『おジャ魔女どれみ』シリーズ(おジャ魔女どれみ19まで)とてもハ-トフルコメディな魔法少女シリーズ
2016年10月12日 更新

『おジャ魔女どれみ』シリーズ(おジャ魔女どれみ19まで)とてもハ-トフルコメディな魔法少女シリーズ

皆さんはどの『おジャ魔女どれみ』シリーズが一番好きでしたか?『おジャ魔女どれみ』シリーズは、1999年2月から2003年1月まで放送された『おジャ魔女どれみ(無印)』『おジャ魔女どれみ♯』『も~っと!おジャ魔女どれみ』『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』また、番外編の『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』、そして『ドッカ〜ン!』の3年後を描いた公式小説『おジャ魔女どれみ16』からなるシリーズ作品。 どれみ達の成長と友情を描いたハートフル・コメディの超傑作を振り返りましょう。

12,452 view

おジャ魔女どれみ

おジャ魔女どれみ

おジャ魔女どれみ

友情をテーマにした作品。1999年2月7日から2000年1月30日にかけて全51話が放送された。シリーズタイトルと区別する意味で一部スタッフやファンの間からは『無印』と通称され、2005年発行の『おジャ魔女どれみ メモリアルアルバム』では『第1シリーズ』と表記されている。

次回予告の決めゼリフは「ハッピー! ラッキー! みんなにとーどけ!」()(第3話予告までは「ハッピー! ラッキー! みんなにとーどけ!」)で、最終回予告では「最後の魔法、みんなにとーどけ!」であった。オープニングアニメーションの変更は第25話から、アイキャッチの変更は第27話から行われた。また、序盤には効果音の変更が何度か行われている。

ドジで妹の春風ぽっぷからもバカにされる自称「世界一不幸な美少女」の小学3年生・春風どれみ。魔女に憧れ、好きな人に告白する勇気を魔法で手に入れたいと思っていた彼女は、ひょんなことから本物の魔女・マジョリカと出会う、この時マジョリカが魔女であることを、どれみが見破ってしまった為に、マジョリカは魔女ガエルの呪いの力により魔女ガエルとなってしまう。

魔女ガエルに変えてしまったマジョリカを元の姿に戻すため、どれみは幼なじみの藤原はづき、転校生の妹尾あいこ、後にはどれみの妹春風ぽっぷと共に魔女見習いとしての修行に励んでいく。

魔女見習いとしての修行を続けていた3人は、偶然にも人間界に潜む「バッドアイテム」というものを見つける。これは、かつて魔女界に封印されていた「バッドカード」がとりついたものであり、持ち主の願いと正反対の不幸をもたらす。3人は魔女界の女王様からバッドカードの回収を依頼される。

中盤からは別の魔女の下で魔女見習いをしている瀬川おんぷが登場。初めは自己中心的な性格で、どれみ達と違って魔法はあくまでも自分自身の為に使っていた彼女だったが、どれみたちとの触れ合いを通じて次第に変わっていく。

その後、どれみ・はづき・あいこ・おんぷは見習い試験などのすべての課題をクリアし、一度は晴れて魔女になるが、直後にクラスメイト全員から魔女であることを見破られる。おんぷがとっさに魔法でクラスメイトの記憶を消去した為にこと無きを得たが、禁断の魔法の反動を打ち消すブレスレットが完全に壊れ、効果を打ち消すことが出来ず、おんぷは24時間以内に助けないと百年の眠りにつく呪いにかかってしまう。

おんぷを救うことは禁忌に触れた罰にある者を救うことになり、魔女界の禁忌で同罪にもかかわらず、どれみ達は自分たちの魔女としての資格剥奪と引き替えにおんぷを目覚めさせる。

魔法の力を借りなくても、自分たちの努力で願いをかなえることは出来る。彼女たちは魔女から普通の人間の女の子に戻り、そして大親友となったのであった。一方で、元の姿に戻るすべを失ったマジョリカはMAHO堂を閉店することを決めた。

おジャ魔女どれみ全シリーズオープニング&エンディング主題歌メドレー

おジャ魔女どれみ(第一部)
おジャ魔女どれみ#(第二部)
も~っと!おジャ魔女どれみ(第三部)
おジャ魔女どれみドッカ~ン!(第四部)

1.無印OP「おジャ魔女カーニバル!!」→0:00
2.無印ED「きっと明日は」→1:35
3.シャープOP「おジャ魔女はココにいる」→3:20
4.シャープED「声をきかせて」→4:55
5.もっとOP「おジャ魔女でBAN2」→6:40
6.もっとED「たからもの」→8:14
7.どっかんOP「DANCE!おジャ魔女」→9:49
8.どっかんED①「おジャ魔女音頭でハッピッピ!!」→11:24
9.どっかんED②「わたしのつばさ」→12:59
10.ナイショOP「ナ・イ・ショ・YO!おジャ魔女」→14:34
11.ナイショED「ステキ∞」→16:09

おジャ魔女どれみ全シリーズお着替え・変身まとめ

変身の音楽が最高に素晴らしい。

おジャ魔女どれみ(第一部)
おジャ魔女どれみ#(第二部)
も~っと!おジャ魔女どれみ(第三部)
おジャ魔女どれみドッカ~ン!(第四部)

「どれみ達7人の呪文」
春風どれみ ピリカピリララ ポポリナペペルト(第5シリーズ13話にて彼女の孫・ふぁみも使用)
藤原はづき パイパイポンポイ プワプワプー
妹尾あいこ パメルクラルク ラリロリポップン
瀬川おんぷ プルルンプルン ファミファミファー
飛鳥ももこ ペルタンペットン パラリラポン
春風ぽっぷ ピピットプリット プリタンペペルト
ハナ ポロリンピュアリン ハナハナピー(これはハナが自分で考えた呪文であり、本来呪文は必要ない)
おジャ魔女

「お邪魔な魔女」を指す侮蔑用語。特に主人公・春風どれみは魔女見習いとして劣等生だったこととドジっぷりとで即座におジャ魔女扱いをされていた。しかし、物語が進むにつれてどれみ達に対しては上記の侮蔑の意味合いが薄れ、彼女らに対する通称に変化していった。

『おジャ魔女どれみ』シリーズの主人公「春風どれみ」

春風どれみ 小学3年生(1999年)  幼少時代はやん...

春風どれみ 小学3年生(1999年)  幼少時代はやんちゃだったが、今では「いるだけでみんなを楽しくさせることができ、誰とでも友達になれる」ような、担任の関先生やクラスメート、魔女界の女王様も認める心優しい少女。

春風 どれみ(はるかぜ どれみ)は、アニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズの主人公の魔女見習いの少女。MAHO堂に所属する「おジャ魔女」の一人で、メンバーの中心的人物。

ソナチネ幼稚園を卒園後、美空市立美空第一小学校に入学。3年2組⇒4年2組⇒5年1組⇒6年1組に在籍する。その後、美空市立美空中学校を経て県立美空高等学校に進学。
四年制大学を卒業後、母校の美空市立美空第一小学校に教師として赴任。
春風どれみは、魔女見習いになりたてのとき、ホウキにうま...

春風どれみは、魔女見習いになりたてのとき、ホウキにうまく乗れずに振り回されたり、変身しても着ぐるみだったり、マジカルステージの失敗の原因を作ったりと、他のメンバーよりも苦戦振りが目立った。

魔女見習い服はピンク。お付きの妖精は「ドド」。ピアノの音がするポロンを使っている。魔法の呪文は「ピリカピリララ ポポリナペペルト」。マジカルステージでは「ピリカピリララ のびやかに」。ロイヤルパトレーヌの時は「ピリカパトレーヌ」。
春風どれみの口癖「あたしって世界一不幸(たまに幸せ)な...

春風どれみの口癖「あたしって世界一不幸(たまに幸せ)な美少女だ〜!」

春風どれみの口癖は、膨れっ面を左右に振りながらの「プッ...

春風どれみの口癖は、膨れっ面を左右に振りながらの「プップのプー」

「どれみ」と未来から来た孫の「ふぁみ」は大のビーフステ...

「どれみ」と未来から来た孫の「ふぁみ」は大のビーフステーキ好き

ピアノの発表会の帰りにレストランでステーキを食べ、そのおいしさに大のビーフステーキ好きになり、将来の夢として「ステーキ屋さん」を挙げるほどであるが、劇中ではステーキを食べる機会をことごとく逃している。

第5期第13話における「ふぁみ」との会話によれば、その時点(小学5年生の3学期)でステーキを食べたのは、生まれたときから数えてもわずか1回のみとのことらしい。

小学5年生にして、孫のふぁみ(苗字は不明)と出会う。魔女見習いの彼女は、どれみが魔女見習いであったとは知らず、どれみに魔女が実在することを伝える為過去の世界に来た。

藤原はづき・妹尾あいこ・瀬川おんぷ MAHO堂に所属する「おジャ魔女」の仲間

はづきとあいこは、どれみが魔法を使うところをはづきと一...

はづきとあいこは、どれみが魔法を使うところをはづきと一緒に目撃した為、どれみが魔女ガエルになるのを防ぐため、どれみと一緒に魔法修行をすることとなった。

藤原はづき

藤原はづき

どれみの幼馴染。大きなオレンジ色のリボンでポニーテールにしている、MAHO堂のメンバーで唯一のメガネっ子。眼鏡を外した姿は稀にしか出てこなかったが、これといって変わった作画はなされていない。

また、場面に応じて眼鏡そのものにコミカルな作画が与えられることはよくあった。どれみとは対照的な性格で、おっとりとしている。少しとぼけた一面もあるが、些細なことで頑固なところも見せる。

ストーリーが始まった時点で既にどれみの親友だった。どれみが魔法を使うところを見てしまい、どれみが魔女ガエルになるのを防ぐため、どれみと一緒に魔法修行をすることとなった。魔女を目指すに当たっての動機は「自分の意見をしっかり言える勇気が欲しい」。
藤原はづき

藤原はづき

妹尾あいこ

妹尾あいこ

小学3年生の時に美空町に引っ越してきた。あいこにとって、どれみとはづきは美空小学校に転校してきて最初に出来た友達。

どれみが魔法を使うところをはづきと一緒に目撃した為、はづきと共に魔法修行を始めた。魔女を目指すに当たっての動機は「お父ちゃんに幸せになって欲しい」。
妹尾あいこ

妹尾あいこ

大阪府出身で、どれみたちとは標準語ではなく大阪弁で話す。

魔女見習い服は水色。お付きの妖精は「ミミ」。ハーモニカの音がするポロンを使っている。魔法の呪文は「パメルクラルク ラリロリポップン」。マジカルステージでは「パメルクラルク たからかに」。ロイヤルパトレーヌの時は「パメルクパトレーヌ」
瀬川おんぷ

瀬川おんぷ

マジョルカが魔女であることを見破ったため、魔女ガエルとなってしまったマジョルカを元に戻すべく魔女見習いになる。チャイドルとして活躍しており、また魔法にも優れた才能を発揮している。魔女を目指す動機は「ママが叶えられなかったトップアイドルの夢を私が叶える」。
(サインを見て)男子生徒全員「お~、本物だ~!」と大喜び。

(サインを見て)男子生徒全員「お~、本物だ~!」と大喜び。

瀬川おんぷ

瀬川おんぷ

魔女見習い服は紫色。お付きの妖精は「ロロ」。フルートの音がするポロンを使っている。魔法の呪文は「プルルンプルン ファミファミファ」。マジカルステージでは「プルルンプルン すずやかに」。ロイヤルパトレーヌの時は「プルルンパトレーヌ」。
203 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

泣けるマンガがアニメ化!1996年『赤ちゃんと僕』

泣けるマンガがアニメ化!1996年『赤ちゃんと僕』

泣ける漫画として話題になった1996年放送『赤ちゃんと僕』!亡くなった母親の代わりに弟を見守る小学生!笑いと涙のストーリーに夢中になりましたね!子育て中に読むと共感できると今でも人気ですよ!
ロングアゴー | 2,402 view
少女マンガの概念を変えた「24年組」をあらためて振り返ってみよう

少女マンガの概念を変えた「24年組」をあらためて振り返ってみよう

「24年組」と言われる萩尾望都、竹宮惠子、大島弓子など、それまでの少女マンガから一線を画した作風と表現力でムーブメントを起こしたマンガ家たちの軌跡を振り返ります。
ケロリン | 22,656 view
30代からの保湿ケアは【エクストラリッチローション】温泉水から生まれた化粧品

30代からの保湿ケアは【エクストラリッチローション】温泉水から生まれた化粧品

エイジングケアへの実感を高める、美容液成分95.8%配合【エクストラリッチローション】30代を過ぎた年齢肌に、温泉水から生まれたエクストラリッチローションで集中ケア!

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ひみつのアッコちゃん」を現代風にリメイク!『ひみつのアッコちゃんμ』がWebコミックで連載を開始!!

「ひみつのアッコちゃん」を現代風にリメイク!『ひみつのアッコちゃんμ』がWebコミックで連載を開始!!

赤塚不二夫原作による少女マンガ「ひみつのアッコちゃん」を現代風にリメイクした「ひみつのアッコちゃんμ(ミュー)」のWebコミックが、本日より連載配信をスタートさせた。毎月1回、第3金曜日に無料で配信される。
red | 1,600 view
戦闘美少女・美少女戦士物(バトルヒロイン)アニメの歴史 30作品

戦闘美少女・美少女戦士物(バトルヒロイン)アニメの歴史 30作品

戦闘美少女(バトルヒロイン)アニメといえば、古くは『リボンの騎士』(1967年)、『キューティーハニー』(1973年)、『ラ・セーヌの星』(1975年)、『風の谷のナウシカ』(1984年)などで戦うヒロインが現れ、『美少女戦士セーラームーン』(1992年)のヒロイン達が爆発的な人気を集めました。特に『美少女戦士セーラームーン』以降、少女向け作品において、2004年から開始されたプリキュアシリーズを筆頭に、この類型のキャラクターの作品が多く誕生しています。90年代の戦闘美少女・戦う少女(女性)アニメを中心に振り返ってみましょう。
トントン | 42,969 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 386 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 775 view
ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 2,627 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト