『ガンプラり歩き旅』その72 ~「バラのように力強さの中にも優美さと気品を失わない良い機体」ネオジオンMS第1号、その名もガルスJ~
2018年7月20日 更新

『ガンプラり歩き旅』その72 ~「バラのように力強さの中にも優美さと気品を失わない良い機体」ネオジオンMS第1号、その名もガルスJ~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!

2,454 view
シャングリラという名の、ジャンクのコロニーの中で、今ま...

シャングリラという名の、ジャンクのコロニーの中で、今まさにビーム・サーベルを振り上げるガルスJ!

.
私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、 再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。
今回紹介するのは、『ガンダムZZ』事実上の第1話で登場した敵モビル・スーツ、言われて見ればいろいろジオンっぽい、ガルスJの登場です。

ガルスJ 1/144 002 1986年5月 700円(機動戦士ガンダムZZ)

1/144 ガルスJのボックスアート。背景にはガンプラ...

1/144 ガルスJのボックスアート。背景にはガンプラ同時発売のガザDも描かれている

.
前回に続いて『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)から、近年のHGUCではリメイクされていない敵モビル・スーツの当時キットの紹介シリーズ第2弾は、実質上の第1話『シャングリラの少年』から登場した、『ガンダムZZ』世界では一番最初に登場した敵モビル・スーツ、ガルスJの1/144キットの紹介である。
完成したガルスJ(シャングリラバージョン)

完成したガルスJ(シャングリラバージョン)

.
ガルスJは、前回も語ったが、出渕氏がまず画面に登場する敵が、“あのジオンの末裔”であることを端的に示すために、ガルスJには随所に過去のジオン系モビル・スーツの特徴や意匠が配置されていて、むしろ前年の『機動戦士Zガンダム』(1985年)初期のモビル・スーツに、ハッタリと遊びを利かせたデザインのように見せている。
ナルシストのマシュマーいわく「バラのように力強さの中にも優美さと気品を失わない良い機体」だそうだ。
キットのランナー状態。2色3枚のランナーに、ポリキャッ...

キットのランナー状態。2色3枚のランナーに、ポリキャップというお約束フォーマット

.
実際は、ドムの体形にゲルググのシルエットに、ザクの無個性さとグフの特殊な左腕をハイブリッドして成り立っているデザインだが、前腕にはしっかりと「出渕穴」が開いている辺りは、そろそろこの時期、出渕氏がしっかりとブランドとして大御所になりつつあった機運を感じさせてもらえる。
正面から見たショット。力強いフォルムが再現されている

正面から見たショット。力強いフォルムが再現されている

.
彩色指定まで出渕氏がどこまで関与したかは定かではないが、ザク特有の濃淡2色のグリーンの中に、真っ赤なコクピットハッチがある辺りは、後に出渕氏が「新解釈のザク」としてデザインした『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』(1989年)で、最終的に「ザクFZ」と機体名を付けられたデザインの原点ともいえよう。
サイドビューとバックビュー。流れる曲線の中でのメリハリ...

サイドビューとバックビュー。流れる曲線の中でのメリハリの付き方が、さすがブチメカ!

.
そういった意味で王道復古、原点回帰、温故知新の「いかにもなジオンらしさ」と、シリーズ初動でドタバタギャグを繰り広げるツールとしてのギミックを兼ね備えた機体がこのガルスJなのであるが、『ガンダムZZ』1/144 ガンプラシリーズのNo.1の座は、その後登場してくるガザDに譲ったという話も前回にしたので、今回は早々とキットの話に移ることにしよう。
デッキの中で出撃し始めるガルスJ。顔の立体的な構造や、...

デッキの中で出撃し始めるガルスJ。顔の立体的な構造や、胸部のディテールなどが分かりやすい再現画像の一枚

.
ざっくりまとめて書いてしまうと、『ガンダムZZ』序盤、特に出渕氏と伸童舎でデザインがあげられた、ネオジオン初期のモビル・スーツの1/144キットは、基本的にどれもこれも、どこかに致命的な弱点を抱えていて、評価以前の問題として、量産に当たって練り込まれていない物が多すぎた。
同時登場のZガンダムと対を成すために、ガルスJのコクピ...

同時登場のZガンダムと対を成すために、ガルスJのコクピットハッチも開いた状態で固定モデル化した。ちなみにこちらにはマシュマーは乗せていない

.
それは「肩がいっさい動かないRジャジャ」「腕をスプリングで再現しようとして、全く活かせなかったハンマ・ハンマ」「合体変形をするが、精度が練られておらずまったく安定性に欠けるバウ」といった迷走を生むのだが、一方でガザDやガ・ゾウム、ズサなどの傑作キットもある中で、なぜそこまで個体差が激しくクオリティが上下したのか、その中でガルスJはどのあたりの位置にいるのか、等を考察してみたい。
オプション。エネルギーガンはガルスJ固有の個性的な武器...

オプション。エネルギーガンはガルスJ固有の個性的な武器で付属してくるものだが、劇中頻繁に使用していたビーム・サーベルはキットには付属してこないので、1/144 Zガンダムの余ったサーベルを塗りなおしている

.
その前提として。
これは数年前までは予想できなかったが、『ガンダムZZ』初動のネオジオンモビル・スーツの多くが、デザインリファインされ『機動戦士ガンダムUC』(2010年)に登場している。ガンプラ的には、デザイン的にも動かしたり再現するのも難しい、今となってはマイナーの『ガンダムZZ』MS群よりも、今っぽくアレンジされてガンプラ化しやすい方が良いと踏んだのか、ハンマ・ハンマがローゼン・ズールとして、RジャジャがRギャギャとして、ズサはほぼそのままに、このガルスJはシュツルム・ガルスとしてリファインされ、それぞれガンプラではHGUCで華々しく売られている。
シャングリラのジャンク地帯に降り立ったガルスJ!

シャングリラのジャンク地帯に降り立ったガルスJ!

.
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

『ガンプラり歩き旅』その75 ~1986年に既に存在していた“リゲルグ”という名の「究極の『アタリ』のゲルググ」~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 5,921 view
『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

『ガンプラり歩き旅』その71 ~吹き荒れろ! ガザの嵐だ、ネオジオンのガザD参上!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,984 view
『ガンプラり歩き旅』その81 ~21世紀に向けてバンダイが始めた“HGUC”! まずはマシュマーとラカンのザクⅢ~

『ガンプラり歩き旅』その81 ~21世紀に向けてバンダイが始めた“HGUC”! まずはマシュマーとラカンのザクⅢ~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 2,162 view
『ガンプラり歩き旅』その76 ~「ドムにハズレなし」に死角なし!ドム系新型モビル・スーツでも、シリーズ一番の傑作キット!~

『ガンプラり歩き旅』その76 ~「ドムにハズレなし」に死角なし!ドム系新型モビル・スーツでも、シリーズ一番の傑作キット!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 3,578 view
『ガンプラり歩き旅』その74 ~今回もまた動かざるごと山の如し! ハンマ・ハンマの腕を、徹底改造で動かしてみせる!~

『ガンプラり歩き旅』その74 ~今回もまた動かざるごと山の如し! ハンマ・ハンマの腕を、徹底改造で動かしてみせる!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、メカ単位での紹介をする大好評連載。 新展開では『機動戦士Zガンダム』(1985年)『機動戦士ガンダムZZ』(1986年)『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年)まで、旧キットから最新のHGUCまで、商品の発売順に、再現画像と共に網羅紹介していこうという趣向になっております!
市川大河 | 3,367 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト