持たせてくれる!愛嬌満点E.T顔の有名人の画像をピックアップしてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト