骨折した翌日に出席に入る、誰もが驚く鉄人衣笠の根性と人柄
2022年1月16日 更新

骨折した翌日に出席に入る、誰もが驚く鉄人衣笠の根性と人柄

衣笠祥雄(きぬがさ さちお)は、昭和22年(1947年)1月18日生まれで、京都市東山区出身のプロ野球選手です。鉄人の愛称で親しまれ、国民栄誉賞受賞者出もあります。プロ野球選手衣笠祥雄としての記録は、連続試合出場記録が、世界第2位で日本記録では第1位と、まさに鉄人と呼ばれる由縁です。更には、連続フルイニング出場では歴代第4位となり、通算安打数歴代第5位・通算本塁打数歴代第7位タイと輝かしい成績を納めました。赤ヘル打線の中心打者として、広島カープ黄金時代の原動力となった選手の一人です。

994 view

衣笠祥雄という人

Amazon.co.jp | BBM TIME TRAVEL 10 衣笠祥雄 広島東洋カープ (レギュラーカード/プロ野球) ベースボールカード タイムトラベル1985 | ホビー 通販 (2330569)

衣笠選手は、アフリカ系アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれました。父親は、進駐軍の兵士として日本に駐留中だったそうです。京都市立洛東中学校入学した頃は、柔道部に入るつもりだったそうですが、柔道部がなかったので、しょうがなく野球部に入部しました。もし、中学に柔道部があれば、プロ野球選手衣笠祥雄の誕生はなかったかもしれませんね。

中学卒業後、平安高等学校へ進学して野球部に入部。捕手として1964年の春夏の甲子園大会に出場します。春の選抜では、準々決勝まで進出しますが、土佐高校に惜敗。夏の大会でも春と同様に準々決勝まで勝ち進みますが、今大会優勝高の高知高校高に敗退しました。

プロ野球時代

【プロ野球】広島のYK砲!衣笠祥雄504本塁打&山本浩二536本塁打 赤ヘル旋風の主役!

平安高校卒業後の1965年、衣笠祥雄は広島カープに入団します。捕手として入団した衣笠は、ルーキー時代に6試合に捕手として先発マスクをかぶります。しかし当時の監督だった白石勝巳の方針で一塁手に転向し、先発に名を連ねる試合も増えていきました。1968年では開幕から5番打者に抜擢。初の規定打席にも到達して、21本塁打を放ちます。1970年からは外野手も兼ねての出場となり、24試合で4番打者もつとめました。そしてその年の10月19日、巨人戦から連続試合出場の記録が始まるのです。

リーグを代表する打者に成長した衣笠は、1975年に就任したジョー・ルーツ監督によって三塁手にコンバートされ、山本浩二と共に球団初のセントラル・リーグ優勝に大きく貢献しました。特に、オールスターゲームにおける山本との2打席連続アベック本塁打は、オールスター屈指の名場面として語り草になっている。

連続試合出場中に骨折

1979年 広島vs巨人 衣笠死球で乱闘 ラジオ実況

1974年4月17日以来、連続フルイニング出場の記録を続けていた衣笠でしたが、
1979年のシーズンでは極度の打撃不振に陥ります。そのため、ついに古葉竹識監督は、先発メンバーから外す決断に踏み切ることになります。三宅秀史(元阪神)が持つ日本プロ野球記録の700まであと22試合というところでした。しかし、6回裏に代打での出場となったので、連続試合出場の記録は継続することに。

1979年8月1日、対巨人戦において西本聖投手から死球を受けた衣笠は、左の肩甲骨骨折という重傷を負ってしまいます。誰もが連続試合出場記録がストップすると思った翌日の試合、なんと代打で登場してきたのです。江川卓投手の投球に対して、1ボールからの2球目をフルスイング。そして次もまたその次もフルスイングの3球フルスイングの三振でしたが、この三振には誰もが驚き感動したのです。

試合後、衣笠は「1球目はファンのために、2球目は自分のために、3球目は西本君のためにスイングしました」と語っています。そして、「それにしても江川君の球は速かった」とも。代打で打席に立った際には、広島ファンだけでなく、巨人ファンやベンチからも大きな拍手が起こったそうです。そして続く3日の試合では、なんと2番三塁手でフル出場、あまりの不死身ぶりに周囲を驚愕させました。まさに鉄人たる由縁ですね。

遂に世界一

【衣笠祥雄】2215試合連続出場、骨折しても打席に立つ男

1987年6月11日、ついにルー・ゲーリッグの持つ2130試合連続試合出場世界記録に到達します。この日の試合では、本塁打も放つ活躍で自身でも大記録を祝い、広島ファンの祝福にも応えたのでした。

そして、運命の9月21日。衣笠は、満足な守備が出来なくなったと現役引退を表明。現役最後の試合では、2回に先制の17号2点本塁打を、3回にも二塁打を叩きだし、拍手喝采の中ベンチへ退いたのでした。

現在では、ボルチモア・オリオールズの中心選手だったカル・リプケン選手が、2632試合連続出場で世界記録保持者になっています。前記録保持者の衣笠祥雄選手とは、両選手が引退した後も二人が協力して、共に少年野球の発展などに力を注ぐなど意気投合をしていたそうです。

衣笠祥雄のプレイスタイル

【衣笠祥雄 鉄人】死球を西本聖から受けても出場し続け連続試合出場2215は日本記録!ライバル山本浩二に対してフルスイングからのホームランと三振というスタイルを確立。若い頃の貴重映像も!

引退後も鉄人のイメージが強い衣笠ですが、打撃成績も素晴らしい記録を残しています。通算安打2543本・通算本塁打504本・通算打点1448・通算得点1372などの記録は、全て歴代10位以内なんです。1976年に盗塁王も獲得し、張本・山本と並ぶ史上3人だけの、500本塁打・200盗塁を記録しました。ゴールデングラブ賞も3度受賞する屈指のオールラウンド・プレーヤーだったのです。

衣笠祥雄は、常にフルスイングを貫いた選手。そしてこれほどの成績を残した強打者でありながら、なんと通算の犠打数も88と、500本塁打以上を記録する打者の中では群を抜いて多く、チームプレイに徹する姿勢が見受けられますね。

そしてもう一つの記録が、通算被死球161。これは日本プロ野球史上3位となります。しかし、衣笠の振る舞いはとても紳士的でした。死球の後も、何もなかったように一塁へ向います。死球で肩甲骨を骨折した時も、謝罪する西本投手に乱闘で危ないからベンチ戻るように即したとか。西本は衣笠の器の大きさに感激したそうです。

現解説者の大島康徳は、死球や危険な投球の対応で、すごいと思える選手は広島の衣笠さんだと言います。痛いはずなのに顔色も変えずに当たったところを手でサッとはらい一塁に向かう。もちろん避け方もうまく、下手な選手なら何度も大ケガをしてますよと述べています。ダンディーな衣笠の対応は、さすがプロといったところでしょうか。

江夏の21球、陰のヒーロー

Amazon.co.jp | NHK特集 江夏の21球 [DVD] DVD・ブルーレイ - ドキュメンタリー (2330575)

伝説の「江夏の21球」で知られる、1979年の日本シリーズ第7戦。ピンチにブルペンでリリーフ投手を準備させた古葉竹識監督の采配に、イライラをつのられた江夏に向かって「お前がやめるのなら俺も一緒にやめてやるよ」って言って奮起させた衣笠のアドバイスは、まさに勝利を掴み取る一言でした。江夏の苛立ちが分かったが、江夏に何を言ったら良いのかマウンドに行く間考えていたそうです。チームでは無二の親友だった江夏、プライベートでも常に行動を共にしていたそうです。

惜しまれながら

衣笠祥雄追悼試合の黙祷で球場が静まり返る

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • koi-Carp ⚾🧤 Central 2022/1/18 09:53

    こどものころ「広島x巨人」などで「ゴリラみたいと」テレビの前でいいました

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

広島東洋カープが1975年以来の優勝パレードを11月に開催!当日はマツダスタジアムで優勝報告会も企画!

広島東洋カープが1975年以来の優勝パレードを11月に開催!当日はマツダスタジアムで優勝報告会も企画!

広島東洋カープの25年ぶり7回目のリーグ優勝を祝うパレードが行われることが決定した。初優勝を果たした1975年以来、2度目となる優勝パレード。開催日は11月5日午前10時30分からで小雨決行。また、当日はマツダスタジアムで「優勝報告会」も開かれる。
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

一昨年(2016年)昨年(2017年)と、セ・リーグを制覇したのは見事ですが、1984年以来日本一になっていないという厳然たる事実がある広島カープ。1984年って何年前?と数えるのも大変な状況に変わりはありません。今年こそは!、というカープファンも多いと思います。カープのレジェンド・大野豊さんと野村謙二郎さんが「広島カープ最強伝説の幕開け」という本を著しています。
【広島カープ】大野豊さん・達川光男さん著「熱烈!カープ魂」で語られる【江夏豊さん】

【広島カープ】大野豊さん・達川光男さん著「熱烈!カープ魂」で語られる【江夏豊さん】

広島カープが2度目の黄金期を迎えつつあります。かつての黄金期のバッテリーは先発陣では北別府・川口・大野、キャッチャーは達川、という印象が非常に強いです。2016年から始まった第2次黄金期を前にした2013年、大野さんと達川さんが対談の本を出しています。今回はこの本の冒頭で触れられている「江夏豊さん」について書いてみます。
ジバニャンLOVE | 1,763 view
【1985年から27年間バッピを続けた職人】広島カープ・井上卓也さん

【1985年から27年間バッピを続けた職人】広島カープ・井上卓也さん

プロ野球の世界では、公式戦で投げるピッチャーではなく、練習で打者のために投げるピッチャー(打撃投手)がいます。裏方さんではありますが、むしろ一軍のピッチャーより難しいその打撃投手の仕事を27年間続けた人をご紹介します。
ジバニャンLOVE | 1,837 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト