【新沼謙治】昭和の演歌歌手!亡くなった嫁との秘話や息子・娘・孫のについても調査!
2020年11月28日 更新

【新沼謙治】昭和の演歌歌手!亡くなった嫁との秘話や息子・娘・孫のについても調査!

演歌歌手として、俳優・タレントとしても活躍された新沼謙治さん。当時は、そのイケメンぶりで多くの女性ファンを虜にしました。今回の記事では、そんな新沼謙治さんの半生や、プライベート情報・現在の活動ぶりをまとめました。代表作品もご紹介しますので、ぜひ記事をご覧になってくださいね。

752 view

愛妻家として知られた演歌歌手・新沼謙治さん

新沼謙治さんのプロフィール

新沼謙治さんのプロフィール

生年月日:1956年2月27日
出身地 :岩手県大船渡市
血液型 :A型
職業  :演歌歌手
     俳優
     タレント
活動期間:1976年~

新沼謙治さんの経歴

1956年、岩手県大船渡市に生まれた新沼謙治さん。地元の公立高校を卒業すると、集団就職で栃木県宇都宮市にある左官業の会社で働いたといいます。

演歌歌手を志し、日本テレビ系列で放送されていてオーディション番組『スター誕生!』に応募。しかし、なかなか予選を通過できず、4度も落選したそうです。1975年、5度目の応募で本戦に進出すると、五木ひろしの『哀恋記』を歌って合格を勝ち取りました。
その後、新沼謙治さんが端正な容姿だったこともあって、17社の芸能事務所からオファーを受けています。1976年に第一プロダクションの所属となり、日本コロムビアから数々のヒット曲を発売しました。その年のうちに、『嫁にこないか』で日本レコード大賞新人賞を獲得され、NHK紅白歌合戦にも出場しています。
1986年、新沼謙治さんの趣味だったバトミントンを通じて、全英オープン4連覇の偉業を成し遂げた女王・湯木博恵さんと結婚。夫婦は一男一女に恵まれました。しかし、2011年に湯木博恵さんはガンを患い、62歳の若さで亡くなってしまいます。
その後、東日本大震災の復興支援プロジェクトにも積極的に参加され、歌手として、NHK主宰のプロジェクトのテーマソングを歌う一員としても参入されました。故郷への想いを込めて作曲した『ふるさとは今もかわらず』は、新沼謙治さんの母校であるに大船渡市立第一中学校の生徒たちを含んだ44名のコーラスとのレコーディングが行なわれています。
https://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E6%B2%BC%E8%AC%99%E6%B2%BB%E5%85%A8%E6%9B%B2%E9%9B%86-%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BB%8A%E3%82%82%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%9A-%E6%96%B0%E6%B2%BC%E8%AC%99%E6%B2%BB/dp/B00MSQVVD4/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BB%8A%E3%82%82%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%9A&qid=1605594784&s=music&sr=1-1 (2241231)

この楽曲がリリースされると合唱曲として注目されるようになり、ピアノ・合唱用の譜面を封入した『ふるさとは今もかわらず シンフォニーVer./合唱Ver.』はオリコンチャート初登場で25位にランクインするほどのヒット曲となりました。

新沼謙治さんにまつわるエピソード

愛妻家としても有名

経歴でも触れたように、新沼謙治さんの奥様はバトミントンで世界のトッププレイヤーとして活躍された湯木博恵さん。結婚してからは、姉さん女房ぶりを発揮して家庭を支えたといいます。
https://www.irasutoya.com/2018/11/blog-post_489.html (2241235)

そんな湯木博恵さんも、2011年に甲状腺ガンのために還らぬ人に。東京都内の病院で息を引き取ったそうですが、新沼謙治さんはコンサートで山形に滞在していました。コンサートは昼夜2部の構成で、愛妻の訃報を知ったのは昼の公演を終えた休憩時間のことです。
夜の公演は必死に涙を押し殺し、最後まで観客の期待に応えましたが、その後の落込み具合は周囲もかなり心配するほどだったそうです。そうなると予想していた湯木博恵さんは遺書に「自立してください」と書き残していました。愛妻からのメッセージを受け、新沼謙治さんは葬儀の場で「自立します」と語っています。

息子や娘・孫について

湯木博恵さんとの間に一男一女を授かった新沼謙治さん。ご長男の名前は新沼翔大さん、ご長女の名前は新沼文那さんといいます。
新沼翔大さんは父親と同じように歌手を目指していたそうですが、現在では、芸能活動から身を退いて介護の仕事をされているそうです。新沼文那さんも声優として活動していたようですが、こちらも現在は目立った活動をしている様子はありません。
https://www.irasutoya.com/2016/05/blog-post_162.html (2241239)

2017年、61歳を迎えた新沼謙治さんに初孫ができたことが話題に。新沼翔大さん・新沼文那さん、どちらのお子さまなのかは明らかになっていませんが、孫ができたことの喜びをテレビ番組で語った新沼謙治さん。天国にいる湯木博恵さんも、さぞかし喜んでいることでしょうね。

新沼謙治さんの主な代表作品

歌手としてだけではなく、俳優としても活躍した新沼謙治さん。こちらでは代表的なところをピックアップして紹介させていただきます。
映画
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1987年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1987年の邦楽ヒット曲 ランキング。売上枚数「年間ベスト10」はこの曲だ!

1987年にはどのような曲が流行っていたのか?売上枚数で見るリアルな年間ベスト10。演歌ファンの皆様お待たせしました。実は、この年は演歌が盛り返したんですよ。1987年は演歌豊作の年だったのです!
obladioblada | 504 view
紅白でのセーラームーンのコスプレ以来の快挙!?演歌歌手・坂本冬美(53)が初々し過ぎる「セーラー服姿」を披露!!

紅白でのセーラームーンのコスプレ以来の快挙!?演歌歌手・坂本冬美(53)が初々し過ぎる「セーラー服姿」を披露!!

長年にわたり演歌歌手として活躍を続ける坂本冬美(53)が、自身の公式YouTubeチャンネル「冬美チャンネル」にてまさかの「セーラー服姿」を披露していると、SNSを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 1,415 view
吉幾三による謎の津軽弁ラップ『TSUGARU』がZOZOマリンスタジアムに響き渡ったと話題に!!

吉幾三による謎の津軽弁ラップ『TSUGARU』がZOZOマリンスタジアムに響き渡ったと話題に!!

9月22日にZOZOマリンスタジアムで行われたロッテvs日本ハム戦にて、ロッテの種市篤暉投手がマウンドに向かう際に吉幾三の“謎のラップ”が流されたと、SNSを中心に大きな話題となっています。
1976年にデビューした【角川博】の名曲を聴き直す

1976年にデビューした【角川博】の名曲を聴き直す

1976年にデビューした角川博さんは、女心を歌わせたらトップクラスの力量を持つと言われています。今回はそんな角川博さんが歌ってきた名曲を振り返ってみたいと思います。さっそく聴き直してみましょう!
つきねこ | 979 view
大ヒット曲「帰ってこいよ」は【松村和子】のデビュー曲でした

大ヒット曲「帰ってこいよ」は【松村和子】のデビュー曲でした

1980年に発売された松村和子さんのデビュー曲「帰ってこいよ」は、サビの部分は誰もが聴いたことがあるのではないでしょうか?今回はその「帰ってこいよ」を振り返ってみたいと思います。懐かしい曲ですよ!
つきねこ | 831 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト