ガンバ・浪速の黒豹エムボマ!'97開幕戦で度胆を抜くゴールを決めた!
2016年11月25日 更新

ガンバ・浪速の黒豹エムボマ!'97開幕戦で度胆を抜くゴールを決めた!

ガンバ大阪に在籍したカメルーン代表パトリック・エムボマ。1997年の開幕戦で決めたアクロバティックなゴールを決めたのも懐かしい。エムボマはカメルーン代表でオリンピック金メダルにも貢献し、アフリカ最優秀選手にも選ばれたスーパースターである。

4,888 view

パトリック・エムボマ!'97ガンバ大阪で得点王を獲得!

パトリック・エムボマ。
1970年11月15日生まれ。カメルーン出身の元同国代表サッカー選手。

パリ・サンジェルマン(フランス)、ガンバ大阪、ACパルマ(イタリア)、東京ヴェルディ1969などを経て、ヴィッセル神戸で現役を終える。

唇を閉じて「ンボマ」と発音するのが正しいが、フランス時代に誤って「M'boma」と綴られたため「エムボマ」と呼ばれるようになったとされる。
パトリック・エムボマ

パトリック・エムボマ

1997年のJリーグ開幕戦、ベルマーレ平塚戦で決めたリフティングからのボレーシュートは今でも語り草となっている。ガンバ大阪では「浪花の黒豹」と呼ばれ親しまれた。
1997年シーズンは、25ゴールでJリーグ得点王に輝き、ベストイレブンも獲得。

好物はうどんと寿司。
ちなみにガンバ大阪でプレイしていた事から「関西うどん」が好物とされていたが、後に東西のうどんの違いについては認識していない事が分かった。
ガンバ大阪時代

ガンバ大阪時代

≪ガンバ大阪でのスーパープレイ≫

1997年4月12日 ベルマーレ平塚戦でのボレーシュート!!

「アフリカの選手は身体能力が違う」といった評価を実感するようなプレーだった。

柔らかいループシュートも!

とんねるずのPK職人・木梨憲武とエムボマのPK対決!

(Part 1/2)

「浪速の黒豹」 パトリック・エムボマの来歴

カメルーン、ドゥアラ生まれ。
2歳の時に家族と共にフランスに移住したためフランスとの2重国籍。
そのため、EU圏内では外国人選手扱いにならなかった。代表ではカメルーン代表を選択した。

パリのスタード・ドゥレストでキャリアをスタートさせ、その後名門パリ・サンジェルマンFCに移籍した。1993~94年シーズンはLBシャトールー(3部リーグ)に貸し出され、29試合出場17得点と活躍した。

しかし、復帰したパリ・サンジェルマンでは出場機会に恵まれず、1995~96年シーズンにはFCメス(1部リーグ)に貸し出された。
「神様 仏様 エムボマ様」!!

「神様 仏様 エムボマ様」!!

1997年にJリーグのガンバ大阪に移籍した後は圧倒的な身体能力を発揮し、28試合出場25得点の大活躍で得点王を獲得。応援スタンドには「神様 仏様 エムボマ様」の垂れ幕が踊った。

当時、エムボマの躍動を抑えられるディフェンダーは日本には存在せず、元日本代表の中田英寿は「あんなやつがサッカーやっているなんて反則だよ (それほど衝撃的だった)」とコメント。

元日本代表の秋田豊は「(フランスワールドカップで対戦した元アルゼンチン代表)ガブリエル・バティストゥータよりもエムボマのほうが凄かった」とコメントしている。
中田英寿とはパルマ在籍も一部重なっている。

中田英寿とはパルマ在籍も一部重なっている。

1998~99年シーズンの途中でガンバ大阪を退団し、セリエAのカリアリに移籍した。
その後はパルマ、イングランド・プレミアリーグのサンダーランドでもプレイ。
個人能力の高さの片鱗はみせたが、ヨーロッパでは戦術になじめず、セリエA、イングランド・プレミアリーグでは本領を発揮したとは言い難かった。
パルマ時代

パルマ時代

カメルーン代表としてオリンピック・金メダルに貢献!

カメルーン代表では1998年と2002年のFIFAワールドカップ出場したエムボマ。
2000年と2002年のアフリカネイションズカップは優勝した。

また、2000年のシドニーオリンピックにはオーバーエイジ枠で出場し、金メダル獲得に貢献した。その年のアフリカ最優秀選手に選ばれた。代表の兄貴分として、サミュエル・エトオをはじめ、多くの選手に慕われた。

1998年のW杯フランス大会にはチーム事情によりボランチとしての出場が主だった。その為、フォワードに戻ったグループリーグ第3戦での得意のヘッドによる1得点に留まった。

2002年のW杯日韓大会ではゴールを決めるも、両足踵を痛めていた事もあり、3試合1得点と、本来の動きを取り戻せないままだった。チームも1次リーグ敗退し、W杯では鮮烈なインパクトは与えられなかった。
カメルーン代表時代のエムボマ

カメルーン代表時代のエムボマ

1998年のフランスW杯でのエムボマを追ったVTR

27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

FWヌワンコ・カヌ!19歳にしてアヤックスでトヨタカップ制覇!ナイジェリア代表ではアトランタ五輪で金メダル!

FWヌワンコ・カヌ!19歳にしてアヤックスでトヨタカップ制覇!ナイジェリア代表ではアトランタ五輪で金メダル!

197cmの超大型FWヌワンコ・カヌ。1995年に黄金期のアヤックスのメンバーとしてトヨタカップで来日し、アヤックスの世界一に貢献します。1996年には日本とも対戦したアトランタ五輪で金メダルに輝きました。インテル、アーセナル時代も振り返ります。
ひで語録 | 1,761 view
まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

まだ現役!?引退していない日本スポーツ界のレジェンド達

日本のスポーツ界において輝かしい成績をおさめたレジェンド達の中で、今も現役にこだわり、引退を明言していないアスリートを紹介します。
ひで語録 | 1,442 view
1998年「長野オリンピック」まとめ!あの名シーンをもう一度

1998年「長野オリンピック」まとめ!あの名シーンをもう一度

1998年代2月7日から2月22日まで、長野県で開催された20世紀最後の冬季オリンピックを覚えていますか?開会式では、伊藤みどりさんが聖火台に平和の灯を点火し、平和の象徴とされるブルーインパルスが飛行しました。幸運を呼ぶといわれているフクロウをモチーフに大会マスコットも誕生。そして、日本はトータル10個のメダル獲得もするという快挙を成し遂げました。今から24年前の長野オリンピック、当時を遡っていきたいと思います。
あやおよ | 158 view
長野オリンピックの感動をもう1度!『船木和喜』の活躍や結婚・現在!!

長野オリンピックの感動をもう1度!『船木和喜』の活躍や結婚・現在!!

2022北京オリンピックも終了しましたが、1998年長野オリンピックで大活躍した船木和喜さんをもう1度振り返ってまとめてみました。
ギャング | 2,645 view
生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

生意気でクール過ぎる名言集『中田語録』彼は言った「メダルより図書券が欲しい」

1998年に中田英寿がサッカー日本代表にデビューし、初のワールドカップ出場へと導いた。その頃の彼はメディアに対して明らかに懐疑的だった。クールな態度が生意気ともされた中田による名言集『中田語録』から中田らしい言葉をいくつかご紹介する。
ひで語録 | 7,015 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト