「中の島ブルース」を巡る2つのグループ。『秋庭豊とアローナイツ』と『内山田洋とクール・ファイブ』
2018年1月11日 更新

「中の島ブルース」を巡る2つのグループ。『秋庭豊とアローナイツ』と『内山田洋とクール・ファイブ』

この記事では、「中の島ブルース」を歌う2つのグループについて書きたいと思います。「中の島ブルース」という曲を軸に、2つのグループに触れていきたいと思います(^^)/

911 view

中の島ブルースとは

『中の島ブルース』(なかのしまブルース)は、1973年に秋庭豊とアローナイツ(当時は秋庭豊とシャネル・フォー名義)が自主制作したシングル。作詞は須田かつひろ、作曲は吉田佐。

1975年7月には斎藤保が歌詞を補作した全国版が発売され、内山田洋とクール・ファイブとの競作になった。
この曲は『秋庭豊とアローナイツ』と『内山田洋とクール・ファイブ』の両グループが歌っていますが、セールス的には『内山田洋とクール・ファイブ』が勝ったとのこと。

中の島とは?

タイトルや歌詞の中でも出てくる中の島。
そもそもこの中の島とはどこなのか?
曲を聴いてみると判るのですが、全国版では北海道、大阪、長崎の中の島の地名に由来させていることが判ります。ただし、長崎だけは中島川になっていますね。

両グループの「中の島ブルース」の違い

『秋庭豊とアローナイツ』

『秋庭豊とアローナイツ』の「中の島ブルース」

『秋庭豊とアローナイツ』の「中の島ブルース」

秋庭豊とアローナイツ 中の島ブルース

歌志内炭坑のアマチュア社内バンドだったアローナイツが、実力を認められプロになり、札幌に進出して成功。初のオリジナル曲として自主制作で発売された。この当時の歌詞は北海道札幌市豊平区の中の島のみを舞台としていた。
初めは北海道限定の歌詞だったのですね(^^)/

『内山田洋とクール・ファイブ』

『内山田洋とクール・ファイブ』の「中の島ブルース」

『内山田洋とクール・ファイブ』の「中の島ブルース」

中の島ブルース 内山田洋とクールファイブ

有線放送を通じ人気が全国的になったことから、アローナイツにメジャーデビュー計画が持ち上がり、大阪府大阪市北区の中之島、長崎県長崎市の中島川と全国各地域のなかのしま(長崎については正確にはなかしまがわ)を補作して、内山田洋とクール・ファイブとの競作の形で再発売された。
競作となったこの曲ですが、知名度の高い『内山田洋とクール・ファイブ』に軍配が上がったそうです。
確かに『内山田洋とクール・ファイブ』の名前は知ってますねぇ

作詞

『秋庭豊とアローナイツ』の「中の島ブルース」の方は須田かつひろ。『内山田洋とクール・ファイブ』の「中の島ブルース」の方は斎藤保。両曲で作詞家が違うんですねぇ
ちなみに、現在Youtubeでもアップされている「中の島ブルース」は、全国版に補作された斎藤保版の「中の島ブルース」になります。

作曲

吉田 佐(よしだ たすく、1937年(昭和12年) - 2006年(平成18年)2月7日)は、日本の作曲家。北海道生まれ。ムード歌謡を中心に2000余曲を手掛けた。
「中の島ブルース」を競作させることでミリオンセラーにしたそうです。
なかなかのやり手ですな(^^)/

編曲

『秋庭豊とアローナイツ』の「中の島ブルース」 川上英一

川上 英一(かわかみえいいち)は、日本の作曲家・編曲家。
師匠は吉田矢健治。
キングレコード専属作家のひとりで、小町昭・白石十四男とともに歌謡曲の編曲を手掛けた。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1975年11月にリリースされた【内藤やす子】のデビューシングル「弟よ」を聴き直す

1975年11月にリリースされた【内藤やす子】のデビューシングル「弟よ」を聴き直す

1975年に「弟よ」でデビューした内藤やす子さん。活動休止を余儀なくされたこともありましたが、今でも現役で歌い続けています。今回はそんな内藤やす子さんのデビュー曲を振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 223 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 772 view
40周年&100巻目前を記念して「パタリロ!100Project」始動! 映画「パタリロ!」「翔んで埼玉」も見逃せない!

40周年&100巻目前を記念して「パタリロ!100Project」始動! 映画「パタリロ!」「翔んで埼玉」も見逃せない!

1978年11月20日に始まって以来、今年で40周年を迎える魔夜峰央「パタリロ!」。目前に迫る40周年記念日と100巻発売に向けて「パタリロ!100Project」が始動、公式特設サイトがオープンしました。映画制作が進んでいる「翔んで埼玉」も見逃せない!
【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

【漫画で格闘技】タイガー・ジェット・シンが新宿伊勢丹前で猪木夫妻を襲撃!ヤラセ?リアル?警察が新日本プロレスを厳重注意!

1973年に新日本プロレスのタイガー・ジェット・シンが、妻である倍賞美津子と新宿にいたアントニオ猪木を襲撃するという『新宿伊勢丹襲撃事件』を起こす。以降、「因縁の対決」となったタイガー・ジェット・シンとアントニオ猪木について、並木モッズのイラストで振り返る。
並木モッズ | 3,015 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト