リンゴ・スターがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!
2017年3月10日 更新

リンゴ・スターがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

これが最後かもしれない!リンゴ・スターの来日公演が決定しました。相変わらず豪華なバックメンバーを従えています。楽しめること間違いなしでしょう。ビートルズ時代を含め長きにわたるキャリアから生み出された名曲の数々を披露してくれそうです。

596 view

リンゴ・スターがやって来る

RINGO STARR And His All Sta...

RINGO STARR And His All Starr Band

出典 udo.jp
リンゴ・スターがやってきます。2016年10月24日の大阪公演を皮切りに11月2日の東京最終公演まで8公演が予定されています。
リンゴ・スターといえばビートルズ。ビートルズといえば必ずしもリンゴ・スターとは言えないところがいかにも人の好いリンゴ・スターらしいです。

さて、そのリンゴ・スターは1940年7月生まれですので76歳ということになりますね。年齢的なこともあり最後の来日公演になるのではないかと言われています。
ヒット曲はたくさん持っているリンゴ・スターですが、ビートルズ時代を含め名曲の数々を披露してくれそうです。
RINGO STARR

RINGO STARR

出典 tower.jp
リンゴ・スター(Dr・Vo)
リンゴ・スターは、イギリス・リバプール生まれのミュージシャンで言わずと知れた元ザ・ビートルズのメンバーです。今更説明の必要はありませんね。
奥さんは映画「007 私を愛したスパイ」のボンドガールとして有名なバーバラ・バックです。

Paul McCartney & Ringo Starr - With a Little Help From My Friends | Live

今回の公演は以下の通りです。
■ 大阪公演 10月24日 
■ 名古屋公演 10月25日 
■ 福岡公演 10月27日 
■ 広島公演 10月28日 
■ 東京公演 10月30日・31日・11月1日・11月2日

来日予定メンバー

リンゴ・スターといえば、楽しみなのがバックを務めるHis All Starr Bandです。
His All Starr Bandのメンバーはリンゴ・スターの友人ということで流動的ですが、毎回凄腕のミュージシャンが顔をそろえます。

今回の来日メンバーも実に豪華、まさにオールスターです。
リンゴ・スター(Dr・Vo)以下スティーヴ・ルカサー(G・Vo)、トッド・ラングレン(G・Vo)、グレッグ・ローリー(Key・Vo)、リチャード・ペイジ(B・Vo)、グレッグ・ビソネット(Dr)、ウォーレン・ハム(Sax・Per)とそれぞれがバンドマスターとして活躍できるメンバーですので、メンバーのソロコーナーも楽しみです。

それでは順にご紹介しましょう。
スティーヴ・ルカサー

スティーヴ・ルカサー

スティーヴ・ルカサー(G・Vo)
スタジオ・ミュージシャンとしてあらゆるジャンルを弾きこなせるテクニシャンであり、プロデューサー、ミュージシャンから厚く信頼されています。ボズ・スキャッグス、オリビア・ニュートン・ジョンなどのギタープレイは有名です。
1977年に、TOTOを結成。1982年のアルバム「TOTO IV〜聖なる剣」収録の「Africa」は全米1位をはじめ全世界でヒットしました。

Toto - Africa

そして、ギターがもう1人。
トッド・ラングレン

トッド・ラングレン

トッド・ラングレン(G・Vo)
「Hello, It's Me」のヒットで知られるトッド・ラングレンですが、プロデューサーとしても大活躍しています。
プロデュースしたアーチストは、ザ・バンド、ニューヨーク・ドールズ、グランド・ファンク・レイルロード、ホール & オーツ、パティ・スミス・グループ、サイケデリック・ファーズ、チープ・トリック などなど数え上げるときりがないほどです。

今回の来日メンバーの中でも目玉といってもいいでしょう。

Todd Rundgren - Hello It's Me (1972)

キーボードは、ご存じこの人。
グレッグ・ローリー

グレッグ・ローリー

グレッグ・ローリー(Key・Vo)
グレッグ・ローリーと言えば、サンタナ・バンドを経て、数々のプラチナ・ディスクやゴールド・ディスクを獲得したジャーニーのオリジナルにして中心メンバーです。

Journey - Any Way You Want It

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,607 view
ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 6,945 view
95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。
こじへい | 1,676 view
リンゴ・スターの豪華すぎる人脈

リンゴ・スターの豪華すぎる人脈

ビートルズの元ドラマーとして語られることの多いリンゴ・スターですが、ビートルズ解散後も豊富な人脈を活かして充実した音楽活動を行っています。
obladioblada | 1,709 view
親父にそっくり!?「ビートルズ」メンバーの息子たちの魅力!!

親父にそっくり!?「ビートルズ」メンバーの息子たちの魅力!!

日本の芸能界で定期的に話題となっている「二世タレント」。最近ではキムタクと工藤静香の次女が世間を騒がせていますよね。一方、海外では二世タレントはどのような活躍をしているのでしょうか。この記事では、世界を代表するバンドである「ビートルズ」の息子たちについて書いてみたいと思います。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト