95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』
2017年6月27日 更新

95年に発表されたビートルズ曲『フリー・アズ・ア・バード』

1970年に解散したビートルズ。それから25年後の1995年に、『フリー・アズ・ア・バード』という新曲が発表されました。既にジョンがこの世にいない状況で、果たして、残された3人はどのように曲を完成させたのでしょうか?そんな「奇跡の一曲」が出来上がるまでの顛末を紹介していきます。

1,686 view

解散して約半世紀…いまだ絶対的人気を誇るビートルズ

言わずと知れた世界的モンスターバンド・ビートルズ。1970年の解散から、半世紀近くが経過した今もなお愛され続ける理由は、いったい、何なのでしょうか?
楽曲が革新的だから?メンバーそれぞれのキャラが立っているから?…もちろん、それもあるでしょう。それと、同時期デビューのストーンズやビーチ・ボーイズとは異なり、ほとんど絶頂期に解散したこと、そして、もう2度と再結成できないという事実が、ビートルズのカリスマ性・偶像性を強めているのではないでしょうか。なぜ再結成できないのかといえば、もう、オリジナルメンバーが2人しかいないからに他なりません。決定的だったのは、言うまでもなく、ジョン・レノンの死でした。
メンバーはお馴染み、こちらの4人

メンバーはお馴染み、こちらの4人

ジョンの死によって永遠に絶たれた“再結成の夢”

1980年12月8日。ニューヨークのダコタ・ハウス前でジョン・レノンは、マーク・チャップマンが放った5発の凶弾に倒れました。懸命の処置もむなしく、そのまま帰らぬ人に。ビートルズ解散以降、長らく不仲だったポールとも徐々に雪解けし、ついに、再結成か?などと言われていた矢先の悲劇。世界中が大きな悲しみと失望に包まれたのは、言うまでもありません。
日本でもトップニュース扱いだった、ジョンの死

日本でもトップニュース扱いだった、ジョンの死

ジュリアンやショーンを入れてみては?という意見も…

この事件により、事実上、再結成は不可能となったビートルズ。90年代に入ると、父親とそっくりで、それぞれがミュージシャン活動をしている、ジュリアンかショーンを代役として入れたらどうか?という話も出ましたが、結局は、実現せず。というよりも、やはり、ジョンの声や演奏、ビジュアル、それらすべてを含めたカリスマ性は唯一無二。「ジョンあってこそのビートルズ」。そんな想いをファン以上に、ポール・ジョージ・リンゴは強く抱いていたに違いありません。
ジュリアン(左)とショーン(右)

ジュリアン(左)とショーン(右)

たしかに、よく似てる!でも親父が偉大過ぎるから、代役は荷が重い…

ヨーコがポールに渡した、ジョンのデモテープがすべてのきっかけに

そんな風向きが少し変わったのは、1994年、ビートルズのドキュメンタリー作品及び未発表音源集『アンソロジー』のプロジェクトが進んでいるときのことでした。このアルバムにおける目玉企画として、「ビートルズの新曲制作」を模索していたポールが、ヨーコに「ジョンの未発表の楽曲はないか?」と持ちかけます。するとヨーコは、1977年ごろにジョンがレコーディングしていた未発表曲のデモテープを手渡したのです。そのテープこそ、『フリー・アズ・ア・バード』のもととなる音源でした。
ヨーコの協力なくして、ビートルズの新曲は完成しなかった

ヨーコの協力なくして、ビートルズの新曲は完成しなかった

愛と平和への祈り/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ [DVD] より

雑音だらけのテープから、ジョンの声を抽出した

テープは市販のカセットテープで、雑音だらけ。おまけに、モノラル録音で、ピアノの伴奏音がジョンのボーカルよりも大きいという酷い有り様でした。
このテープからジョンの声だけを抽出する作業にあたったのは、ジョージ・ハリスンの友人で音楽プロデューサーのジェフ・リン。彼はこの難題に細心の注意を払って取り組み、なんとかジョンの声を抽出することに成功します。
ジェフ・リン

ジェフ・リン

熱狂的なビートルズフリークなのだそうです

感傷的な気分になりながらも、レコーディングに臨んだポール・ジョージ・リンゴ

ポール・ジョージ・リンゴの3人は、ジョンの残した音源をベースにレコーディングを開始。曲作りを進める中で、感傷的な気分になりながらも、「またジョンが調子を外した」などとジョークを言いあって、気を紛らわせていたのだとか。
こうして3人がレコーディングした曲に、ジェフ・リンがテープから抜き出したジョンの声を入れ込んでいきます。作業は、ポール・ジョージ・リンゴが帰ったあとも続けられ、異なるテンポの声に微調整を加えに加えて、ようやくカタチになっていったようです。

翌日、その音を聴いたポールは、「よくやってくれた!」と言い、思わず、ジェフ・リンにハグをしたといいます。その直後、ポールはジェフをソロ・アルバムの共同プロデューサーに抜擢。余程、その仕事ぶりに感銘を受けたのでしょう。
いまや2人だけになってしまいました…

いまや2人だけになってしまいました…

ジョンとまた曲をつくりたい…その想いが結実した『フリー・アズ・ア・バード』

こうして、『レット・イット・ビー』以来、ビートルズ25年ぶりの新曲『フリー・アズ・ア・バード』は完成したのです。発表当初、「期待外れ」「こんなのビートルズじゃない」など、否定的な意見もあったようです。ジョンがビートルズ解散後の1977年にレコーディングした音源をベースとしているため、「ジョンの曲」という見方もされたといいます。

しかし、この楽曲の出発点にあるのは、ポール・ジョージ・リンゴの「ジョンとまた一緒に曲をつくりたい」という想い。この想いを結実させるべく3人(ジョンを含めて4人)が、再び昔のように一つのグループとなり、協力し合って楽曲をつくった事実にこそ、価値があるのではないでしょうか。
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

ビートルズ史上もっとも難産だった「レット・イット・ビー」。結局完成したのは予定とは正反対のものだった!

デビュー当時のようにオーバーダビングを極力行わずシンプルなアルバムを作ろうということで始められたレコーディング。ビートルズ最後のアルバムとなった「レット・イット・ビー」は、極端にオーバーダビングされメンバーの思惑を外れたものとなりました。なぜそんなことになったのか時系列で足跡を辿ります。
obladioblada | 6,958 view
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,640 view
映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

映画「EIGHT DAYS A WEEK」公開!ザ・ビートルズのライブを体感しよう!

9月22日から、ザ・ビートルズの公式ライヴ・ドキュメンタリー映画が遂に全国ロードショー!この機会に、ライヴ・バンドとしてのThe Beatlesの魅力を味わってみませんか?映画だけでなく、当時のライヴの模様を伝えてくれるレコードやCD、動画、DVD、なども併せてご紹介します。
Gaffa | 1,945 view
「ザ・ビートルズ」最初の5枚

「ザ・ビートルズ」最初の5枚

60年代を代表するに留まらず、いまだに大きな影響力を持っているザ・ビートルズ。永遠のアイドルにして音楽界きってのイノベーター。そんな彼らの初期のアルバムを辿ってみます。
obladioblada | 1,017 view
70年代、80年代のクリスマスソングを集めてみました!一足早くクリスマス気分に浸れますよ。

70年代、80年代のクリスマスソングを集めてみました!一足早くクリスマス気分に浸れますよ。

古今東西、多くのミュージシャンがクリスマスソングを歌っていますが、70年代、80年代のクリスマスソングは中でも飛びっきりの名曲揃いです。クリスマス気分が盛り上がること間違いありません!
obladioblada | 801 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト