フージーズ!グラミー賞も獲得したHIPHOPグループ!ローリンヒルの歌声とラップが融合した名曲ばかりでした!
2016年5月7日 更新

フージーズ!グラミー賞も獲得したHIPHOPグループ!ローリンヒルの歌声とラップが融合した名曲ばかりでした!

フージーズ(The Fugees)。1990年代中盤に活躍したHIPHOPグループでした。大ヒットアルバム 「The Score」は名曲ばかりでしたね。

6,555 view

一世を風靡したフージーズ(The Fugees)

アメリカ合衆国の3人組ヒップホップ グループ。1990年代半ばに人気を博した。
彼らの楽曲は、ヒップホップを中心として、そこにソウルやカリブ系音楽(特にレゲエ)の要素を取り入れている。
 (1647377)

The Fugees
THE FUGEESの音楽は、まさにストリート・ミュージックの融合体であり、そこにはレゲエに代表されるカリブ系のストリート・ミュージックから、かつての黒人街のストリート・ミュージックであるR&B、ジャズなどのソウル・フレイバー、そして勿論、オールドスクール、ヒップホップ全ての要素が詰まっている。

大ヒットアルバム 「The Score」

1996年にリリースしたセカンド・アルバム『The Score』が世界で1700万枚を売り上げる大ヒットを記録、グラミー賞も獲得したヒップホップ・グループ、フージーズ(The Fugees)。

『The Score』の中でも特に、ロバータ・フラックの“Killing Me Softly”(「やさしく歌って」)のカバーは全米シングル・チャートで最高2位、各国で軒並み1位を獲得した彼らの代表曲
 (1647396)

アルバム 「The Score」
「Killing Me Softly」以外にも、収録された楽曲は名曲ばかりです!
「Fu-Gee-La」やボブ・マーリィの代表曲をカヴァーした「No Woman, No Cry」等、彼等のカリビアンの本領が発揮されています!

【楽曲の動画】

The Fugees - Killing Me Softly With His Song (Official Video) - YouTube

大ヒットソング!

Fugees - No Woman no cry / Fu-Gee-La (live) - YouTube

【豆知識】1973年 ロバータ・フラック版 「Killing Me Softly」も大ヒット!

1972年8月にリリースされたリーバーマンのオリジナルはヒットしなかった。

しかし、飛行機の機内BGMとして採用されていたこの曲をロバータ・フラックが偶然聴いて気に入って歌い、彼女のバージョンが大ヒットとなった。

リリース後4週間で全米1位、1973年2月24日から4週連続でビルボード誌第1位を達成し、さらに3月31日にはもう一度1位になった。ビルボード誌1973年年間ランキングは第8位。
これにより、フラックはグラミー賞で最優秀レコード、最優秀楽曲、最優秀女性ボーカルの3部門を受賞した。

その後フラックが歌ったものがネスカフェのCMソングとして起用されたことでさらに有名になった。

ネスカフェ (1972年) - YouTube

ニュージャージーで結成されたフージーズ!

1988年に「コロンビア・ハイスクール」(ニュージャージー)でフージーズは結成されました。
その後、アポロ・シアターアマチュアコンテストの「It's Showtime at the Apollo」(テレビ番組)に出演しました。
 (1647382)

濃いメンバーの中で、紅一点のローリン・ヒル(Lauryn Hill、真ん中)
メンバーのワイクリフはハイチ生まれ、9才の時にブルックリンのジャマイカン・エリアに移住してきたハイチ人。
プラーズもやはり、ハイチ人系のアメリカンでブルックリン生まれ(その後、ニュージャージーへ移る。)2人はいとこ同士、THE FUGEESというバンド名はREFUGEE(難民という意味)から来ている。

もう一人の紅一点メンバーのローリン(ニュージャージー生まれ)は、女優としてもベテランの才女、(15才の時からTVなどに出演していた)
最近では、日本でも人気のウーピー・ゴールドバーグ主演の映画“天使にラブソング”に出演している。

突然の解散!ソロでの活躍!

ローリン・ヒルは、ソロアルバム『ザ・ミスエデュケーション・オブ・ローリン・ヒル (The Miseducation of Lauryn Hill)』が絶賛された。

ワイクリフ・ジョンは、キャニバス、ディスティニー・チャイルド、カルロス・サンタナなどの数多くのアーティストたちのプロデュース活動を行いながら、自身のソロアルバム第1弾『カーニバル』を発表した。

またプラーズは、マヤやオール・ダーティ・バスタードと共に、ウォーレン・ベイティとハル・ベリー主演映画『ブルワース』のサウンドトラック曲「ゲト・スーパースター」を発表した。

互いにソロ活動を成功させていくにつれ、グループとして活動が難しくなっていく。
メンバー同士の不仲説が解散理由として噂されている
※後にワイクリフ・ジョンが自伝の中で、彼自身とローリン・ヒルとの不倫が解散の原因であったと言及しています。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAPは25周年を記念して、ファン投票による最後のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日に発売する。今回、リクエスト投票結果による収録50曲が発表された。
red | 469 view
18年振りの新作!ア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)がニューアルバムを発売!故・ファイフも参加!

18年振りの新作!ア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)がニューアルバムを発売!故・ファイフも参加!

ア・トライブ・コールド・クエスト(略称はATCQ)が創設メンバーの故・ファイフ・ドーグも参加した18年振りのニューアルバムを発売することが分かった。メンバーのリードがRapRadar.comのインタビュー中に突然発表した。
FLYING KIDSの浜崎貴司の「ウイスキーが、お好きでしょ」がサントリーウィスキー角瓶のCMソングに!

FLYING KIDSの浜崎貴司の「ウイスキーが、お好きでしょ」がサントリーウィスキー角瓶のCMソングに!

サントリーのCMソングと言えば「ウイスキーが、お好きでしょ」が有名ですね。数々のアーティストがカヴァーしてきた名曲。今度はFLYING KIDSの浜崎貴司です!
直訳すると「缶を蹴る奴ら」!「KICK THE CAN CREW」の歴史をドカーンと振り返ります!

直訳すると「缶を蹴る奴ら」!「KICK THE CAN CREW」の歴史をドカーンと振り返ります!

90年代後半から活動していたKICK THE CAN CREW(キック ザ カン クルー)。個性的なメンバーMCU、KREVA、LITTLEによって、売れっ子となったHIPHOPアーティストでしたね!
ひで語録 | 2,895 view
1994年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1994年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1994年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 9,418 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト