【空色のメロディ】ファンタジー系少女漫画の名作!連載終了には意外な理由があった?
2019年7月1日 更新

【空色のメロディ】ファンタジー系少女漫画の名作!連載終了には意外な理由があった?

「空色のメロディ」はファンタジー要素たっぷりの少女漫画で、当時とても人気のある作品でした。人気作品だったにもかかわらず、アニメ化されることはなく連載もあっさり終了してしまったのですが、そこにはちゃんと理由があったのだとか!懐かしい「空色のメロディ」を様々な角度から調査してみました。

2,031 view

水沢めぐみの名作!「空色のメロディ」

 (2118268)

「空色のメロディ」は1987年6月号から1988年8月号まで、少女漫画雑誌「りぼん」で連載されていました。作者は水沢めぐみ先生。水沢先生といえば「姫ちゃんのリボン」が一番よく知られている作品でしょうか。

当時「空色のメロディ」はとても人気がありました。「りぼん」内の他の作品とは雰囲気が違い、ヨーロッパのような国が舞台でファンタジー要素もかなり強め。大切にしているペンダントには隠された秘密があったりモフモフの愛犬がいたりと、女の子が好きな設定がてんこ盛りの作品だったんですよね。

水沢めぐみ先生のふんわりしたタッチの作風とファンタジーな内容がとてもマッチしていました。付録もそのせいかめちゃくちゃかわいかった思い出!

「空色のメロディ」あらすじと登場人物

両親を亡くしたメロディは、愛犬ハチを連れて、祖父のいるグリーン・フィールドに移り住む。そして、飛行機作りに熱中するアークや多くの友達もでき、楽しい毎日を送る。そんなある日、メロディは屋根裏部屋で不思議な肖像画を見つける。その肖像画に描かれている女性は、何とメロディにそっくりだった。メロディは不思議に思うが、そのことを知ったダンに、二度と屋根裏部屋に入ってはいけないと厳しく叱られる。……学校の芸術祭に、ブルーストーン王国の使節団が訪れる。当日、メロディの祖父ダンと使節の人が話し込むのを目撃したアークは、メロディと王国の関係を独自に調査し、彼女が王位継承者であることを知ってしまう。……メロディがバークレイ家に監禁されて数日後、跡取り息子エドとの結婚式が強引に始まる。夫婦の誓いを拒否して逃げだしたメロディは、塔の上に追い詰められる。そして、物語はクライマックスを迎える(以上、文庫版の内容紹介を適当に編集)。
 (2118278)

メロディ・ブルー

主人公。両親を亡くしたのをきっかけにダンを頼ってグリーン・フィールドにやってくる。泣き虫だけど、元気で明るく運動神経もバツグンな13歳の女の子。愛犬はハチ。実は王国の血をひくお姫様だったことが判明する。

アーク・ライト

好奇心旺盛でお調子者の少年。メロディのことが大好き。飛行機を自作するほどの飛行機少年で将来の夢はパイロット。終盤、飛行機を完成させてメロディを救う。

ダン・フォレスト

若い頃、ブルーストーン王国で王室専用パイロットを務めていた。両親を亡くしたメロディを引き取り一緒に暮らす。村人からは気難しい頑固者だと思われているが優しい一面も。

グレイ・キートン

アークの親友だが、アークとは対照的に物静かで知的な性格。メロディの初恋の人。ずっとアークの姉であるセーラのことが好きだった。

セーラ・ライト

アークの姉で、女性らしく料理も裁縫も得意。メロディの憧れの存在。弟アークの親友であるグレイのことが好き。

「空色のメロディ」に影響を与えた作品とは?

「空色のメロディ」を読むと「これって〇〇の影響かな?」と読者が感じる設定が多々あります。なんとなく気付いている方も多いかもしれません。

まずはメロディたちの暮らす架空の村「グリーン・フィールド」ですが、これは「赤毛のアン」の舞台となっている「グリーン・ゲイブルス」を連想させます。服装などの時代の設定も「赤毛のアン」と同じ頃を意識しているのは明確ですよね。

余談ですが、エプロン付きのワンピースと長靴って女子は一度は憧れませんか?「大草原の小さな家」とか「アボンリーへの道」とか、この時代の女の子の服装はやっぱり可愛いです。

そしてもう一つ、「空色のメロディ」が影響を受けたであろう作品が「天空の城ラピュタ」です。お馴染みのジブリ大人気作品ですね。

女の子のブルーのペンダントに秘密がある、少年が飛行機を作っている、あとは主人公の女の子がおさげ。無理やり連れていかれたのを助けに行く、というのも似ている点かも。

水沢めぐみ先生は「憧れるヒロイン」を聞かれた際に「ナウシカみたいに強い女の子に憧れる」とイラスト付きで描かれていました。おそらくジブリ作品はお好きではないかと思われます。
「天空の城ラピュタ」が公開されたのが1986年。メロディが誕生する1年前ですよね。きっとかなり影響を受けたのではないでしょうか。

人気があったのにあっさり終了には理由があった?

22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

あなたはどこ?私に見せるあなたも演技?――川原由美子さんが少女を通して描いた大人の青年の揺れ動く心『あなたに逢いたい』

あなたはどこ?私に見せるあなたも演技?――川原由美子さんが少女を通して描いた大人の青年の揺れ動く心『あなたに逢いたい』

舞台モノ『あなたに逢いたい』は川原由美子さんの隠された名作でしたね。当時は結ばれなかった二人の関係を今となって読み返すと、ヒロインの立場のみに留まらず、一人の男性の葛藤も味わい深く味わえるようになったのではないでしょうか。
me*me | 613 view
第3作目の「ひみつのアッコちゃん」は人気が低迷していたって本当?

第3作目の「ひみつのアッコちゃん」は人気が低迷していたって本当?

1969年~1999年の30年の間に、3度のアニメ放送がされた大人気の「ひみつのアッコちゃん」ですが、実は1998年に放送された第3作目は人気が低迷してしまったようなのです。今回はこの第3作目のストーリーや視聴率などから人気低迷の原因を探ってみたいと思います。
がきんこ | 677 view
アニメも大人気だった!90年代りぼん連載漫画『赤ずきんチャチャ』

アニメも大人気だった!90年代りぼん連載漫画『赤ずきんチャチャ』

90年代にりぼんっ子に大人気だったドタバタ学園ギャグ漫画『赤ずきんチャチャ』を覚えていますか?アニメでは変身ヒロインものとして人気に!どんな作品だったか振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 3,075 view
年末総集編!おすすめ<その1>!割引&ポイント最大50倍!「この漫画家が好きだ!」書店員が選んだおすすめ漫画家大特集!【eBookJapan】

年末総集編!おすすめ<その1>!割引&ポイント最大50倍!「この漫画家が好きだ!」書店員が選んだおすすめ漫画家大特...

電子書籍/コミックの品揃え世界最大級のeBookJapanで、「この漫画家が好きだ!」書店員が選んだおすすめ漫画家大特集が行われています。【年末総集編 パート②】は1月3日(木)まで。割引&ポイント最大50倍です!

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,425 view
ああ、懐かしの応募者全員サービス!全プレにまつわる思い出ありますか?

ああ、懐かしの応募者全員サービス!全プレにまつわる思い出ありますか?

少女漫画雑誌にあった「応募者全員サービス」略して「全プレ」。大盤振る舞いのプレゼントだと思ってわくわくして母親にねだった無垢な小学生時代。みなさん、全プレにどんな思い出がありますか?
ドラマ化も⁈伝説のギャグ漫画『お父さんは心配症』

ドラマ化も⁈伝説のギャグ漫画『お父さんは心配症』

1980年代少女まんが雑誌りぼんの人気漫画『お父さんは心配症』。 娘が大好きすぎるお父さん。しかもお父さんは、異常な…超迷惑なほどの心配症。 心配ゆえに周りも巻き込んで、娘や恋人と繰り広げられるハチャメチャストーリー。 岡田あーみんによる人気ギャグ漫画が、まさかのドラマ化⁉
annosuke | 363 view
80年代、りぼんに掲載されていた漫画「プラスティック・ドール」大人っぽい絵とカッコいい主人公 篤郎が懐かしい

80年代、りぼんに掲載されていた漫画「プラスティック・ドール」大人っぽい絵とカッコいい主人公 篤郎が懐かしい

1982年から1983年、りぼんで連載された、高橋由佳利先生のプラスティックドール。今も昔もみんな大好き、普通の高校生が芸能界に巻き込まれる系漫画。ただ、この作品は、主人公が17歳男子なのに、女性シンガーの影武者をさせられるという設定が斬新でした。
bllack-mymerody | 248 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト