【箱根駅伝の名門は今いずこ】1996年の優勝校【中央大学駅伝】
2018年1月1日 更新

【箱根駅伝の名門は今いずこ】1996年の優勝校【中央大学駅伝】

今や正月のテレビには欠かせない「箱根駅伝」。直接の大学OBはもちろん、それ以外の人々にも興奮と感動を与えてくれています。今までの最多優勝校は中央大学ですが、1996年以降優勝しておらず、2017年はついに連続出場も途切れました。2018年には再出場のようですが、かつての名門を振り返ってみます。

1,525 view

91回の出場、14回の優勝、箱根路のきっての名門。

2018年の正月に94回目を迎える箱根駅伝ですが、中央大学はそのうち91回に出場(予定)し、過去14回の優勝を飾っているという、箱根路きっての名門校です。
自然豊かな八王子市にある中央大学。

自然豊かな八王子市にある中央大学。

白地に赤の「C」が印象的な中央大学のマーク。

白地に赤の「C」が印象的な中央大学のマーク。

箱根駅伝に関するミドルエッジの記事はこちら!!。

最後の優勝は1996年。

しかし、中央大学の箱根駅伝での最後の優勝は1996年。すでに20年以上優勝から遠ざかっています。しかもその1996年は、渡辺康幸さんという、箱根駅伝きってのスター選手がいた早稲田大学をかわしての優勝という、まさに「名門復活」を印象付けた大会でした。
しかし、1996年の前の優勝は1964年という、32年間も優勝から遠ざかっていたという、非常に久々の優勝だったことがわかります。

★第72回(1996年)箱根駅伝 中央大学総合優勝!!★

中央大学、14回の優勝の軌跡。

こちらのサイトを参考にすると、中央大学の過去14回の優勝は、
大正15年、昭和23年、昭和25年、昭和26年、昭和28年、昭和30年、昭和31年、そして怒涛の昭和34年から昭和39年までの6連覇を成し遂げたあと、長い低迷期を経て、平成8年に最後の優勝をして、現在に至っています。

現在の箱根駅伝中継テレビのCM前のコーナーの常連。

私は箱根駅伝の中継番組を最初から最後まで観たことはありませんが、番組のCMの前の、「箱根駅伝の歴史」を映すシーンでは、必ずと言っていいほど、中央大学の選手の走りの場面が何回か取り上げられます。
しかし、そのほとんどが、「白黒画像」、つまりカラーテレビが普及する前のシーンなのだと思われます。
1996年の優勝の前が、東京オリンピックの始まる前の1964年正月ですから、ある意味当然なわけですね。

箱根駅伝 -中央大学-

中央大学の駅伝の歴史をまとめた動画がありましたが、やはり見事にモノクロ映像がメインですね。

2017年にはついに出場さえできず・・・。

87回連続で出場していた中央大学が予選会で敗退し本戦に出場しなかったことで話題となった。
1996年の最後の優勝のあと、しばらくはシード権圏内は守っていたものの、2013年の大会でシード権を失い、ついに2016年の予選会で44秒差で往年のライバル日本大学に競り負けて、上記の通り87回の連続出場という大記録もストップしました。

受験戦争の競争相手の躍進。

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

鳥人間コンテスト!飛行距離の限界に挑み、そして鳥になった! 

鳥人間コンテスト!飛行距離の限界に挑み、そして鳥になった! 

1977年から現在まで日本テレビで続いている長寿番組「鳥人間コンテスト」。その前身は同局の「日本新記録」の一コーナーでした。番組当初の記録や限界を超えようとするバードマン達の努力をお伝えします!意外な著名人も番組に参加していますよ。
ひで語録 | 7,516 view
【箱根駅伝(2011年)】箱根駅伝史上もっとも接戦となった2011年!1位の早稲田大学と2位の東洋大学の最終タイム差はわずか21秒でした!!

【箱根駅伝(2011年)】箱根駅伝史上もっとも接戦となった2011年!1位の早稲田大学と2位の東洋大学の最終タイム差はわずか21秒でした!!

毎年のお正月といえば箱根駅伝。出場校は関東でありながら、全国区で注目される駅伝ですよね。2015年までに91回を数える箱根駅伝の長い歴史の中で、もっとも僅差での決着となった第87回箱根駅伝(2011年)を、振り返ってみたいと思います。
青春の握り拳 | 5,190 view
中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

中日ファンは必見!?大阪桐蔭の根尾昂の愛読書『思考の整理学』が東大・京大生に絶大な支持を受けている理由とは?

10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、中日が交渉権を獲得した大阪桐蔭・根尾昂。根尾は文武両道として知られ、寮に父親が毎月20冊の本を送ってくるほどの読書家でもあります。そんな彼の愛読書「思考の整理学」が、現在巷で大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,330 view
根底に流れるRock'n Roll魂!明大教授、堀田秀吾先生のロックな半生。

根底に流れるRock'n Roll魂!明大教授、堀田秀吾先生のロックな半生。

好奇心、行動力。突き詰める情熱。言葉にするとなんだか説教じみたワードもこの人が話すと笑いと驚きをもって聴き入ってしまう。明治大学法学部教授、堀田秀吾先生。一言でいうならば「異端児な教授」しかしながらその多連続なスピード感溢れる半生は、聴く者を魅了する力に溢れています。
元気が出るテレビの名物企画「東大に入ろうね会」って覚えてる!?

元気が出るテレビの名物企画「東大に入ろうね会」って覚えてる!?

80年代から90年代にかけて放送され人気を博していた「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」。「ダンス甲子園」など様々な名物企画がありましたよね。その中に「勉強して東大に入ろうね会」という、受験生が東大にチャレンジする企画があったのを覚えていますでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト