マリアンヌ・フェイスフルは、破滅的な人生を送った最高のファム・ファタールである!
2018年4月20日 更新

マリアンヌ・フェイスフルは、破滅的な人生を送った最高のファム・ファタールである!

美しく可憐なアイドルだったマリアンヌ・フェイスフルは、デビュー間もなくにしてスキャンダルまみれとなってしまいます。堕ちた天使と言われ、70年代半ばまで最悪の人生を過ごすことに。その間、精神的に追い詰められ、酒や煙草、ドラッグに侵され美しかった声はハスキーなものとなってしまいますが、それを武器に誰にも真似のできない素晴らしい作品を作り出すことになります。

5,695 view

Marianne Faithfull

マリアンヌ・フェイスフル

マリアンヌ・フェイスフル

出生名:マリアン・エヴリン・フェイスフル(Marian Evelyn Faithfull)
生誕:1946年12月29日
イギリス:ロンドン、ハムステッド
ジャンル:ロック, ポップ、フォーク、ジャズ、ブルース
スウィンギン・ロンドン時代のアイドル・シンガーとして可憐な歌声を聞かせたマリアンヌ・フェイスフルは、1946年に大学教授の父親とマゾッホの血筋を引くオーストリアの名門貴族の家系の母親との間に生まれています。そうなんです。マリアンヌ・フェイスフルは上流階級の出身なんです。気品が備わっているはずですね。

後に結婚することになる当時ケンブリッジ大学の学生だったジョン・ダンパーと知り合ったのがはマリアンヌ・フェイスフルが16歳の時でした。

そして1964年3月、ジョン・ダンパーとともに運命のパーティに参加することに。そこには、ザ・ローリング・ストーンズのマネージャー兼プロデューサーのアンドルー・ルーグ・オールダムとミック・ジャガーが居たのです。
アンドルー・ルーグ・オールダムは、清楚なマリアンヌ・フェイスフルのアイドルとしての可能性を見抜き歌手としてデビューすることをすすめます。

因みに、当時のマリアンヌ・フェイスフルは、ロックやポップスよりもマイルス・デイヴィスをはじめとしてジャズが好きだったとか。

結局、ジョン・ダンパーが説得したことでマリアンヌ・フェイスフルはシンガーとしてデビューすることになります。

Come My Way

マリアンヌ・フェイスフルのためにアンドルー・ルーグ・オールダムが用意した曲は、当時まだ未発表だったザ・ローリング・ストーンズの「As Tears Go By(邦題:涙あふれて)」でした。
この曲は、1964年5月28日に録音され、6月26日にリリースされ、全英9位、全米22位とヒットしました。
特別歌が上手いといったわけではありませんが、可憐な歌声が曲とマッチしたのでしょう。そういった意味では、アンドルー・ルーグ・オールダムの思惑どおりだったといえますね。

As Tears Go By Marianne Faithfull

涙あふれて
デビュー曲「涙あふれて」の後に2枚のシングルをリリース(共にヒット)し、1965年4月15日にファースト・アルバムをリリースします。
ファースト・アルバムといっても、同じ日に「カム・マイ・ウェイ」と「マリアンヌ・フェイスフル」という2枚のアルバムを同時発売しています。当時としても異例のことですが、期待の大きさとアンドルー・ルーグ・オールダムのしたたかさがみてとれます。

この2枚のアルバムは性格分けが明確にされており「カム・マイ・ウェイ」はフォークシンガーとしてのマリアンヌ・フェイスフルにスポットを当てたもの、一方「マリアンヌ・フェイスフル」の方はポップ・アイドルとしてのマリアンヌ・フェイスフルとなっています。

これまたアンドルー・ルーグ・オールダムの思惑どおり、アルバムは2枚ともヒットしています。流石ですね。
カム・マイ・ウェイ

カム・マイ・ウェイ

収録曲

1. カム・マイ・ウェイ
2. ジェイバーワック
3. ポートランド・タウン
4. 朝日のあたる家
5. スパニッシュ・イズ・ア・ラヴィング・タング
6. フェア・ジー・ウェル
7. ロンサム・トラヴェラー
8. ダウン・イン・ザ・サリー・ガーデン
9. メアリー・アン
10. フル・ファゾム・ファイヴ
11. 風は激しく
12. ブラック・ガール
13. ワンス・アイ・ハド・ア・スウィートハート
14. ベルズ・オブ・フリーダム
マリアンヌ・フェイスフル

マリアンヌ・フェイスフル

収録曲

1. カム・アンド・ステイ・ウィズ・ミー
2. イフ・アイ・ネヴァー・ゲット・トゥ・ラヴ・ユー
3. タイム・テイクス・タイム
4. ヒー・ウィル・カム・バック・トゥ・ミー
5. ダウン・タウン
6. プレジール・ダムール
7. キャント・ユー・ヒア・マイ・ハートビート
8. 涙あふれて
9. パリス・ベルズ
10. ゼイ・ネヴァー・ウィル・リーヴ・ユー
11. ホワット・ハヴ・ゼイ・ダン・トゥ・ザ・レイン
12. イン・マイ・タイム・オブ・ソロウ
13. ホワット・ハヴ・アイ・ダン・ロング
14. アイム・ア・ルーザー
「涙あふれて」と共にアルバム「マリアンヌ・フェイスフル」に収められている3枚目のシングル「カム・アンド・ステイ・ウィズ・ミー」が結果的にはマリアンヌ・フェイスフル最大のヒット曲となります。

Marianne Faithfull - Come And Stay With Me

大きな渦に巻き込まれるようにショウ・ビジネスの世界に引きずり込まれたマリアンヌ・フェイスフルは、ツアーにもでるようになり多忙を極めます。
そんな中、売り出し中の可憐なアイドルが1965年に18歳でジョン・ダンパーと結婚、その時には既に妊娠していました。
当時のイギリス、しかも厳格な英国貴族の血を引いていたマリアンヌ・フェイスフルは、マスコミの格好の餌食となり、世間からの風当たりも強くなります。

Broken English

1966年になると、ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーと一児の母親という身でありながら不倫に走ってしまいます。二人の関係はスウィンギン・ロンドンを象徴するカップルとして連日のようにマスコミを賑わせましたが、アイドルとしてのマリアンヌ・フェイスフルには赤信号が灯り始めることになります。

そんな中、リリースされた3枚目となるアルバム「妖精の歌~マリアンヌ・フェイスフル フォーク・ソングを歌う」は内容としてはファースト・アルバムよりも良い出来だったにも関わらずヒットしませんでした。
マリアンヌ&ミック・ジャガー

マリアンヌ&ミック・ジャガー

1967年2月にはザ・ローリング・ストーンズのキース・リチャードの自宅で行われていたパーティに参加していたところを警察に家宅捜査され、麻薬不法所持の容疑で逮捕されてしまいます。この事件は泥沼の裁判となり、マリアンヌ・フェイスフルの精神を蝕んでいくことになります。

同年リリースされた4枚目のアルバム「ラヴ・イン・ア・ミスト」もヒットしませんでした。当時はシングル・ヒットが出なくなっていたマリアンヌ・フェイスフルの売り方の見直しが行われており、ミック・ジャガーとの関係をプロモーションと考え、メディアへの露出を図り、シンガーとしてよりも女優として売り出そうとします。
ラヴ・イン・ア・ミスト

ラヴ・イン・ア・ミスト

収録曲

1. イエスタデイ
2. ユー・キャント・ゴー・ホエア・ザ・ロージズ・ゴー
3. アワ・ラヴ・ハズ・ゴーン
4. ドント・メイク・プロミセズ
5. イン・ザ・ナイト・タイム
6. ディス・リトル・バード
7. 行かないで
8. カウンティング
9. リーズン・トゥ・ビリーヴ
10. 貝がら
11. ウィズ・ユー・イン・マインド
12. ヤング・ガール・ブルーズ
13. グッド・ガイ・ゴーン
14. アイ・ハヴ・ア・ラヴ
アルバム「ラヴ・イン・ア・ミスト」は、ヒットしなかったことで逆に希少価値が出て、今日ではこの時代でマリアンヌ・フェイスフルのもっとも人気の高いアルバムとなっています。
なんといっても当時の雰囲気いっぱいのジャケットが人気の秘密ですね。

女優としては、ゴダールの「 メイド・イン・U.S.A 」、アンナ・カリーナとセルジュ・ゲンズブールのW主演の「アンナ」などにちょこちょこと出演するようになっていますが、何と言ってもこの時期の代表作といえばアラン・ドロンと共演した「あの胸にもういちど」でしょう。全裸に黒皮のライダースーツ着こんでバイクを乗り回すというヒロイン役ですが、これがルパン三世の峰不二子のモデルと言われています。
あの胸にもういちど

あの胸にもういちど

1968年公開
そして有名なマーズ・バー スキャンダルが起こります。これは全裸でオーバードースになって倒れていたマリアンヌ・フェイスフルが警察に見つかり、全裸写真が新聞にまで掲載されてしまったという大スキャンダルのことです。堕ちた天使とマスコミは騒ぎ立て、マリアンヌ・フェイスフルのアイドル生命はここで終わります。

精神的に追い詰められ、ミック・ジャガーとの子供を流産し、更に精神が不安定となり自殺未遂を繰り返し、ドラッグの量は増えていきます。そして麻薬で何度も逮捕されています。
一時期は理想のカップルと言われたミック・ジャガーとは1970年に破局し、このことで男性不信に陥り、アルコール中毒にもなってしまいます。
そして、この状態が70年代半ばまで続きます。

転機が訪れるのは1977年にリリースした10年ぶりのアルバム「ドリーミン・マイ・ドリームス」です。イギリスではファンからもマスコミからも見向きもされませんでしたが、アイルランドではシングル・カットされた「ドリーミン・マイ・ドリームス」がなんと7週連続1位となるビッグヒットを記録したのです。

そしてマリアンヌ・フェイスフルの最高傑作「ブロークン・イングリッシュ」が1979年にリリースされます。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

1985年、劇場公開作向け映画第3作目にあたる本作は、ちょうど夏休み前の企画映画によって子ども・大人に十分楽しまれるような脚色が盛り込まれました。「ルパンの声役はやっぱり山田康雄!」という声が現代でも多いですが、本作はまさにその山田・ルパン本家の魅力が満載しています! 今回は本作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』に彩られた〝壮絶なロマンと演出と構成〟をはじめ、「ここはぜひチェックしておきたい!」という場面を徹底的にご紹介していきます。ぜひ最後までおつき合い下さい!
天川裕司 | 1,074 view
世界5ヶ所で100万人を動員した「ザ・ローリング・ストーンズ展」が3月から東京・五反田で開催!

世界5ヶ所で100万人を動員した「ザ・ローリング・ストーンズ展」が3月から東京・五反田で開催!

2019年3月15日よりTOC五反田メッセで開催される「Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展」。イベントの概要やミック・ジャガー、Char、鮎川誠(シーナ&ロケッツ)らのコメントをご紹介する。
誰もが認める美女「峰不二子」。ですが、時代によって別人かと思えるほど違うキャラなんです。

誰もが認める美女「峰不二子」。ですが、時代によって別人かと思えるほど違うキャラなんです。

ルパン三世の中の登場人物として1971年の登場以来、今日まで不動の人気と美貌を保ち続けている峰不二子。実は、もっとも変化が大きいキャラとしても知られています。時には別人と思えるほどに。
obladioblada | 27,461 view
これこそジャケ買いのすすめ!アンディ・ウォーホルが担当したアルバムのデザインは思わず飾りたくなるアートです。

これこそジャケ買いのすすめ!アンディ・ウォーホルが担当したアルバムのデザインは思わず飾りたくなるアートです。

ジャケ買いという言葉がありますが、不思議と素晴らしいレコードジャケットの中身には外れが少ないようです。名盤と言われるものはおおむねジャケットも素晴らしいですもんね。アンディ・ウォーホルが担当したレコードジャケットも名盤揃いですが、ジャケットだけでも立派なアートになっています!
obladioblada | 1,758 view
日給3.3万!「リアル峰不二子」小倉優香のグラビア撮影を補助するアルバイト求人!!

日給3.3万!「リアル峰不二子」小倉優香のグラビア撮影を補助するアルバイト求人!!

「リアル峰不二子」として現在話題沸騰中のグラビアアイドル、小倉優香。彼女のグラビア撮影をサポートするアルバイトを現在募集中です。興味のある方は是非応募を!
隣人速報 | 13,557 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト