Jリーガー外国人列伝!ジェフユナイテッド市原編
2016年11月25日 更新

Jリーガー外国人列伝!ジェフユナイテッド市原編

1993年にスタートしたJリーグもいまやJ1~J3あわせて53チーム。 そんな歴史あるJリーグを盛り上げてくれた外国人助っ人をチームごとに懐かしむ企画。今回はジェフユナイテッド市原。あえて、市原。

18,436 view
ジェフの外国人は欧米系がイメージとして強い。
リトバルスキーに始まり、オッツェ、マスロバルなどの選手が在籍し、監督としてもオシムやベルデニックなどが務めた。

ピエール・リトバルスキー

Jリーグ創成期を支えたスーパースターの1人がこのリトバルスキー。
ドリブルの印象が強く、ドイツ代表としても活躍していた。
リトバルスキー

リトバルスキー

ピエール・リトバルスキー[3](Pierre Littbarski, 1960年4月16日 - )は、ドイツ・西ベルリン出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。

Jリーグ初年度の1993年にジェフユナイテッド市原へ移籍し、ブランメル仙台と合わせて日本で4年間プレーした後に現役引退した。

(リトバルスキー)Jクロニクルベスト:1993ベストゴール - YouTube

フランク・オルデネビッツ

ドイツの点取り屋。リトバルスキーが「日本来いよ。」と言ったから、来てしまったであろうリティの子分であるオッツェ。
その後、仙台までも連れ回されるとは思っていなかっただろう。
フランク・オルデネビッツ

フランク・オルデネビッツ

フランク・オルデネビッツ(Frank Ordenewitz、1965年3月25日-)は、ドイツ、ニーダーザクセン州ドルフマルク出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。

オッツェの愛称で親しまれ、1988年のブレーメンのドイツ・ブンデスリーガ制覇に貢献した。1993年にJリーグのジェフユナイテッド市原に移籍、1994年に得点王も獲得したが家庭の事情で退団した。

J.League 1994 Season Top Scorer Frank ORDENEWITZ Movie - YouTube

ネナド・マスロバル

左足から放たれるフリーキックは芸術的だった。
フリーキックの名手と呼ばれる選手は何人も来日したがマスロバルは間違いなく一流のフリーキックを持っていた。
ネナド・マスロバル

ネナド・マスロバル

ネナド・マスロバル(Nenad Maslovar、1967年2月20日 - )は、ユーゴスラビアモンテネグロ(現モンテネグロ共和国)出身の元サッカー選手。ポジションはMF。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の戦火を逃れ、1994年7月にJリーグジェフユナイテッド市原に移籍。当時の監督清雲栄純と対立していたMFピエール・リトバルスキーに代わり同年後期からチームの司令塔として活躍。運動量こそ少なかったが、左足から放たれる創造性あふれるスルーパスと鋭いフリーキック、磁石のようなボールキープが特徴。1995シーズンには全試合に出場し16得点を挙げた。1998年まで5シーズンに渡りジェフで活躍した。

(マスロバル)Jクロニクルベスト:1995ベストゴール - YouTube

マルセロ・バロン・ポランクジック

ジェフには珍しいブラジル出身のFW。
身長を生かした高い打点のヘディングから得点を量産した。ジェフを皮切りに日本の球団を渡り歩いた。
マルセロ・バロン

マルセロ・バロン

マルセロ・バロン・ポランクジック (ポルトガル語: Marcelo BARON Polanczyk、1974年1月19日 - )はブラジルのリオ・グランデ・ド・スール州出身の元サッカー選手。ポジションはフォワード。 登録名はバロン。

1999年にはJリーグ ディビジョン1(J1)のジェフ市原に期限付き移籍。17ゴールを挙げた。2000年に完全移籍。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長友佑都  前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

長友佑都 前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、インテルという超ビッグクラブに入った。人々は「シンデレラストーリー」と称えた。そしてイタリアで日本で大地震と津波が起きたことを知った長友佑都は、傷ついた人たちを勇気づけられたらと必死にプレーしたが、逆に彼らから人間の強さを学ばされた。その後、インテルでお辞儀パフォーマンスを定着させ、キャプテンにまでなった。
RAOH | 174 view
中村俊輔のサッカーノート Fantasista 破壊的なまでに超攻撃的サッカーは相手を完膚なきまでにたたきのめし、みる者を魅了する

中村俊輔のサッカーノート Fantasista 破壊的なまでに超攻撃的サッカーは相手を完膚なきまでにたたきのめし、みる者を魅了する

Fantasista(ファンタジスタ)とは、サッカーの国、イタリアで生まれた言葉で、ファンタジア(創造、想像力)を持つ選手、思いもつかないプレーで一瞬にしてチャンスをつくりだす特別な選手を指す。
RAOH | 769 view
長友佑都  一心不乱初志貫徹切磋琢磨   前進しか知らぬ熱きサムライ

長友佑都 一心不乱初志貫徹切磋琢磨 前進しか知らぬ熱きサムライ

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、元をたどればボールを持てば誰にも渡さずドリブルで攻め続け、とられると守備に戻らない四国のガキ大将。それがいつのまにか攻めに守りに1番走ってチームに貢献する世界レベルのサイドバックになった。
RAOH | 303 view
GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

Q.好きな言葉は?「力」 Q.欲しいものは?「膝の軟骨、半月板、テクニック」Q. 中山雅史にあるものは?「負けず嫌いとサッカーを愛する気持ちだけ。ほかになにもないから中山雅史だった。なにもないからなにかを得ようともがき苦しみ、もがき苦しむことから抜け出すために、手を伸ばし、その先をつかもうと努力した。ずっとその繰り返しだった」
RAOH | 1,256 view
三浦知良 15歳でブラジルへ 近所カズはキングカズになった 「ビッグになってやろうみたいな気持ちが自然と湧き出てきた。日本ではそういう格差が少ないからね」

三浦知良 15歳でブラジルへ 近所カズはキングカズになった 「ビッグになってやろうみたいな気持ちが自然と湧き出てきた。日本ではそういう格差が少ないからね」

息子が「お前の親父、キングなんていわれてるけど補欠なんだろう?」なんていわれることもあるらしい。そういうとき大事なことは一生懸命頑張ることなんだって思う価値観を身につけて欲しい。
RAOH | 2,870 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト